カマスを喰う の巻


カマスの歯

2017101006043184e.jpg 



鋭いですね。噛まれるととても痛いですよ。

こいつおじさんを噛みやがった。

しばらく血が止まりませんでした。


NMさんが

「カマスにかまれた ww」

って周りの人に言いふらしてた。


覚えてろよ!



20171010060325d6a.jpg 




カマスはスズキ目サバ亜目カマス科のお魚


漢字で書くと「叺」

普通の人は読めませんね。


英語名はバラクーダ(Barracuda)


バラクーダってなんか聞いたことがあると思ったら、

「日本全国酒飲み音頭」を歌ったコミックバンドの名前でした。


♪酒が飲める酒が飲める酒が飲めるぞー


って忘年会で良く歌いませんでした?


♪2月は豆まきで酒が飲めるぞー


 とか


♪7月は七夕で酒が飲めるぞー

 とかで


そんな奴いねーよ! ww

って突っ込みましたよね?




話を戻しましょう。


日本近海に生息するカマスで有名なのは下の2種類。



「アカカマス」

本カマスとも呼ばれます。

味が良く、大きく鮮度の良いものは高値で取引されるとか。



「ヤマトカマス」

ミズカマスとも呼ばれます。

名前の通り、アカカマスに比べると水っぽく、味も落ちるとか。



では今回おじさんが釣獲したカマスはどっちなのか?



201710100603358d3.jpg 




市原市海釣り公園の皆さん!


安心して下さい!



アカカマスですよ!!



ネットで調べると、カマスの見分け方で簡単なのは腹ビレの位置。

背ビレと腹ビレの位置が上下で並んでいるのがヤマトカマス。


下の写真の様に腹ビレが前に出ているのがアカカマスだそうです。


20171010060349f04.jpg 




ウロコがしっかりしているのもアカカマスの特徴。


201710100604198cf.jpg 



ヤマトカマスのウロコは小さく細かいそうです。



アカカマスで一安心。


安心したところで、

このアカカマスをどうやって頂きますかね。



まずは下処理から。


危険な棘鰭(きょくじょう、トゲのことです)のあるヒレを切り落した後、

アカカマスの特徴であるウロコを落します。


201710100604052dd.jpg 





その後は良く水洗い


201710100604443df.jpg 



良く洗うことで、カマス特有の臭いが薄らいでいきます。



頭と内臓を処理し、使っていないハブラシで中の汚れをこすり落とします。


20171010060456ede.jpg 



ハブラシは使っているやつでもいいです。

朝番カマスの生臭い香りを楽しめるでしょう。



2枚に開きます


20171010060511ca5.jpg 



それにしても身が綺麗なお魚ですねー



塩分濃度10%の塩水に30分ほど漬します


20171010060524323.jpg 




キッチンペーパーで表面の水分を拭き取った後、干し網の中へ。


2017101006053754b.jpg 



一晩干したらカマスの一夜干しの出来上がり。

グリルで焼いて頂きましょう。



【カマスの一夜干し】


2017101105001150a.jpg 



最高ですな。

特に美味しいのは皮。

皮が美味しい魚は身も美味しいと言うけどその通り。

脂が乗っていてしっかりとした旨みを感じます。


星は5つ★★★★★


高値で取引されるのが分かります。




そしてもう一品



三枚に卸して刺身状に切り分けた後、

皮をバーナーで炙ります。



【カマスの炙り】


2017101006055641e.jpg 
※しまった! キティちゃんのお皿だ!



絶品ですな。


炙ることでカリカリになった皮の旨みと、

ふっくらと美味しい身を、同時に味わえます。

個人的にはタチウオの炙りより上だと思います。


これも星5つ★★★★★



カマスってこんなに美味しい魚なのに。


なんで皆んなイナダばかり狙ったんでしょうね?



イナダの刺身なんて脂が乗ってないんで大して美味しくないですよ。



【イナダの刺身】


2017101105003547d.jpg 



星2つ★★




皆さんも一度カマスの炙りを食べてみて下さい。


おじさんが目の前のナブラを無視して


カマスを狙った理由が良く分かると思いますよww




2017101006011423b.jpg 

ハゼ釣り日和 の巻



10月上旬の3連休の中日



車で5分くらいの所にある上州屋に



リーダーやフックなどの補充に行きました。



いつもはサクッと車で行くのですが、



天気がとても良かったので



近所を流れる新中川の土手を



散歩がてら歩いて行きました




20171010060008dd4.jpg 




片道20分の道のりでしたが



途中、多くの釣り人を見かけました。




20171010055908462.jpg 




家からチャリンコで来て



ちょこっと竿を出す、



お気軽な感じがいいですね。





この人はガープフィッシングっぽいですね。



20171010055922020.jpg 





おじさんの釣りの原点はハゼ釣りです。



子供の頃



釣り好きの父親に連れられて



3歳上の兄と



船橋や浦安、行徳あたりの漁港に



よく電車で通ったものです。




いつも一番釣るのは親父



その次が兄貴



一番釣れないのが自分で



なんで俺だけ釣れねえんだ



と、よく思ったものです。




何回釣りに行っても順番が変わることはなく



悔しさのあまり



小学校の高学年くらいになると



釣り自体が大嫌いになってしまい



親父に誘われても行かなくなってしまいました。



釣りだけは二度とやらない



こんなことを良く言ってましたね





高校生になってから



仲の良い友達から誘われて



近所の江戸川でハゼ釣りをすることになったのですが



ハゼ釣りに行くんで釣竿を貸して



って親父に頼んだら



嬉しそうに色々と準備してくれたっけ




近所に住む親戚の話では



亡くなる数年前



この新中川で



一人でハゼ釣りをする親父を良く見かけたそうです




結婚してから親父と釣りに行ったのは1回だけ



もっと誘えばよかったな




20171010055939eb5.jpg 




橋の上でハゼ釣りをしていたおじいさんの釣果です。



良い型ですね



って声をかけたら



昨日はもっと釣れたんだよ



話かけたが最後



ハゼの釣れる場所や釣り方



ハゼの生態の話まで



話が止まりません



このおじいさん



待っていたのはハゼじゃなくて



話しかけてくる人



だったのかも知れませんね ww




201710100559557a3.jpg 



10月9日 カマス爆釣! の巻


なぜタイトルに日付を入れたのか?


あれからもう一週間も経ってしまったので


様相が全く変わってしまっているからです。



日付を見ずに記事の内容だけ見て、勘違いしちゃう人がいたらまずいでしょ。


何でこんなことを急に気にし出したかと言うと



ある常連さんから


「いつもブログ見てますよ。参考にさせて貰ってます」


と言われたから。



この常連さんはおじさんより全然お上手な方なので


「参考にさせて貰ってます」


は、お世辞だと思ってますよ


でもどんな人がこのブログを見てるか分からないですからね


記事を書いている時


少しでも読んでいる方のお役に立つように


なんて偉そうなことは考えていません


でも


せめて足を引っ張らないようにしたいとは思っています



20171010060213331.jpg 




10月9日 晴れ(中潮) 市原市海釣り施設

2時40分現着。順位は34番。

イナダフィーバー中なんで早めに来たんですがね。


遅い順位でしたが何とか木更津側先端に入れました。

海側に入れなかったので心配でしたが、

隣りのMさんが

全体的に釣れてるからここでも大丈夫

安心しました。




開始早々ヒットしたのはカマス


6:04

201710100600287ba.jpg 




サイズは40cm


食べて美味しいカマス。

狙ったらもっと釣れるかも?と思い、

エサ取り(?)のイナダにヒットしないようにレンジを下げることにしました。


狙い通り。

ボトム付近から中層くらいにブレードを流すとバイトしてきます。

ほぼ連続で5本キャッチ。


周りはイナダフィーバーしているというのに、

ひとりでカマスフィーバーしてましたww



これは着水直後にルアーを引ったくったイナダ


20171010060056349.jpg 




そしてこれは普通に釣れちゃったフッコ


20171010060042119.jpg 
なんか間抜けな顔してますなあ



9時を過ぎるとイナダフィーバーに満足したルアーマン達が徐々に撤収していきます。


海側に陣取っていた“いつもブログ見てますよさん”も帰り支度。

空いたポジションに入れさせてもらいました。



20171010060127a68.jpg 



ここでいつもブログさんは5,6本のイナダをキャッチされていました。


隣りにいたYSDさんの話だと頻繁にルアーチェンジしながらヒットルアーを見出していたとか。

YSDさんはかなりリスペクトしていました。


おじさんもイナダ爆のコツを教えてもらったのですが、難しくて真似出来ませんでしたww



201710100602029e9.jpg 



12時に納竿するまで追釣したのはカマス×2

イナダは2バラシでした。



トータルでキャッチしたカマスは7本


ヒットルアーは全て湾ベイト29gでした。



でもね


ただの湾ベイトじゃないですよ


ブレードをパワーブレードのフック付きのものと交換しています


20171015090936793.jpeg 



カマスは必ず後ろからバイトしますからね



参考になりましたか?



www



2017101006011423b.jpg 





ナイトゲームで爆釣!? の巻


何となく、ですが


シーバスフィッシングのフィールドは70%くらいが「川」だと思います


おじさんの様に海釣り公園や堤防などの「海」で楽しんでいる人は30%くらいじゃないかな?


何となくですが。




更に何となくですが


リバーシーバスの場合、80%くらいが「ナイトゲーム」だと思います


残りの20%は朝マズメ狙い



更に更に何となくですが、「海」の場合は昼夜逆転してナイトゲームは20%くらいだと思いません?


海釣り公園の営業時間を想定しすぎですかね?



リバーシーバスの経験がほとんど無いおじさんは


ナイトゲームの経験もほとんどありません。


シーバスは夜の方が簡単に釣れる


と良く聞きますが


実際はどうなんでしょうねー



20171010055643a4b.jpg 




10月7日 曇りのち晴れ(大潮)木更津ボートゲーム


午前中は風速10m以上の強風が吹き荒れるものの、午後は少しずつ収まる予報。

今までなら釣行は見送られていたでしょう。

しかし最近は午後出勤も可、となった木更津ボート。


今日の出港予定は13時半。


そして帰港は日没前の16時半くらい、

が、これまでの設定パターンでしたが、

メンバーはみんな大人なので、

夜まで遊んでいても


「暗くなる前に帰ってらっしゃい、って言ったでしょ!」


とか家の人から怒られないんじゃないかな?

ということで帰港時間は19時に設定されました。


というのはウソで、

夕方の交通渋滞を避けるためにあえて遅い時間にしたのでしたww



メンバーはテル船長にNさん、あごひげイケメンのK君。



予定通り13時半に出港。

風はまだ10m前後あります。



201710100557426d0.jpg 




しばらくは港内のポイントを攻めることにしました。


前回テル船長がミスキャスト連発で大笑いさせてくれたポイントは今回も好反応。



おじさんも早々に本日の1本目をキャッチ。


13:46

20171010055707d7d.jpg 



サイズは50cm前後。

今日もレッドヘッドのビーフリ78Sが活躍してくれました。


ここでは1時間くらいやって3本キャッチ。

準備運動(?)としては十分でしょう。

ちなみに隣りのNさんはつ抜け寸前でしたww



20171010055725c9f.jpg 




14半ごろ

風が少し収まってきたので本日の本命「イナダ」を狙いに沖合いに向かいます。



2017101005580244b.jpg 



イナダは先週くらいから海釣り公園で爆釣中。

3日前にNさんとテル船長は10本ずつくらいキャッチしています。


まさかボートゲームで海釣り公園に負ける訳には行きません。


目標は20本!

最低でも10本!


かなり気合をいれて臨んだのですが、


海釣り公園に負けてしまいました・・・


というか全員ノーバイト・・・



静まり返る船内



気を取り直して


本日のメインイベント「シーバスナイトゲーム」へ!!



当初のメインイベントは「沖合いでのイナダ狙い」だったけど


渋滞を避ける時間つぶし、くらいのナイトゲームだったけど



今となってはこれに賭けるしかない!


と、テル船長は考えている様でした(おじさんの想像)



20171010055822f74.jpg 




日没後


ナイトゲームの教科書通り、明暗の境目を中心にミノーを投げ込んでいきます。


シーバスの反応は予想以上でした。


ストラクチャーと明暗を絡めながらポイントを撃っていくと高確率でヒットします。


サイズも50cmオーバーばかり。


イナダ狙いでスカをくらったことなど忘れるくらい


楽しいひと時だったと思います、



おじさん以外は・・・



おじさんはここで


まさかのライントラブル発生


スピニングリールのメインシャフトに、


PEラインが複雑に絡まってしまうという


重傷でした



ただでさえボート上でのライントラブルはキツいのに


ナイトゲームという最悪のタイミングで発生するなんて・・・



ついてねー



おじさんはスピニングリールの復旧を断念し、

イナダジギング用に持ってきたベイトタックルで

超苦手なキャスティング



結果


他のメンバーが爆釣している中


ひとり2バラシで終わったのでした (TT)



20171010055834ca4.jpg 




負け惜しみを言う訳じゃないのですが


ナイトゲームの面白さは分かったような気がします


満月だったのもありますが、港内には照明灯も多く、


想像していたより「暗さ」での苦労は感じられませんでした。


噂どおりシーバスの活性は高かったし、


機会があったらリベンジしたいですね。




次回は予備のスピニングタックルを持っていけ?


いらないと思いますよ


実は今回のトラブルのおかげで


ベイトタックルでのキャスティングが結構上達したんですよ


まだ命中率30%くらいですけどねww



と言うことで



次はベイトタックルでシーバスゲットだぜい!


市民の日釣り大会 の巻


備忘録その4



201710060619377a5.jpg 




10月1日 晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


4時20分ごろ現着。順位は51番!

こんな順位になったのは何年ぶりでしょうか?


知らなかったのですが今日は「市民の日釣り大会」でした。

釣果重量の上位10名と抽選券の当選者は素敵な景品が貰えます。



2017100606195040f.jpg 



なので頑張ったんですが結果はボウズ


ブレードのピックアップ直前に小っこいのがバイトしてきただけ。



20171006062618cb8.jpg 



釣行時間の半分以上はダベリングで過ごしました。


アタリがほぼ無い中で11時の抽選会を待つなんて無理。


9時半頃に撤収しました。



201710060626291cd.jpg 




と言うことでこれでバックログは解消!



はぁー疲れた・・・



今後は宿題を溜めないようにしないとね。



ジャンジャン!



20171006062640ed8.jpg 


Page top