FC2ブログ

釣り初めは○○○○でスタート♪ の巻


20190110173808864.jpeg 




1月5日 晴れ(大潮) 市原市海釣り施設

5時半頃現着。順位は20番目くらい。


昨年の12月18日をもってコノシロパターンが終了した市原。


例年通り


“冬場はほとんど釣れない海釣り公園”


が復活しています。




20190110173832e11.jpeg 



シーバスは交通事故的に日に数本程度上がっているようですが、

何かのメソッドを当てはめて、戦略的に釣りをするシーズンではありません。


サビキ釣りや投げ釣りも似たようなもんですね。

ほとんどの人がボウズ。


1箇所だけカレイが釣れ続いているポイントがあるようですが、

そこ以外はとても厳しい状況です。



20190110174426637.jpeg 




釣れればラッキー、釣れなくて当たり前


分かっちゃいるんですけどね


年末年始は家でテレビばっか見てたので、


お出掛けしたい気分だったんですよね。




とりあえずロッド持って桟橋に向かったものの


20190110173846d2d.jpeg 




  07:00 ~ 08:00 とりあえず釣りタイム

  08:00 ~ 09:30 半分以上ダベリング

  09:30 ~ 10:30 お昼寝(※)

  10:30 ~ 11:30 半分以上ダベリング

  11:30 ~ 12:00 早めの昼食

  12:00 ~ 12:30 ダベリング&お片づけ

  12:30 撤収


※ポカポカ陽気で超気持ち良かったけど
 風邪をひきました



こんな感じでしたかね


2時間も釣りしてなかったんじゃないかな?


もちろん


ノーバイトノーフィッシュ(NBNF


の完全試合を喰らいました。




20190110174447bb3.jpeg 




ところで

 
ダベリングタイムで少し話題になったのですが、


市原市海釣り施設ってここ数年、何かが爆釣してるんですよね。


おじさんの記憶と記録を紐解いてみると


2012年 春~初夏:コウイカ爆釣

2013年 夏   :キス爆釣

2016年 春~初夏:タコ爆釣

2017年 秋~初冬:イナダ&カマス爆釣

2018年 秋~初冬:スズキ爆釣



特定の魚種が爆るのは温暖化や海流の影響だとは思うんですがね


不思議なのは爆釣なのがその年限定ということ。


他の年だとほとんど釣れていないんですよね。


何故なんでしょう?


スパコンでも駆使しないと原因は分からないでしょうね。




20190110174436efd.jpeg 




2019年の市原は何が爆釣するんでしょうね。


過去に爆ってない魚種、という消去法でいくと



 タチウオ



が最有力候補かな?


もしくは




 エソ・・・



そんな海釣公園なんて、


行きたくねー ww



ということで



次回はジャンケンで

高級牛肉ゲットだぜいっ!





釣竿を忘れるなよ!


20190110174456c6a.jpeg 

明けましておめでとうございます


20190108080635416.jpeg 



明けましておめでとうございます。


今年も「なん釣れ」を宜しくお願いします。



えーと


ちょっとサボり過ぎですね


最後に記事をアップしたのが12月21日かあ


ずいぶんと空いちゃったなあ


ちょっと時期を外してしまいましたが


けじめとして昨年の振り返りをしておかないといけないんで


2019年の「なん釣れ」はそこから始めます。




【2018年釣行実績】 
※()内は2017年実績


・総釣行回数:    56回(54回) 

 市原市海釣り施設: 23回(24回)

 木更津ボート:   24回(25回)

 館山ボート:     3回( 3回)

 その他ボート     6回( 1回)

 木更津沖堤      1回( 1回)



釣行回数ほとんど変わらないですね。

で、釣果はどうだったかと言うと



・シーバスキャッチ数 185本(157本)


数が伸びている様に見えますが、ボートでの釣行回数が増えているのでその違いでしょうね。

ボート以外での釣果を見れば分かります。


・市原市海釣り施設でのシーバスキャッチ数

 ⇒ 23本/23回(26本/24回)


ほぼ1日1本の割り合いは変わっていません。

実際は市原でのボウズ回数が、両年とも約半分の12回もあったので、

2本/日、がおじさんの実力なんでしょうね。


しかし2回に1回はボウズかぁ、厳しいなー



サイズ的にはどうでしょう?


 スズキ本数:9本(6本)

 うちランカー本数:2本(1本)




20190108080427dfa.jpeg 
12月18日 



去年の市原市海釣り施設はコノシロパターンでのスズキ祭りがありましたからね。

チャンスに恵まれた、っていうことかな?


こうして見るとシーバスフィッシングに関しては、対前年比で大きく差が無いことが分かります。

おじさんの成長は止まってしまったのでしょうね。



シーバス以外の釣果はどうでしょう?


ターゲットとして狙った魚で比較すると


・シイラ:6本(16本)

・タチウオ:75本(33本)



言い訳がましいですがシイラは行った日が悪かったです。

おじさん以外の人も釣れていませんでした。


タチウオは1日で37本も釣った日があったので数の単純比較は出来ないかな。

しかし内容では




初ドラゴン!


20190108080405e65.jpeg 
8月30日



一昨年のランカーシーバスといい、ドラゴンタチウオといい、

区切りのサイズが釣れたということは何らかの技術的進歩あったはず、

と、おじさんは勝手に思っています。



これまで釣れなかった魚が釣れた!

というのもありましたね。



・真鯛:2枚(0枚)


20190108080256abf.jpeg 
5月1日




・サゴシ:2本(0本)


20190108080938a3b.jpeg 
11月4日



真鯛もサワラ(サゴシ)も釣りたくても釣れなかった魚です。

初めてランカーシーバスやドラゴンタチウオを釣った時と同じくらいの感動がありました。



振り返ると2018年は、この様な感動した瞬間が多い年だったと思いますね。


うん、いい年だったな、2018年は




20190108080545646.jpeg 




最後にネガティブ情報を



【エソダービー最終結果】

 優勝:Nさん(4本)

 準優勝:テル船長(3本)


やっぱり栄冠はNさんの頭上に輝きましたね。

負けん気が強いからなあー、Nさんは

2019年も期待しています w



そして



【ちゃんと記事をアップした率】


2017年:100%

 釣行回数:54回
 釣行記事:54本


2018年:85%

 釣行回数:56回
 釣行記事:48本




こらっ!

8本もサボりやがって!!



反省してまーす


カメラを止めるな! の巻


ビッグベイト系のルアーで爆るシーンを初めてみました。


70cmオーバー連発


しかし


悲しいかなおじさんは、高価なビッグベイトを1本も持っていません


中古品でも3千円


新品なら6千円以上するものもあるとか


2千円のタングステンジグすら買えなかったおじさんにはとてもムリ



大騒ぎする他のメンバーを横目に



やっぱり貧乏人はお金持ちに勝てないのか


世の中は所詮、金なのか!


どうなんだよ釣りの神様!!!



と心の中で叫んでいたら


11cmのヴァルナでランカーゲット!


絵に描いたような一発逆転!



やっぱり最後は正義が勝つ!!!


めでたしめでたし・・・



で終わるはずだったのに


最後の最後でレオナルド190に97cmがヒット


正義は金に負ける、という結末に終わったのでした



まあ、詳しくはこちらをご覧ください

やたら詳しく書いてありますから w

今日はいつもより多めに回してます!って感じで ww






20181221190937739.jpeg 


 

12月16日 曇り(長潮) 木更津ボートゲーム

6時出港14時帰港予定

メンバーはテル船長にFさん、O君


繰り返しますが当日の詳細は


をご覧下さい。


おじさんはおおまかな流れだけ書きます。



①夜明け前のナイトゲームは空振り


201812211909258f6.jpeg 




②少し南下したところの浅場で鳥山発見


201812211909480b2.jpeg 




40cm前後を爆釣



7:17


20181221191000f23.jpeg 
かなり痩せてる




もう十分でしょ?

いやいや、この後は釣れるかどうか分からないから


と、ゲップが出るまで追釣



2018122119100966a.jpeg 





8:07 

ようやく南下



20181221191018221.jpeg 




10時すぎ

デカルアー祭が始まる



2018122119102867f.jpeg 




ひとりシンペンで頑張るおじさん



11:33


201812211910371aa.jpeg 



50cmくらい



しかし周りは70cmクラス連発



・・・・・・・・・・・・



それにしてもみんな笑っちゃうくらいのデカいルアーを投げてました。


特にFさんの投げてた「メガドック」なんて、マグロ用?って思うくらいデカかった。


そんなデカルアーを、IKKOさんの「巴投げぇ~」みたいにキャストして、


ジャークしながら海面をボコボコさせると、スズキクラスがガンガンバイトするんですからね。


デカいシーバスが表層でバイトするシーンは迫力ありましたよ。





他のメンバーがデカルアー祭りの中、おじさんひとり蚊帳の外。


そんな状況を打開してくれたのがヴァルナでした。


去年はみんなルドラだとかヴァルナだとか言ってたことを思い出し


ほぼヤケクソで投げたのですが



12:19


20181221191048d49.jpeg 



サイズは81cm


その日の初ランカーでした


ビッグベイト祭りに付いていけなかったおじさんがやっとキャッチした大物。


一矢報いましたね


でも一番ほっとしたのはテル船長だったでしょうね




ヴァルナ君はその後もスズキクラスを連発



2018122119110263c.jpeg 


63cm



すげーなヴァルナ、と思いながらも


何故このルアーで釣れたのか、今も理由は分かりません。




まぁ、何はともあれめでたしめでたし


と、


なごやかな雰囲気のまま終わるはずだったんですけどね




2018122119111299d.jpeg 




12時30分ごろでした、それが起こったのは


テル船長にビッグファイト!!


ボートに寄せてからの潜り込み方が明らかに違う


ググッ、ググッと引き込んでいるのでエイやスレ掛かりではない


ランカークラスだと確信しました。


そして、


右手をリールのハンドルからパッド部分に持ち替え、


潜り込むシーバスの頭を持ち上げようとするシーンを見た瞬間、


戦場カメラマン(※)の本能がビデオボタンを押させたのでした。

※戦場じゃなくて船上でしょっ!と誰も突っ込んでくれませんね








テル船長


この最高の瞬間を共有した仲間として


この動画の著作権を君にプレゼントしよう




テル船長はとても喜んでくれました


そして


プレゼントのお返しにと


この動画を頂きました








ありがとよっ


よりによって


この日一番小さいシーバスをキャッチしたシーンを撮っててくれて


船長の腕前はかなりレベルアップしたけど


船上カメラマンの腕前はまだまだ、だな


この日もゴープロ忘れてたし



と言うことで




次回もランカー釣るから




カメラを止めるなよっ!





20181218111048e05.jpeg 


諸事情があってまだ公開できません の巻



20181218111302d44.jpeg 





まだかなー



早く記事アップしたいなー



せっかくでっかいの釣ったのになぁー





20181218111048e05.jpeg



はじめてのおふかい の巻



年端も行かない可愛らしい子供たちが、


ママにお願いされて初めてのお使いに行き、


ころんだりケンカしたり泣いたりしながらも成長していく、


といった感動のお話しではありません。




釣りが趣味


というだけで集まったおっさん達が、


焼酎のお湯割りをチビチビやりながら


釣りの話だけして盛り上がった


という


涙も笑いもない


正直どーでもいいお話しです




このオフ会、2回目なのですが、


おじさんは今回初めて参加させて頂きました。



時は12月8日の夜


会場は津田沼にある某居酒屋。


こじんまりとした個人経営の居酒屋です。


なぜこのお店がオフ会場になったかというと、


釣った魚の持ち込み可


のお店だから。


持ち込んだ魚は料理修業で世界中を回ったというご主人が


美味しい料理に仕上げてくれるそうです。


こんなお店、探してたんですよね。



この日、


おっさんずの主要メンバー達はオフ会の肴にと、


ヒラマサやブリ、真鯛やヒラメを狙いに


意気揚々と外房の海に挑んで行きました。



一方おじさんは、


今さらスズキなんか持ち込んでもしょうがないよな、


と思いつつ、一人海釣り公園に向かったのでした。




そして


61cmと63cmのスズキをキープ


20181209103917a83.jpeg 

2018120910394091f.jpeg 




ところが



外房組は



まさかの・・・








オフ会の肴は鱸料理メインとなってしまいました。



シーバスだけかぁ


ぶりしゃぶ食べたかったなぁ


とブツブツ独り言をいいながら


オフ会場の居酒屋に到着



ちなみにおっさんずの中にはお巡りさんもいるので、


みんないったん家に帰ってから電車で集合しています。



とりあえずビールで乾杯


お通し代わりのおでんの後に出てきたのが




【鱸の焼霜造り】


20181209104119e87.jpeg 
皮まで美味しい




続けて



【鱸の唐揚げ】


20181209104129cbb.jpeg 
ほっくほく




更に



【鱸のガーリックソテー】


201812091041396a3.jpeg 
ふっくら




〆は



【鱸の魚卵入り煮付け】


20181209104148392.jpeg 
卵が最高!




の4種類



どれもとても美味しかったのですが、


おじさんが一番驚いたのが


どの料理も全く臭みがなかったこと


おじさんが調理した鱸は多少なりとも臭みが残るのですが、


ここの鱸料理は全く臭みを感じません。


さすがはプロの技


鱸はクセのない白身魚でどんな料理にも合う


と良く言われますが、


ここの鱸料理を食べて初めて納得しました。


東京湾で釣ったとは鱸とはとても思えない上品な味わいでした。



ぶりしゃぶも鯛のお刺身も食べられなかったけど、


おじさんは大満足


次に状態の良いシーバスを釣ったら


また鱸料理にチャレンジしよう


と思った


はじめてのオフ会でした。



Page top