GW明けても完敗! の巻


※この記事も「しょーもなっ記事」なのでプロローグ、エピローグはありません。


20170514184633d31.jpg 



5月14日 曇り時々晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


4時現着。順位は15番。

今日も整理券の配布はありませんでした。

あれはいったい何だったのか?

おそらく二度と見られないであろう整理券

捨てないでとっておけばよかったなww



201705141847099b8.jpg 



開場とともにTKKラインに入ります。


ヘルティックを数投して上層の反応がないことを確認した後はブレードにチェンジ、中層~下層を探ります。


なぜ上層を早々に切り上げたかと言うと、海水の濁りがきつかったから。


201705141848015c3.jpg



前日の大雨の影響で、近接する養老川から大量の濁り水が流れ込み、市原市沿岸を茶色く変色させていたのです。



2017051418472526a.jpg 



濁っているのは上層、下層は濁りが少ないと考えて、重さのあるブレードでボトム付近を攻めることにしました。


しかし北風がやや強い上に北から南への潮の流れが速く、ブレードが着低するまでに10mくらい南に流されてしまいます。


ブレードをTKKラインに流すためは、ラインよりかなり北側へキャストする必要があります。


ブレードが大きく流される上に着低も分かりづらい。


なのでルアーをパイロットのスピンシャイナー25gから湾ベイト29gへチェンジ。


根掛かりに注意しながらボトム付近を丹念に攻めまくります・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・


という様な、まともなルアーマンっぽいことをやっていたのは開場から30分くらい。

あまりの反応の無さにすぐに飽きてしまいました。

後はお決まりのダベリングタイム。



20170514184736c75.jpg 



YZさんが100均でルアーストッパーに続くNewアイテムを発見した話


常連ヘチ釣り師さんが持っていた竹製タモ網が渋くてカッコよかった話


ターキーがヘチ釣りタックルを揃えたのに殆ど使っていない話


大原で奮闘中のNさんの出撃後の音沙汰がない話


大原用タックルと200gのジグ大量買い付けの話


館山のアオリイカやシイラの話


シイラ用のルアーはヘルティックでもいけるんじゃないか話


これ以上、釣り物を増やしたら、お金がいくらあっても足りない話


etc・・・



今日の釣りとは全く関係のない話ばかりw


5分釣りしたら20分ダベる、を繰り返しww


途中からスタッフさんも入ってきたりしてwww



20170514184751117.jpg 



こんな堕落した釣り人達を、海釣り公園はけっして許してくれません。


お前らに食わせるメシはねえっ! 


じゃない、


お前らに釣らせる魚はねえっ!


と怒ってしまったのでしょう。


この後12時納竿までの間、おじさんはバラシが一回あっただけで、ノーキャッチでした。



ウェーディングもダメだったろうなぁ

20170514184813beb.jpg 
※10人くらいいましたかね。



海釣り公園のすぐそばで操業していた漁師さんも厳しかったでしょうね。


201705141848220fe.jpg 
※いつもいつも御苦労様です。他に行った方がいいですよ。



ちゅうことで



GWに引き続き



相変わらず渋い釣行となりましたとさ



この状況を打開する方法は!





わかりませんっ!



おしまい



20170514184650e5c.jpg 

切ない・・・ の巻


20170512172746034.jpg 



村上春樹の短編集



【女のいない男たち】



福岡出張の飛行機の中で読み終わりました



題名通り、女性に去られてしまった男たちの物語なのですが



おじさんが特にぐっときたのは


「イエスタデイ」


という短編小説でした



幼なじみで可愛くて相思相愛だった女の子を


うまく愛すことが出来ない関西弁の不器用な男


そうこうしている内に女の子は・・・



切ないというか


身につまされるというか


この気持ち


女の人には分からないだろうなあ


男はね、不器用なんですよ、女と違って




この切なさを、あえて表現するとしたら



【釣りができない男たち】



明日は雨で釣りにいけないんだよなぁ


うっかりしゃがんだ時に


レインウェアのズボンの股が裂けちゃったんですよね



切ないなあ~ (T_T)



新しいウェアを新調しました

最近出費がかさむなぁ


GW最終戦も完敗! の巻


5月6日 晴れ(若潮) 市原市海釣り施設


201705061354437a6.jpg 



4時現着。順位は9番。


GW混雑対策の整理券を今日は配らないとのこと。

理由はそんなに混んでいないからだそうです。

前回来た時(4月30日)より、明らかに人は多いですけどね ww



6時開場とともに木更津側コウイカポイントに入ります。

多分釣れないシーバスを15分ほどやった後は、コウイカ狙いに徹するつもりです。



開場後1時間もすると釣り桟橋はほぼ満員になりました。


201705061355080d5.jpg 



海側は狭い間隔でお客さんが数珠つなぎ状態です。


おじさんの左隣1mには中学生男の子3人衆。


ルアー(ミノーとワーム)とサビキ仕掛けを真下に落として上下させています。


なぜミノーを上下させているんだい?

と聞きたかったけどやめときました。



おじさんの右隣は若夫婦と旦那さんのお父さんの3人。


若夫婦はサビキ釣り。


お父さんはちょい投げ釣りをやっていました、

おじさんの右、50cmのところで・・・


おいおい、いくらなんでも近すぎですよ。

と言いたかったけどやめときました。



10時を過ぎると南風が強まり、沖合いに白波がたつようになりました。


20170506135520976.jpg 



風は強いし、混んでるし、

あ、言い忘れましたが魚やコウイカのアタリは一切ありません。



11時に納竿。

5時間もよく粘りました。


20170506135457aa8.jpg 



今年のGWは4戦して0勝4敗。


覚悟はしてましたけどね


しかし


GWってほんとーに釣れねえなあ・・・



おしまい



2017050721472367e.jpg 



GW第三戦は惜敗! の巻


5月4日 晴れ(小潮) 木更津ボートゲーム


2017050418034180c.jpg 



5時30分出港、12時帰港予定。

出港時間が遅いのは、皆さん連戦続きだから。

メンバーはテル船長(中一日空けて5連戦中)

YZ(ついに大原教入信)さんと

Nさん(6連戦中!)


GWと言うことで皆さん釣り三昧。

口を開けば「疲れた疲れた」と。


誰に頼まれた訳でなく、誰に命じられた訳でもないのに。

皆さんGWが終わったら会社でじっくり体を休めるつもりなんでしょう。



20170504180353b52.jpg 



疲れるのは連戦続きだから、だけではありません。

おじさんを含めた今回のチーム編成、おそらくこのボートで編成される最高齢チームでしょう。


全員おじさん、平均年齢は大台超え・・・



そんな満身そういの「チームヒフティ」を乗せたボートは南風に乗って北上し、海ほたるへ向かいます。


2017050418040439c.jpg 



しかし30分ほど流したものの、全員ノーバイト。


ポイントを移動します。




目指したのは沖合いのメジャーポイント。



20170504180431dcf.jpg 




メジャーポイントらしく、2隻のボートが先行していました。


先行者に叩かれまくっているのでは?と心配しましたが、テル船長、Nさん、YZさんと連続ヒット。

エンジンがかかったテル船長とNさんは2本、3本と釣果を伸ばしていきます。

サイズも60cmクラスが揃っていました。



しかし何故かおじさんにはアタリすらありません。


水深が20m位のポイントなので、30~40gのジグを中心に、

柱の際やストラクチャーの奥を攻める、


他のメンバーと全く同じことをやっているのに何故なんだ?



初バイトがあったのは30gのコアマンゼッタイにルアーチェンジしてからでした。


フォール時のショートバイトの後、同じ所にキャストすると初フッキング!

エラ洗いされてバレましたが、ヒットルアーが判明しました。


さあこれから!というところで無念の警戒船接近。

沖合いポイントを離れることになりました。



あと10分早くゼッタイで攻めていれば・・・




後ろ髪を引かれつつ、ボートは穴撃ちポイントに向かいます。



2017050418045080b.jpg 



日々厳しさを増していく穴撃ち。


今日もかなり厳しいだろうな、と思っていたら、ややgoodショットをしたアーマードバイブにバイト。

この時は乗りませんでしたが、すかさず同じところにキャストすると今度はフッキング。



8:06

20170504180507d40.jpg 



45cmくらい。


とりあえずボウズはクリアしました。


その後もショートバイトが数回あり、追釣出来るかな?と思っていましたが、浮遊するアマモが多く、釣りにならなくなりました。


せっかく活性の高いポイントだったのに、このアマモさえなければ!




再度ポイントを移動。



201705041805234f3.jpg 




この辺りにも他の穴撃ちボートが。


そこからはポイントの奪い合いとなりました。


先回りしたつもりでも、叩かれた後だったかも知れません。


ポイント移動を繰り返す、渋い状況が続きました。




20170504180535377.jpg 




しかしどのポイントも渋い状況は変わりません。


バイトすらない状況が続きます。


やる事と言えば根掛かり覚悟で柱の際を攻めることだけ。


こんな時はダイソージグだな、とロスト必至の大胆攻撃を開始。



9:59

20170504180550725.jpg 



サイズは50cm前後。


やるじゃん、ダイソージグ!


と思っていたら、


更に高級食材をキャッチ!



10:07

201705041806023e1.jpg 



30cmくらいのナマコ。


一瞬、持ち帰りを考えましたが、捌く自信がなくリリース。



残念ながら直後にダイソージグを根掛かりでロスト。

そりゃそうでしょうね、あんな攻め方してたら。



最後に向かったのはアマモ地獄だったポイント。

期待通り、強まった南風がアマモを隅に追いやっていました。



おじさんはここでは早々にヒットルアーを絞り込むことが出来ました。


イワシカラーのブレード。


こいつをバースの奥や柱の間に通すと、かなりの確率でバイトがあります。


しかしショートバイトばかり。


バイトがあるのに乗らない、いわゆる「悶絶バイト」の繰り返しです。


10回くらいの悶絶バイトの後、ふとルアーをチェックしてみると、

フックが異常な角度に開いていました。

乗らない理由はこれでした。


連続してバイトがあったことに浮かれてしまい、こんな初歩的なミスをしていたとは。


プライヤーで応急処置してキャストすると、今度はちゃんとフッキング!

しかし刺さりが弱かったのか、エラ洗い一発でフックアウト。


再び曲がるフック、

プライヤーで応急処置、


こんなことを繰り返しているうちにタイムオーバー。


フックの異常にもっと早く気付いていれば!



2017050418061868b.jpg 




もっと早くゼッタイで攻めていれば!

アマモさえなければ!

フックをちゃんとチェックしていれば!


たら、れば、を言えばキリがないのですが、

この積み重ねが、非常に悔しい結果につながってしまいました。



そしてもう一つ



こいつを捌く度胸があれば!



201705041806023e1.jpg 


お久しぶりです の巻



前回の訪問から2週間以上たってしまいました。



201705032008239fb.jpg 



空けすぎですね。


案の定、ぜんぜん泳げませんでした。


10分の休憩をはさんで90分間

クロール50m

ウォーキング50m


これを繰り返すのが精一杯です。



20170503200844c53.jpg 



衰えたなー


でも頑張って


今週中にもう一回


行っとかないとな




目標500m!



低っ!


20170503200855495.jpg 



Page top