FC2ブログ

5GとAI の巻



201810191631356f2.jpeg 




今日、幕張メッセでやっていた


CEATEC JAPAN 2018


という、最先端技術の展示会に


“仕事” で行ってきました



何だかんだで2時間くらい歩きまわりましたかね




201810191632412a3.jpeg 




何をやってるか良く分からないけど、

大きいブースは「来た」という証拠写真だけ撮って素通り



センサーとかセキュリティとか?

20181019163214b6b.jpeg 





「超高発熱サーバ向け次世代DC環境の展開」

201810191631466ee.jpeg 



????

冷房が良く効くデータセンターなのかな?




最先端の産業用ロボットとか


20181019163222aae.jpeg 




 
スマホ向けの新しいアプリとかはちょっと面白かったかな


2018101916323281f.jpeg 
 

ライオンさんらしいサービスですね www




でも



おじさんが見たかったのはこういうヤツ


 20181019163157c5d.jpeg



3人で協力して怪獣を倒すゲーム

モンハンの進化系?



今回はあまりなかったなぁ、こういうの






展示テーマで多かったのは何といっても


AIと5G



AIはもう分かりますね


コンピュータが色々と学習してどんどん賢くなっていく技術です

詰め込めば詰め込むほど賢くなる


三菱電機のブースで、AIが迷路板を動かしながら黒い玉を中心に移動させるデモをやっていましたが、そのスピードにびっくりしました。

人間がやるより何十倍も速い。


20181019163205ebb.jpeg 






5G(第5世代移動通信システム)は現在主流の4Gの20倍以上、LTEの100倍以上の通信速度を実現する技術のことです。これもご存知の方が多いでしょう。


4Gでも動画レベルなら問題なく見れるのに、その何十倍もの速度となると、こんなことやあんなこともできるんです、と

カーナビやビッグデータを絡めた展示が多かったかな




でも



おじさんが考えるAIと5Gはちょっと違うな



AIで簡単にタチウオが釣れるタックル


・天候データや海水の透明度のデータを考慮しジグの色を指示

・タチウオの群れの上に来たらジグを垂らすだけ

・魚探のデータを読み取り、棚まで自動でジグを落す

・潮流の速さやジグの重さも考慮して棚取り

・タチウオの反応をみながらジギングのピッチを変える

・ヒットしたらロッドから伝わる感触からリーリングスピードやテンションの掛け方を変える

・スレたと判断したら移動を指示


AIなのでどんどん学習して、最終的にはジギングでも忍姉さんに負けないくらいの腕前になります




家でもヒラマサを釣れるタックル


・ロボットがカメラとセンサー付きのタックルを持って乗船

・お客さんは家でヘッドセットとセンサーに連動したタックルを持って待つ

・ヒラマサの群れが来たらジグをキャスト
(お客さんは家でバーチャルで、ロボットは船で本当に)

・ヒラマサがヒットしたらロボットのタックルを家でコントロールしながらやり取りする

・5Gなのでロッドに伝わる感覚がリアルに再現できる!

・ジグをロストしたら実費をお客さんが負担

・ロボットのロッドが折れそうになったらアラームが出てドラグが自動で緩む

・無事に釣り上げたら下処理済みのヒラマサをクール宅急便で家に送ってもらう



交通費なし、移動時間なし

悪天候でも船酔いしない

猛暑や極寒も関係なし


メリットを上げたらキリがないですね



でも



こんなレポートを会社に出したら怒られますかね?




201810191632504a1.jpeg 


釣りばっかしてないで の巻



9月中旬の3連休


家族の休みが合ったので


日帰りでどこかへ行こうか


という話になりました




車で日帰りできる範囲で


ちょっとした観光やお買い物が出来て


美味しいものが食べられて


温泉があればいいな



が家族のリクエストでした



直前に決まった日帰り旅行なのに


随分と要求が多いな


とも思いましたが


よくよく考えてみれば



おじさんがいつも釣りに行ってる所でいいじゃん


と、


ほとんど悩むこともなく、旅行先が決まりました



でも



わりと充実した日帰り旅行でしたよ




20181017155548ade.jpeg 





世田谷のかみさんの実家を8時ころ出発



海ほたるで軽く朝食を取った後


運転免許を取ってまだ半年、という息子の


初めての高速道路実習を兼ねて富津館山道を南下


家族全員がびっしょり汗をかいた後に訪れたのが




【道の駅富楽里とみやま】


201808081105588af.jpeg 




1階にお土産屋さんと農産物とお魚の直売所があります


ちょっとしたお買い物ならここで充分


で何を買ったかというと




サクサクわかめ


 2018080811062876d.jpeg



おじさんのお気に入り

ここに来たら必ず買います
(他で買うとちょっと高いです)




のり太巻


20180926053827a55.jpeg 



安くてボリュームがあってとても美味しい


コスパめちゃくちゃ高いです!


騙されたと思って一度食べてみて下さい




50cmくらいのエソ


2018092204502207e.jpeg 



150円は安い!


って買ってませんよ

面白いから写真を撮っただけです




そして美味しいものもここで頂きました



もちろんこれ



つみれ汁(税込200円)


20170813093625e1a.jpg 
おにぎりはオプションね



家族も大絶賛


特にかみさんが気に入ったようで

お持ち帰り用を追加購入してました



お持ち帰り用 つみれ汁(容器代+20円)


20180926053810821.jpeg 



翌朝に家で食べましたが美味しかったですよ





美味しいものを食べた後は観光



この辺りで有名な観光名所と言えば





【鋸山】


ロープウェーや日本寺の大仏も有名ですが



 20180922045211d1f.jpeg
奈良や鎌倉の大仏より大きいとか



石切り場跡の

切り立った断崖絶壁も有名ですよね




2018092204504775a.jpeg 




中でも有名なのが頂上付近にある絶叫ポイント



地獄のぞき


 20181017105228b4e.jpeg




高いところが苦手のおじさんでも全然平気という


正直言って大したことないポイントなのですが


この日は観光客でいっぱいでした




足下が悪いのでスカートの女性はちょっと大変


 201810171046284cd.jpeg
娘です




滑りそうで怖いと、ここまで来て断念するおばさんも



 2018101710461279c.jpeg
かみさんです




しかし何より大変なのは


こんな急な階段を何十回も昇り降りしないと行けないこと




20180922045149c0a.jpeg 



20180922045134a0e.jpeg 



これはホントに辛かった


次の日から3日間は筋肉痛でした



でも運動不足解消にはいいと思いますよ


ちなみにかみさんのお母さん(80歳)は無事コンプリートしてました。




ここでも家族全員たっぷり汗をかいたので


最後は温泉でさっぱり





【天然温泉 海辺の湯】


2017081309371483c.jpg 



規模的には普通の銭湯に毛が生えた程度ですけどね


海側に露天風呂があるので、晴れた日は東京湾に沈む夕日が見れるそうです



2階に漁港の食堂みたいなレストランがあるのですが、


メニューも豊富でどれも美味しかったですよ



以上、


いつも行く釣り場でも


ちょっと寄り道するだけで


立派に家族サービス出来るんだ



という



釣り人あるあるのお話でした




20180922045200490.jpeg 


ファミリーフィッシング絶好調! の巻



もうシーバスをキャッチするのはやめます



こんな事を書くと、


「凄腕」に参加するのをやめる宣言をしたテル船長のように


物議をかもし出すかも知れませんが


改めて言います



基本的におじさんはシーバスをキャッチするのをやめます




物議をかもし出しましたか?



しませんね ww



じゃあ、ちゃんと説明します



要はシーバスがヒットしてもボートや桟橋の上まで上げず、


足下まで寄せたらテンションを緩めてわざとバラすことにした、


ということです。



理由はもちろん“釣られる側のシーバスの負担軽減”です。


シーバスをキャッチする 

= 水中からシーバスを引き出す


魚体への負担はかなりのものだと思います。


でも釣る側の我々がキャッチするのを我慢すれば、


魚体の負担を最小限に抑えられるはずです。


ではシーバスをキャッチするを我慢することで、


我々ルアーマンの満足度はどう変化するのか?



今回おじさんはシーバスフィッシングの満足度を算出する計算式を開発しました。



まずはベースとなる各工程の満足度の定義から


 a)ルアーにヒットさせる:40(%)


 b)やり取りや引きを楽しむ:30(%)


 c)タモ網に入れ達成感を味わう:30(%)



aからcまでやって満足度は100ということです



次に係数を定義します。


まずは大きさ係数


 d)~30cm = 0.6

 e)~40cm = 0.8

 f)~50cm = 1.0

   ※ボートの場合は0.9

 g)~60cm = 1.0

 h)~80cm = 1.2

 ※海釣り公園の場合は1.4

 i)80cm~ = 1。4. 

 ※海釣り公園の場合は1.6



そして何本目か係数


 j)1本目   = 1.0

 k)2本目   = 0.8

 m)3~5本目 = 0.7

 ん)5本目以上 = 0.6 




海釣り公園で1本目にキャッチしたシーバスが45cmだとすると


計算式は

 (a+b+c) × f × i 


となり、定義された数字を代入すると


(40+30+30)×1×1= 100


で満足度は100となりますが、



3本目に35cmのシーバスをキャッチした場合は


(40+30+30)×0.8×0.7= 56


となります。


これをキャッチしないで足下でバラした場合は


(40+30+0)×0.8×0.7= 39.2



50までいかなくても40近い満足度が得られる


どうです? 分かり易いでしょ?



これがジョイクロセイゴ6本目で計算すると


キャッチが

(40+30+30)×0.6×0.6= 36


足下バラシが

(40+30+0)×0.6×0.6= 25.2



もうどっちでもいいんじゃね?

って感じですね


それなら楽しませてくれたシーバスをこれ以上消耗させないためにも


足下バラシをした方が世の為、人の為、魚の為


になるっちゅうもんです。


キャッチ&イート派でない方は一度ご検討されたら如何でしょうか?



まぁ、おじさん的には釣りブログに魚の写真が全くないというのも寂しいんで


良い型のものが釣れたら1、2本くらいはキャッチして、

写真を撮らせてもらおうと思いますけどね。



あっ、カウントは続けますよ


足下まで寄せることが出来たら1本にします


甘い基準と言われたらその通りかも知れませんが


誰かと競っている訳ではないですし、


所詮はおじさんが納得すればいいだけの話です




ちなみに今回Uさんがヒットしたシーバスを


おじさんがタモアシストを失敗してバラしたんですが


満足度はどう変化したでしょう?


シーバスは70cmくらいあったと思います



キャッチが

(40+30+30)×0.7×1.4= 98


足下バラシが

(40+30+0)×0.7×1.4= 68.6



30ポイントの差・・・



Uさん



本当にごめんなさいっ!!




2018101112153410a.jpeg 




10月6日 曇りのち晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


TKKさんと一緒に(!)前日の22時に場所取り

さすがにこの時間だと前にいるのはNMさんとターキーだけ。


サバシーズンは好ポジションを取るのが大変です。



朝一はジョイクロセイゴの群れが足下を回遊していました。


適当にルアーを放り込むとワラワラとよって来る。


ルアーにパクついてくるヤツもいるけど


小さすぎてすぐバレてしまいます。


でも魚の反応があるだけで嬉しいです。


ここんとこ海釣り公園ではノーバイト完全試合が多かったですからね。




201810111215468f3.jpeg 




そんな感じで適当に釣りしてるチームと


まじめに釣りしてるチームに分かれた木更津側の桟橋


人それぞれ釣りを楽しんでますね。


釣り場にダベリングしに来ただけのiさんの気持ちも良く分かります。




2018101112161888f.jpeg 





魚たちがコマセに付きだしてからはアタリがなくなったので


11時半にYZさんと一緒に納竿しました。



ポカポカ陽気だったし


アジやサバもたくさん上がっていて


ファミリーも多く賑やかだったので


予定より随分と長居してしまいました。


海釣り公園は今が一番楽しい時期かも知れないですね




20181011121604db5.jpeg 




新基準での釣果はジョイクロセイゴ3本


サビキ釣りもちょっとやって小アジ1匹とコノシロ1匹



タモアシスト失敗がなければ、ほぼ満足な1日でした。




ということで




次は絶対に失敗しねーぞ!!




サワラを狙ってたんじゃないの?

え? そんなこと言いましたっけ?





YZさんから数匹アジを頂いたので、
帰ってからナメロウを作りました。

20181011121629c64.jpeg 


ニンニクを少し入れてみたのですが

かみさんからは

餃子の具みたい

と不評でした・・・


平成最後の館山釣行 の巻



小型船舶免許を取ろうかな、なんて思ってるんだけど・・・



免許取るのにいくらかかるの?



12,3万円くらいかな



自分のお小遣いで取るなら別にいいんじゃない?



半分くらい出して貰えると助かるんだけど・・・



なんで遊びの費用を家計から出さないといけないのよっ!



分割とかダメ?



去年のスピード違反の罰金だって分割で払うって言ってまだもらってませんけどっ!?



・・・・


・・・・


・・・・



こんな話の流れになるんじゃないかと思っていたのですが


予想と違う展開となりました





小型船舶免許を取ろうかな、なんて思ってるんだけど・・・



あ~、嵐の大野君も取ってたね



そうそう、それ!



でもさー、人のボートに乗せてもらうのと違って、

自分がボートを運転するってことは、

何かあったら全責任を負うってことでしょ?



・・・・


・・・・



うっ、確かに・・・


そんなこと考えてもいなかった



船長は同船メンバーがボウズにならないことだけ心配すればいいのかと思ってた


船長は他のメンバーが大物を釣っても焦らずに操船してればいいのかと思ってた



それだけじゃないんですね



ボートの故障や事故


メンバーのケガや体調不良


急な天候変化


転覆、漂流など遭難時の対応


某国の工作船やソマリア海賊の急襲・・・


etc・・・




大変だこりゃ




20180928063215b58.jpeg 




9月24日 曇りのち晴れ(大潮) 館山ボートゲーム


時期的におそらく今回が平成最後の館山

メンバーはテル船長とNさん



ターゲットは今回もシイラと青物、真鯛


今シーズンの釣果はイマイチだけど

平成最後は有終の美を飾りたい!




6時出港


2018092806322879a.jpeg 





最初は漁礁や駆け上がりをタイラバで攻める


 → まったく反応なし




曇天だからか大潮なのに潮目が見えない


 → シイラはいるの? いないの?



館山には何回も訪れているのに少なすぎる引き出し


開始から1時間半しか経っていないのに既に打つ手なし



途方にくれながら


せめて鳥山でもいないかなー


と、全員で遠方を見渡していると




なんと鳥山が出たっ!



20180928063310096.jpeg 




っしゃー! 鳥山さえ見つければこっちのもの


よしっ 鳥山に向かって全速前身だっ!




20180928063250f73.jpeg 




しかし館山ボートは鈍足


箱根駅伝のランナーを競歩で追いかけているみたいでなかなか追いつけない



先回り先回りしながらなんとか鳥山に追いつくと



目の前の鳥山がいつもの鳥山と違う

鳥は集まっているものの水面スレスレを飛んでいて、

“ 山 ”になっていない。

海中にダイブもせず、集まって騒いでいるだけ



後で分かったことですが、これは魚の群れが表層まで上がっておらず、

鳥の手(?)が届かない、深い層にいる時に出来る鳥山でした



にもかかわらず
 

 鳥山 = 表層


という単純な発想で、ミノーやシンペンを投げ続けるおじさん

当然ヒットなんかしません。

鳥山がいるのにノーバイト状態が続きました




201809280633490d3.jpeg 




しかしNさんは違いました


ジグで中層を攻め、着々と釣果を上げていました




201809280637122a0.jpeg 



50cmオーバーのオオモンハタ!



さすがです

でもどうして?



Nさんに教えを請い、


ああ、なんだそういうことか

と、やっと状況を理解したおじさん


必殺のギャロップC60gを投入し、

ボトムから中層あたりをジギジギ開始




すると




ググゴゴッ!





っしゃーっ!!!





9:33


201809280633239fe.jpeg 



叉長ジャスト40cmのショゴ



これはよく引いてくれました


「引く」、というより「たたく」という感じ

なので最初は真鯛かと思いました。




理屈は分かった



後は中下層を攻めて釣果を伸ばすだけ



よしよし



もう大丈夫



頼むぞギャロップC!!





グイッ!!





9:19


20180928063337836.jpeg 



今度は40cmくらいのイナダ



ほら来た



でもまだまだ足りない



サイズも欲しい



真鯛も釣りたいぞっ



行けっ ギャロップC!!




・・・・・



・・・・・



・・・・・



・・・・・



・・・・・




201809280634031f0.jpeg 




しかし



このあと



14時の納竿まで



アタリらしいアタリはなく



なんとノーキャッチで終了したのでした




201809280634285eb.jpeg 





ちなみにNさんは50cmオーバーのオオモンハタを追釣してました



凄い


凄すぎる


なんなんだこの人は・・・


とても追いつけない




Nさんのオオモンハタ連発には目もくれず

純粋な心で操船に専念していたテル船長も

ショボ釣果で終了でした




20180928063441d8c.jpeg 




平成最後の館山戦は無念な結果に終わりました



来年こそ


Nさんの様に


オオモンハタ釣ったり


真鯛釣ったりしたいです



その為には



タングステンジグを買わないといけないし


DAIWAのポロシャツも着ないといけない



でも売ってないんだよなー、ダイワのポロシャツ



4Lのが www




次回は湾奥でサワラゲットだぜいっ!




2018092806345484d.jpeg 




エソダービー中間報告【9月24日現在】


1位 Nさん: 4本

2位 テル船長:3本

3位 おじさん:1本

3位 Fさん: 1本


オオモンハタと同時にエソを釣るという必殺技を繰り出しトップをキープしたNさん!

必死に喰らいつくテル船長!

どうやら勝者はこの二人に絞られたようです!




201809280635043fa.jpeg 

サバが来れば税金が助かる! の巻


9月22日(土) 616名 サバ:570匹

9月23日(日) 821名 サバ:260匹

9月24日(月) 818名 サバ:500匹



9月2回目の3連休


市原市海釣り施設は連日入場規制が入る程の大盛況でした。


ファミリーフィッシングの人気ターゲットである


アジ、カタクチイワシ、サバの、「サビキ釣り3兄弟」が釣れているのが原因でしょう。


群れさえ来れば初心者やお子さんでも簡単に釣れるし、食べても美味しい魚ですからね。



なかでもサバは30cm近いサイズも釣れていたので、


それを目当てに海釣り施設を訪れたお客さんも多かったと思います。




開園とともに満員となった釣り場


管理棟は入場待ちのお客さんで溢れかえっていました。



これだけお客さんが入ったら海釣り施設も儲かってウハウハだな ww



なんてことを思った方もいるかも知れません



でもね、現実は厳しいみたいですよ



入場者が800人を越えるなんて年に数回しかないし


逆に悪天候で開園できず入場者が0人なんてしょっちゅうあるし


施設の維持管理費も相当かかるだろうしで、



絶対に黒字にはなっていないだろうな



と思い、ちょっと調べてみたら



やっぱり




大赤字でした




市原市HPの市政情報に、平成25年~27年の海釣り施設の収支情報が掲載されています。


それによると1年間の平均コストは
108,953,396円


うち半分以上が減価償却費で約6千万円


物件費が4千3百万円


物件費のほとんどが運営管理業者への委託料だと思います。

スタッフさんのお給料はここから出てるんでしょうね。


人件費としては3,852,571円しか計上されていません。


1人分? 

誰のお給料ですかね?



維持補修費は1,866,000円

こんなもんじゃ済まない年もあるでしょうね。



これに対し入場料等の歳入は平成27年度で
31,017,650円


なんと年間8千万円近い赤字を出していました。


減価償却まであと何年かかるか分かりませんが、例え0円になったとしても


まだ年間2千万円近い赤字が続くことになります。




市原市海釣り施設は市営なので赤字分を補てんするのは税金。


公共の福利厚生施設ですので赤字運営なのはやむを得ないとは思います、



が、


少しでも市原市民の皆さんの税負担を軽くするためにも




サバよ

もっと市原市海釣り施設に来い!!





2018092605384203e.jpeg 




9月23日 曇り時々晴れ(大潮) 市原市海釣り施設


6時開園の直前


開園待ちのお客さんの列は凄い事になってました。

海釣り施設の広い駐車場を、ぐるっと1周してしまうんじゃないかと思うくらい。


1時にTKKさんと一緒に来た(!)おじさんの整理券は16番でした。

3時には100人くらいは並んでいたと思います。


4時以降は来場するお客さんの車が一気に増え、駐車場はほぼ満杯に。

5時以降に来られた方は6時開園時に入場出来なかったと思います。


さすがはサバシーズン


今日も満員御礼ですね




201809260539149d5.jpeg 




約2カ月ぶりの市原市海釣り施設


シーバスが釣れないのは分かっていたし、


サバも小さいのしか上がっていないけど


常連さんグループの端っこでお話を聞いているだけでも楽しいので、


ボウズ覚悟でやってきました。




20180926053942eb7.jpeg 




TKKライン付近に陣取り


色々なルアーを適当にキャストしていると




6:14


201809260539009e5.jpeg 



25cmくらいのバーサー




この後サバをもう1本追釣し、




7:44



20180926053958110.jpeg 



同じくらいのサイズのジョイクロセイゴをキャッチ




以降、魚たちはコマセに付いてしまい、ルアーを追わなくなりました。




9時ごろ納竿


釣具屋さんに寄り道しながら、お家に帰りました。



ちなみに9時の段階で入場待ちのお客さんが300人位いたそうです。


管理棟は難民キャンプのようでした、




2018092605400803f.jpeg 




今日は適当な釣りしちゃって、


待ってる人達に申し訳なかったな


ダラダラと釣りしてるくらいなら


もっと早く釣り場を譲ってあげればよかった




ということで



シーバスが釣れるようになったら





ちゃんと釣りします





2018092605392981c.jpeg 

Page top