俺たちは何と戦っているのか? の巻



【熱中症】



それにしても暑いですね。


7月に入り、うだる様な暑さが続いています。



天気予報やニュースなどでは、


暑い日が続いているので“熱中症”に注意しましょう!


と連日注意喚起しています。


実際に熱中症で亡くなる方や病院に担ぎ込まれる方が後を絶ちません。



ウィキペディアによると「熱中症」とは


「暑熱環境下においての身体適応の障害によっておこる状態の総称」


で、病態生理学的には「熱失神」「熱痙攣」「熱疲労」「熱射病」の4種類に分類されるそうです。



「熱失神」

上昇した体温を下げようとして、全身皮下の血流量が増大することで血圧低下、脳の酸欠を招き、めまいや立ちくらみ、失神などが起こる



「熱痙攣」

汗とともに塩分が体外に排出されることで、筋肉の収縮の調整が出来なくなり、手足がつったり、痙攣を起こす



「熱疲労」

脱水症状による全身倦怠感、吐き気、頭痛



「熱射病」

脳の温熱中枢がやられて、体温調節機能が失われることで高度の意識障害や40℃以上の発熱



昔は「日射病」と呼ばれることが多かったと思いますが、高温多湿の環境であれば室内でも発症するので、最近はあまり使われなくなりましたね。



重症度の分類と対応方法は


Ⅰ度(熱失神と熱疲労)は、水分、塩分補給や涼しいところで休息


Ⅱ度(熱疲労)は直ぐにお医者さんへ


Ⅲ度(熱射病)は重症なので救急車


だそうです。


また、水分ばかりで塩分を取らないと、血中の塩分濃度を維持しようと水を飲む気持ちがなくなったり、尿で水分を排出しようとするそうです。

軽症の「熱痙攣」から中等症の「熱疲労(脱水症状)」にステップアップしてしまう訳ですね。



真夏の釣りは熱中症との戦いといっても過言ではありません。


水分と塩分の補給を怠らず、こまめに休憩をはさみつつ、体調の変化に細心の注意を払いながら、無理をしないことを心がけましょう。


本当は釣りになんか行っちゃいけないと思いますがね。




20180718162605b15.jpeg 




7月14日 晴れ(大潮) 木更津ボートゲーム


6時出港14時半帰港予定

メンバーはテル船長にNさん、TKKさん


今日もメインターゲットはタチウオ


事前情報ではタチウオの群れは北上し、富津沖の浅場でも釣れているとか。


我々ルアーマンにとっては超朗報です。


棚が浅ければジギング(縦)以外にワインドなどの“横の釣り”も出来ますからね。




201807181626230bb.jpeg 




しかし・・・



予報では気温35℃湿度90%以上でほぼ無風!!



TVニュースや天気予報では「不要不急な外出は控えましょう」とか、「屋外での激しい運動は厳禁」とか言ってました。



タチウオ爆釣への期待感と、熱中症への恐怖が入り混じった複雑な思いを抱きつつ、ボートは第二海堡へ向かいます。




6:20 第二海堡近海


20180718162635edc.jpeg 




いつものように肩慣らし & 船団待ち


朝一に軽い時合い、ボイルも数回ありました。


おかげで全員が早々にボウズ脱出


TKKさんとかはジーバスをキャッチ!



おじさんはというと



6:34


2018071816264618e.jpeg 



30cmくらいのワカシ



まあ最初はこんなもんでしょう




時合い終了後はタチウオ船団探してウロウロしましたが、

予想通り富津沖に向かう複数の遊漁船をキャッチ。



ボートもスピードを上げて現場に急行します!


20180718162657811.jpeg 




7:55 船団に合流



水深は18mくらい、魚探の反応も良し!




20180718162728ec9.jpeg 




浅場なので持参した中で最も軽い鏡牙80g(紫)をセットし、ジギジギ開始。




8:01


201807181627186db.jpeg 




本日の1本目をキャッチ


指3本サイズ




その後もタチウオは好調に釣れ続き





9:13


201807181627504c7.jpeg 



1時間ほどでつ抜け達成!



ジグを落して巻くだけでバンバンヒットするので


20本超えもあっという間でした。



タナも15m以上と浅いので、キャスティングでも面白い様に釣れる。


ブレードや鉄板をちょい投げし、10秒くらい沈めてタダ巻きするだけでほぼワンキャストワンヒットです。


一時は50本キャッチを目指したりしました。




しかし、



20180718162738b3f.jpeg 




8時を過ぎたくらいからジワリジワリと、


10時を過ぎる頃にになると猛烈に、


暑さを感じるようになりました。




20180718162810d52.jpeg 





補給した水分は1Lを超えていますが、直ぐにのどが渇く。


体は熱中症一歩手前という感じ。



ふと隣りにいたテル船長を見ると



足湯ならぬ



秘技! 足水!!



をやっていました。



ボートのヘリに座り海面に両足を突っ込むことで、海中に体温を放出する


遊漁船には出来ない、小型のボートだからこそ出来る秘技




20180718162800e9f.jpeg 



やってみると超気持ちいいー


冷たいポカリ500mlくらいの効果があったと思います。





13時半頃納竿



水分補給を怠らず、梅干しで塩分を取り続け、秘技!足水までも繰り出しながら頑張っていたのですが、



正直言って10時くらいからギブアップモードでした。


後半の3時間はほぼ地獄、


時間が経つのが本当に遅く感じました。




20180718162818049.jpeg 




本日の釣果はタチウオ37本にワカシ1本


本来ならタチウオ37本がビックニュースなのですが、


記憶に深く刻まれたのは暑かったことばかり。




気温が10℃低くて風がそれなりに吹いて涼しかったら、


おそらく全員が50本を超えていたと思います。


こんな日はそうないんですけどね。





熱中症1歩手前だけど爆釣




涼しく快適だけどボウズ



どっちを選ぶ?



と言われて



ボウズを選択しそうな1日でした




次回は涼しくてタチウオゲットできたらいいなあ




20180718162810d52.jpeg 


















7月7日 釣行記


西日本で発生した集中豪雨により、お亡くなりになられた方やそのご遺族に心よりお悔やみ申し上げます。

また、被災された方々に心よりお見舞い申し上げます。


私には被災地方面に親族や知り合いがいないので、現地の状況はニュース映像などで知るのみなのですが、

目を覆いたくなるような悲惨な映像ばかりで、情報に触れる度に心を痛めております。


被災地の復旧復興には相当の時間がかかると思います。

私には募金程度の瑣末なご支援しか出来ませんが、被災地の方々が1日も早く日常生活を取り戻されるよう、お祈り致します。



釣りが出来る「日常生活」が送れる幸せに感謝しつつ、7月7日の釣行記録をアップします。




20180709214300f36.jpeg 




7月7日 晴れ時々曇り(小潮) 木更津ボートゲーム


6時出港14時帰港予定

メンバーはテル船長とおじさんのみ


一日中10m近い南風が吹く予報ですが、釣りに大きな影響はなさそう。





6:30頃


最初に立ち寄った第二海堡近海では二人ともノーバイト



20180709214328d83.jpeg 





7:00頃


移動して航路付近のタチウオ船団に合流



20180709214426e7a.jpeg 




魚探の反応は今日も悪くない


しかしタチウオはいるのにバイトがない状況が続いたので、ポイント変更を決断。



いつも行く観音崎方面には船団は見えない


目を凝らして遠方を見渡すと、猿島方面にタチウオ船団を発見


この辺りに船団が出来るのは珍しい



10隻ほどの小さな船団でしたが合流することに




8:00頃


猿島近海タチウオ船団に合流



20180709214608bc2.jpeg 




この辺りの水深は60m前後ですが、

タチウオの反応は30m~10mとやや浅いレンジ



鏡牙100g(紫)で探りを入れるものの、

最初は反応がありませんでした




201807092144556cf.jpeg 




30分程してようやくヒット!


が、抜き上げ時に痛恨のバラシ!!

指4本くらいはあったと思う


しかし何かスイッチが入ったようで、この直後に時合い突入


鏡牙を35mまで落とし、軽く誘いながら巻き上げると即ヒット、のパターンが続く




8:40


20180709214506ee4.jpeg 




サイズは指3.5本くらい





タチウオはこの後も堅調に釣れ続き


二人とも1時間程でつ抜け達成!!



9:39


20180709214527a51.jpeg 



これは指3本



タチウオの活性がかなり高く楽しめた半面、

ラインカットされて鏡牙を2個ロスト


低価格の鏡牙とはいえ、アシストフック付きなのでちと痛い




20180709214441e46.jpeg 




つ抜け達成した直後くらいから魚探の反応が薄くなる


船団もバラけ、一部が観音崎方面に向かっている


ボートも後を追うことに




201807092146339fc.jpeg 




この辺りの水深はやや深く70~80mくらい


手巻きベイトリールではほぼ限界の水深です


魚探の反応は残念ながらボトム~50mくらい



レンジが深いのでジグを鏡牙160g(紫)にチェンジ


猿島近海程ではないものの、タチウオの活性はまずまず


移動後ほどなく軽い時合い発生



ボトム着低直後や、巻き始めて5巻きくらいでヒットするパターンが続く


楽しいのですが、ヒットしてから70mも手巻きするのでとても疲れました




やたら重いと思ったら、こんなのも



11:30


20180709214621932.jpeg 
※秘技!U字固め



指3本くらいですが、水の抵抗が大きくて大変でした




12:40分頃


お土産はもう十分でしょう、と言うことでタチウオジギング終了



その後は青物狙いに第一、第二海堡近海を巡りましたが、魚の反応はありませんでした




20180709214649f28.jpeg 




本日の釣果はタチウオ14本


バラシは10回くらい


高活性の時間帯が長く続いたので


久々にタチウオジギングを堪能することが出来ました




こんな事そうはないでしょうと、


次週も予定しているタチウオ釣行を


心配しながら帰途に付くテル船長とおじさんでした




おわり



201807092143483b7.jpeg 


護衛艦うみぎり

全長:137m  基準排水量:3550t
1991年3月竣工




20180709214408f06.jpeg 


護衛艦あぶくま

全長:109m  基準排水量:2000t
1989年12月竣工



気持ちは痛いほど分かる! の巻



サッカーW杯、負けちゃいましたね


日本代表は本当に良くやったと思います


西野監督もお疲れ様でした



それにしても2-0からの逆転負けですからね


代表メンバーやスタッフの悔しさはハンパないでしょうね



今のおじさんには分かります


その悔しさが・・・


痛いほどに・・・




ドラゴンをね・・・



バラしたんですよ・・・



船べりまで上げたのに・・・




70mくらいの海底でヒットして


5分くらいかけて海面まで引き上げて


あとはボートの上に抜き上げるだけ


だったんですけどね



海面に姿を現したヤツがやたら太くてデカい!!


大人の二の腕くらいあったと思います



弾みを付けて一気に抜き上げようとしたのですが


重過ぎてロッドが折れてしまいそう



なんとか頭から1/3くらいまでボートの中に引き入れたものの


残り2/3を引き上げることが出来ず


船上で口に掛かったフックが緩んだ瞬間


船外にズルズルドボン!!



ボートの上で天を仰いだおじさんでした・・・




先制したのにロスタイムに失点し、2-3で逆転負けしたW杯日本代表


船べりまで引き上げたのに、残り2/3を抜き上げきれずバラしたおじさん



あまりにも酷似した悲劇


なので悔しいお気持ちは痛いほど分かります




「本気のベルギーに対抗できなかった」

 
相手をリスペクトしつつ己の力の無さを認める、名言ですね



「本気のドラゴンに対抗できなかった、悪いのはパワーの無いロッド」


見苦しい言い訳ですね ww




ということで



次回こそドラゴンゲットだぜいっ!!




2018070215352722b.jpeg 




6月30日 晴れ(大潮) 木更津ボートゲーム


6時出港15時帰港予定

メンバーはテル船長とイケメンのケイジ君

アーンド市原の重鎮YZさん



10m近い南風が終日吹く予報でしたが、釣りへの影響は殆どありませんでした。



第二海堡まで一気に南下



20180702153537093.jpeg 




ここではテル船長が70cmオーバーのシーバスをキャッチ





第二海堡の南側に移動すると航路付近にタチウオ船団発見



20180702153547dc0.jpeg 





この付近の水深は40m前後


魚探の反応は30mから15mくらいの浅いレンジ


チャンスとばかり紫色の鏡牙100gを投入。


フォール中にゴツゴツとアタる


着低まで我慢できずに20mくらいで巻き上げ開始すると即ヒット!




7:20


20180702153601b9d.jpeg 




指3本くらい


でも1投目でのキャッチが嬉しい



その後も飽きない程度にポツポツと追釣していましたが、航路付近なので海保さんのチェックが激しい



観音崎沖合いを見るとタチウオ船団らしき船影発見


あっちが船団の本体だろうと言うことで移動し合流



201807021536124ee.jpeg 




ここでもポツポツと追釣


どれも指3本クラス、大きいのでも4本



ドラゴンをバラして戦意喪失



気分を変えようとタイラバにチェンジすると グイッ!




11:28


20180702153645d0d.jpeg 



お前ねー、期待させるんじゃねえよ





20180702153624852.jpeg 




なんだかんだでキャッチしたタチウオは8本


本数的には満足なんですけどねー



ヒットルアーは


ドピンク鏡牙:6


紫鏡牙:1


タイラバ:1




ダイワさん、ドピンク鏡牙の流通在庫が枯渇気味のようです。


店頭で殆ど見かけなくなりましたよ


大至急増産して下さい!





あ、終わりです




2018070215365412f.jpeg 



ケイジ君。ドラゴンキャッチおめでとうございます!!

根掛かりした、とか言っちゃって  


羨ましいそっ!!!



タナを攻めろ! の巻


はい、50mから35m


底から40mくらいです、始めて下さい



タチウオ船団の中にいると、乗合船の船長さんが棚を指示するアナウンスが聞こえてきます。


当然、我々もそのアナウンスを参考にタチウオジギングをする訳ですが、ちょっと“申し訳ない感”を感じます。


お金を払っていないのに価値ある情報を入手しているんですからね。


水飴を買っていないのに遠くから紙芝居を観た時の感じ、って言ったら分かりますかね。



えっ? そんな感じ分からない?


紙芝居屋さんなんか見たことない、ですと?


まったく・・・



これだから最近の若い人は・・・




20180624105159565.jpeg 




6月23日 曇りのち雨 木更津ボートゲーム


5時半出港14時帰港予定

メンバーはテル船長にADBさんと、タイラバ師匠のMUさん

朝方は曇り、午後になると南風がやや強くなり雨が降り出す予報です。


今日のターゲットはタチウオと真鯛。


ですが、おじさんは、


浅場でタコ釣れないかな


マグレでいいからイシモチが掛からないかな


なんてことも考えていました。




いつもの駆け上がり海域ではカタクチイワシの大群に遭遇!


20180624105209828.jpeg 



しかし投げまくるルアーに反応はありません。


フィッシュイーターが付いていなかったのか、


カタクチイワシの食べ過ぎでお腹いっぱいだったのか、


海鳥も数羽見かけましたが、鳥山というレベルにはほど遠い


何かが違うのでしょうね。おじさん達には分かりませんでした。


ボウズのがれにシーバスの2,3本でもキャッチ出来たら良かったんですがね。




6:30

第二海堡近くの浅場に到着


2018062410523713c.jpeg 



この辺りの海底は海藻に埋め尽くされている上、海面下にストラクチャーが隠れているので、中層より下は根掛かりのリスクが高く攻めるのは危険。


なので表層辺りをミノーで攻めていました。


イワシカラーのタイスラを、曇天に合わせてアカキンにチェンジした直後でした。


ボートから5mくらいのところで 



バクッ!!



シーバスがバイトする瞬間が見えました!


う~ん、やっぱりシーバスはいいなあ



6:53


20180624105227db0.jpeg 



サイズは50cmくらい


ボウズのがれよりも、久々にちゃんと魚を釣った感じがして、そっちの方が嬉しかったですね。




その後はタコエギ投げたりして遊んでましたが反応なし


本格的にタチウオを狙いに南下することになりました。




8:30

東京湾をさすらうこと1時間、ようやくタチウオ船団を発見、合流しました。


20180627155624b00.jpeg 




船団は20隻前後、最盛期の半分以下の規模でしょうか。


それなりに釣れているようで、エサ釣りっぽいお客さんがタチウオを上げているのが見えます。


しかしサイズは指3本もない小型ばかり。


釣り上げた直後にリリースしているシーンを何度も見ました。



この辺りの水深は70~80mくらい

手動リールだとほぼ限界の深さです。



50mから40mです



船団の船長のアナウンスが聞こえます


水深が深いのでドピンク鏡牙の160gを選択し、ジギング開始。


潮の流れによる誤差を考慮し、60mから35mくらいをジギジギします。


こういうことが出来るのも、カウンター付きのバルケッタのおかげ


今日はこのカウンターを最大限活用してやる!



201806241052591d7.jpeg 




しかし・・・



重いんですよね、160gのジグって


ファーストピッチで巻き上げていると1時間もしないうちに体力の限界が・・・


ファーストピッチをスローピッチに変えたり


ルアーチェンジしながら休憩を入れたり


タイラバに変更したりと、


体力に相談しながら奮闘するもののノーバイト



もうやることなし



疲れきった体を休めながら


呆然と乗合船を眺めていました




エサ釣りはいいなあ、サイズは小さくても釣れてるもんなあ


とか


エサ釣りってタナを合わせた後は、ちょこちょこっと誘いを入れるだけで楽そうだなあ


とか考えているうちに、ふと妙案が浮かびました



2018062410531099f.jpeg 




はい、45mから35m



ドピンク鏡牙160gを、水深38mまで落します



そして・・・


バルケッタのハンドルから手を離し、ジグの水深を固定



そして・・・


右手でロッドをちょこっと煽り誘いを入れます。エサ釣りの様に・・・



 秘技! お疲れジギング!!



どうせ釣れないなら、変に大きくシャクってラインを切られるより、ルアーをロストしないだけマシ!


どうせ釣れないなら、体力を温存して帰りの運転に備えよう!



エサ釣りの仕掛けに間違えてジグを付けちゃった、と思い込めばいいだけ


どうせ釣れないんだし



やる気を無くしたお金も体力も無い中高年アングラーにお勧めの必殺技です




他のメンバーは


あの人、完全に諦めモードに入っちゃったな


と思っていたことでしょう




しかーし!








グイッ!!







き、キターっ!!!



誰よりも驚いたおじさん、思わず叫んでしまいました www




10:58


201806241053227d7.jpeg 




指3本サイズ



1本でも釣れればこっちのもの


この後、元気になったおじさんは秘技を封印、


いつものアプローチ方法に戻し、タチウオ2本を追釣しました。


ふわりふわりとジグを巻き上げながら誘うパターンが良かったかな?




201806241053316bf.jpeg 




渋い一日でしたが、タチウオ3本、シーバス1本なら頑張った方でしょう。




タチウオをゲットできたのはカウンターでタナを合わせられたおかげ。


これがなかったら時合いが来る前に体力の限界を迎えていたでしょう。



ということで




次回もカウンターでタチウオゲットだぜいっ!!






ちなみに他のメンバーはカウンター無しで同じくらい釣ってます ww



20180624105248366.jpeg 



護衛艦きりしま

全長:161m 基準排水量:7250t

1995年3月就役


日本初のイージス艦こんごう型の2番艦。

1番艦の「こんごう」とは旧軍でも姉妹艦です。


「金剛型」は太平洋戦争で最も活躍した戦艦と言われています。

1944年10月のサマール沖海戦では戦艦大和等とともに

米軍の護衛空母ガンビア・ベイを艦砲射撃で撃沈しています。


ガンバレきりしま! 

日本を弾道ミサイルから守るんだ!



忘れ去られた釣行⑤ の巻

20180611064628890.jpeg




6月2日 晴れ(中潮) 木更津ボートゲーム


6時出港16時帰港予定のロング便。


メンバーはテル船長にNさん。



今日のターゲットはマゴチ、タチウオ、真鯛



風も弱く絶好のボート日和



20180611064645a4c.jpeg 





ボートは一気に富津沖へ



20180611064706409.jpeg 




浅場でマゴチを狙いましたが




釣れたのは





20180611065017af3.jpeg 




50cmくらいのツーダー



場所を変え



いつもの第二海堡近海



20180611064725215.jpeg 




タイラバメインで頑張りましたが



ビビッというアタリで釣れたのは




やっぱりお前かーっ!!




201806110650292ac.jpeg 





結構粘りましたが本命のマゴチや真鯛はかすりもしません




こうなったらタチウオ狙いに集中しようと



観音崎方面に南下



久々のタチウオ船団に交じってジギジギしましたが




20180611065106f3c.jpeg 




結果は2ヒットノーキャッチ



帰りがてら立ち寄った第二海堡近海で30cmくらいのバーサーを1本キャッチしたものの




気分は完全にボウズ




Nさんは小さいヒラメやアイナメ、イナダなんかをキャッチしていましたが、

本命が釣れなかったのでかなり不満そうでした



こんな日もあるさ



そう自分を納得させようとしたんですがね







ヤツさえいなければ・・・




201806110651184a9.jpeg 


ソルトデイズ




Page top