鯛ラバとあくび の巻


【鯛ラバ】


仕掛けをボトムまで落とし、着低したら10mくらい巻き上げる


アタリがなければ再び仕掛けをボトムまで落とし巻き上げる


ただこれだけ


アタリがない場合はリールを巻くスピードを変えたり


ネクタイや錘の色を変えたりする訳ですが


基本的にやることは落として巻く、の繰り返し


これを何時間もやるんですからね


しかも釣れても真鯛が数枚


これ、真鯛だからやれるんでしょうね


鱸を釣るための【鱸ラバ】だったら誰もやらないだろうなあ


【アジラバ】もやらないな


ましてや【鯖ラバ】なんて・・・


あっ、これは今日、船長達がやってたな


楽しそうに


歌いながら



鯖ラバ鯖ラバー♪ サバラバサバラバー♪



ウソです ww


2017042310032593a.jpg 



4月22日 晴れ(若潮) 木更津ボートゲーム

5時出港13時帰港予定。

メンバーはテル船長、YZさん、Fさん。


今日は久々に風が弱い予報。

なので第二海堡辺りまで南下して、本格的に【鯛ラバ】をやる予定です。


この日の為にコツコツと買い足してきた鯛ラバセット。

いよいよ日の目を見る時が来ました。


 20170423115718573.jpg



予報通り風、波ともに弱い東京湾を、ボートは一気に南下します。


快調快調!



2017042310035191a.jpg 



第二海堡に行く前に、いつもの駆け上がりに寄り道。


今日も鳥たちが騒いでいました。


201704231004051cf.jpg 



いつもの駆け上がりでいつもの鳥山。

いつものビックバッカーをキャストすると


ゴンッ!



5:26

本日の初ヒット。

2017042310041859c.jpg 


サイズは40cm台後半。


そして


5:34

20170423100428714.jpg 

ちょっとサイズアップして50cm台後半。



爆釣、というほどでもありませんでしたが

おじさんは約1時間の間に計5本キャッチ。

それなりに楽しめました。



201704231004418d8.jpg 



6時半過ぎ。


いよいよ本日のメインイベント、鯛ラバのフィールドへ向かいます。



久々の第二海堡。

後ろに見えるのは飛鳥Ⅱです。

201704231004528a4.jpg 



メンバーで唯一の鯛ラバ経験者、YZさんの水先案内でポイント到着。


水深は40~50mくらい。

ボートが流されるの想定して、錘は遊動式100gをセット。

目の前に仕掛けをポチャンッ、と落とします。


仕掛けがボトムに着いたら一定のスピードでベイトリールを巻く。


アタリがなければクラッチを切り、再び仕掛けをボトムへ。


・・・・・・・


・・・・・・・


・・・・・・・


全く反応なし・・・


ポイントを移動します。


鯛ラバで有名な遊漁船を発見!

そこには他にも数隻の鯛ラバボートがいました。



20170423100518bb3.jpg 



今度こそ!と期待を込めてポチャリ。


ボトムに着いたら巻き巻き!


10m巻いたらクラッチを切る


そしてまた巻き巻き!


・・・・・・・


・・・・・・・


・・・・・・・


するとテル船長がヒット!


しかし釣れたのは・・・・


鯛ラバ外道のホウボウ。


20170423100657814.jpg 
※この写真はYZさんがジグでキャッチした46cmのホウボウ。


これはこれで高級魚なのですが、

やはり真鯛が釣りたい。


再びポトリ、巻き巻き!


を繰り返します



201704231005284ab.jpg 



実は前日は出張から家に帰ったのが23時過ぎでした。

帰ってから晩御飯食べてお風呂入って釣りの支度して、

2時間かけて移動して、

多分、1時間も寝てません。



寝不足の中でのタイラバ。


巻いては落とし巻いては落としの繰り返し


動きが単調だからか


アタリが全くないからか


1時間もすると眠くて眠くて


あくび連発!


何度もタックルを海に落としそうになりました。


その後も観音崎沖や第三海堡跡など色々なポイントを巡ったのですが、

おじさんにアタリは全くありませんでした。



2017042310060790d.jpg 



10時半ごろ

第二海堡に戻り、辺りの駆け上がりを攻めます。


ここではサバの回遊があり、30分くらいの時合いがありました。

テル船長とFさんが鯖ラバで数本キャッチ。

良型も数本混じっていました。

お土産が出来たと盛り上がってましたね。

でもサバラバの歌は歌っていませんでした w


鯛ラバに飽きていたおじさんは60gのジグでジギング。

なんだかんだで5,6本はキャッチしたでしょうか。

数時間ぶりの魚の引きを十分に楽しみました。



20170423100635103.jpg 



その後、いくつかのポイントを巡ったものの、魚の反応はなし。


最後は木更津港内に戻って穴撃ちするも、

おじさんは2バラシノーキャッチで本日の釣行終了。



20170423100720ac9.jpg 



移動時間を含めると、鯛ラバは約3時間やりました。

結局ノーバイトだったんで、面白さは分からずじまい。

次の釣行でやったとしても、1時間以上は出来ないだろうな。


あくびが出たのは寝不足が原因だったんで、

鯛ラバだけが悪い訳じゃないんすけどね。



帰り道もヤバかったな。

かつてない程の居眠り運転をしちゃいました。

3秒は寝てたな。

後ろの車がやたら車間距離を空けてました ww



ということで、


次回は海釣り公園のベンチで


日向ぼっこお昼寝しながら



コウイカをゲットだぜいっ!



大原ジギングトリオのみなさん、お土産まってまーす!


2017042310055734d.jpg 

護衛艦「おおなみ」 2003年3月13日就役
全長:151m  基準排水量:4,650トン 6万馬力
搭載機:SH-60J/K哨戒ヘリ搭載

染み入る雨 の巻


春の天気って本当に変わりやすいですよね


気象庁や天気予報会社は大変でしょうね


でも最近はスパコンの性能も良くなってると思うので、


従来の気象情報に加えて、


「釣り予報」


みたいなサービスを出してもらえないですかね



気象庁12時発表の天気&釣り情報です。


今日は晴れて暖かくなりますが、あまり釣れないでしょう

 ⇒ダベリングしに行きます


明日は風雨は強く寒くなりますが、それなりに釣れるでしょう

 ⇒防寒着を着て頑張ります


明後日は風雨が強く寒いですが、海釣り公園はオープンするでしょう

でもぜんぜん釣れないでしょう



 ⇒絶対に行きません!



201704091142011f7.jpg 



4月8日 雨(中潮) 市原市海釣り施設

5時10分現着。順位は5位。


今日はやや強い南風が一日中吹く予報。

場所によっては10時過ぎ頃から10mを超すみたいです。


波もありそうなので、投げるルアーは限られます。

重さのある鉄板系かブレードで、カラーはイワシ系かな?

先週の木更津シーバスはカタクチイワシを吐いてましたしね。


後は柱周りを狙ってジグを落とす、今日はそんな感じですかね。



201704091142169fe.jpg 



開園時間の6時になり、雨の釣り桟橋に向かいます。


最初のポジションはTKKラインに入ったYSDさんの隣り。

Mラインは空いてましたが、バチパターンがほぼ終了した今、

桟橋の内側にシーバスはいないと読みました。



まずは近場の柱周りのジギングから


次にとりあえずのヘルティック


そして本命のブレード


最後は柱ジギングしながら北側までの往復


しかしノーバイト・・・



20170409114233870.jpg 



でもこんなことは予想していました。

すぐに気を取り直してMラインに移動。

ブレードを投げまくります。



降り続く雨

雨水がレインウェア内に侵入、

アンダーウェアを侵食していく・・・


風も強まり、気温が下がる。

体の芯まで冷えてきました


さ、寒い


でもノーバイト・・・



8:30

冷えた体を温めるために管理棟で缶コーヒー休憩。


20170409114257e94.jpg 



30分経過


桟橋に戻ると、ずぶ濡れ状態のYSDさんが迷子の子犬のような目をして、


「ぜんぜんダメです」


でも彼はブレードで1本キャッチしていますからね。

ここまでノーバイトのおじさんに比べたら・・・



再びヘルティック&ブレードでランガン。


降り続く雨

レインウェアに侵入する雨水が、

温まった体から体温を奪っていきます。


そして、

柱ジギングでジグをロスト。


ポキッ!(心が折れる音)




10:00

ちょっと早いけど管理棟でカレーヌードル休憩&お昼寝。

この間に常連さんの多くが撤収しました。



20170409114245667.jpg 




11:00

桟橋に戻ると風は止んでいました。


????

10時くらいからもっと強くなるんじゃなかったっけ?


雨風が収まったのは良いんだけど、今度はベタ凪状態。

なんだこの天気は!



20170409114326d45.jpg 



相変わらずシーバスの気配はなし。


破れかぶれでワームをキャスト。



しかし最後の最後まで、


シーバスはおじさんのルアーに喰い付いてくれませんでした・・・




14:00


再び雨が降り出し、風も強くなり出しました。

気温も一段と下がり・・・



撤収!



20170409114337b20.jpg 



シーバスは振り向いてくれなかったとはいえ、


この悪天候の中、おじさんはよく頑張りました。


あっ、ちなみにボウズじゃないですよ



11:32

20170409114314ff2.jpg 



カサゴ、ですかね?


Mラインの根周りにいました。


サイズは・・・


ワームのサイズは3.5インチです 


ちっちゃ ww



と言うことで



次回はボートでシーバスゲットだぜいっ!



20170409114349553.jpg 


鳥山で爆釣! 木更津ボートゲーム の巻


2017040209521682d.jpg 


キープしたシーバスを久しぶりに漬けにしてみました


しょうゆ:大さじ2杯

みりん; 大さじ2杯

わさび: 少々


この漬け汁に1時間漬けました


が、


みりんが多すぎましたね


全く締まりのないお味になってしまいました


次回はみりんを大さじ1杯にしてみるか



201704020950121b6.jpg 


4月1日 雨(中潮) 木更津ボートゲーム


メンバーはテル船長、YZさん、Nさん。


10時30分出港16時帰港予定。

出港が遅い理由は天候。

今日は7m前後の北風が1日中吹きまくる予報です。

アクアラインや富津沖などは10mを超える強風が吹くので、近寄ることもできないでしょう。


気温も低く4月に入ったとういうのに真冬のような寒さ。

更に寒さのせいか魚探が故障。八方ふさがり状態です。


誰か日ごろの行いが悪い人がいるのでしょうね ww



20170402095025e81.jpg 



風の影響が少ない沖堤防の内側からスタートするものの反応は皆無。

大移動して風裏の穴撃ちポイントへ向かいます。


波をバンバン被ってびしょ濡れになりながらも何とかポイントに到着。

穴撃ちというよりは柱撃ちに近いポイントでした。


201704020950513d4.jpg 



しかしここでもシーバスの反応はありませんでした。



12時近くなっても全員ボウズ状態。


さあ、どうする船長!



テル船長が向かったのはやや沖合いの駈け上がりポイント。

秋から初冬にかけてランカーシーバスやブリ、ヒラメが釣れた海域です。

前回もビックバッカーが火を噴きました。



20170402095112b53.jpg 



あそこなら何とかなるかも?

でも今日は波が高いし寒いから、本当は穏やかな風裏がいいんだけどな。



そんなネガティブモードに入っていたおじさんの、


目の前に現れたのは、


久々に見る大きな鳥山。


このクラスの鳥山は去年の秋に館山沖で青物を爆釣したとき以来です。



すかさずビックバッカーをキャストすると1投目でヒット!

残念ながらこれはバラしましたが、2投目か3投目で本日の初キャッチ!



12:08

20170402095101eae.jpg 


40cm台後半くらいでしょうか。



その後もワンキャストワンヒット状態が続きます。

なのでアンカーを打ってボートを固定、移動によるタイムロスを防ぎます。



おかげでボートの後ろではテル船長とNさんが1C1H。

おじさんの隣ではYZさんがジギングで1C1H。

どこへ投げても1C1H。


360度1C1H状態です!!



鉄板系なら何を投げてもヒットするので、

JPのBLADE100 や RANGE BIVの70IRON の童貞を無事卒業させることが出来ました。


1時間半ほどの爆釣タイムの後、鳥山がなくなって時合い終了。


この時点でおじさんの釣果は7本。


???


たったの7本?


大爆釣ぢゃなかったのか?


実は大きなライントラブルが2回もあったのです。


1回目はラインの合わせ切れ。

新品のビックバッカーとサヨナラしました(T_T)


B社のSとか言うライン。

実は前回の釣行でも合わせ切れしてビックバッカーをロストしてました。

この後の穴撃ちでもちょっと柱に触れただけでプッツン!

Nさんがジギングで1回使っただけでソッコー捨てたと言ってなあ。


ラインブレイクでロストしたルアーは3個。

もっと高いPEラインが買えたなあ。



20170402095135c59.jpg 



2回目はお祭りトラブル。

おじさんのドラグ設定がゆる過ぎたので、ヒットしたシーバスに走られてしまい、

後ろにいたYZさんとお祭りしてしまいました。


結局は絡まったラインを切るはめになったのですが、それだけでは終わらず、

切ったラインがボートのスクリューに巻きついてしまうと言う二次被害が発生。

時合いのタイミングで長期戦線離脱を余儀なくされました。



鳥山時合いが終わった後はいったん別のポイントに移動しましたがイマイチ。


帰る前に先ほどの駈け上がりポイントに寄りました。



14:46

201704020951238df.jpg 



50cmくらいですかね。



この後2本追釣し、ぎりぎりツ抜けを達成しました。


ライントラブルがなかったら、もう5本はいけたかな?



20170402095146bf7.jpg 



運も実力のうち


当然のことながら不運も実力のうち


細かいことの積み重ねが大事なことは分かっているんですけどね。


まあ、まだまだ伸びシロがあるっちゅうことですかね。



ということで



次回も伸びシロでシーバスゲットだぜいっ!


20170402095036994.jpg 
 

ルアー vs モエビ の巻



【モエビ】 


モエビは節足動物門軟甲網十脚目モエビ科の節足動物。


ちなみに寿司ネタの藻海老はクルマエビ科なので違う種類です。


モエビ科のモエビもかき揚げとかにすれば食べられそうですけどね ww



春先の海釣り公園では、ルアーには全く反応しないシーバスが、


モエビでは普通に釣れる、ということがしばしば起こります。


バスフィッシングでは「モエビパターン」として攻略法があるようでが、


シーバスフィッシングの世界では攻略法とか聞いたことないですね。


自然界でモエビはシーバスのベイトになりづらいでしょうからね。


ところが海釣り公園は違います。


普段はアマモなどの水草に隠れているモエビを、


何もない水中でブラブラさせて魚を引き寄せる、


エサ釣り師がいますからね。


シーバスフィッシングにおけるモエビパターン攻略とは、


 = エサ釣り師との戦い


といっても過言ではないでしょう! 
(過言かな ww)



エサ釣り師が幅を利かせるモエビパターン。


ルアーマンはエサ釣り師に勝てないのか?


ライバル心がメラメラと沸き起こります。


 ルアー vs モエビ 


ここはいっちょ勝負してみますかね。


※エサ釣り師さん達にこの勝負のことを伝えていません。


20170327162454415.jpg 



3月25日 晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


4時15分現着。順位は3位。


前日のシーバスの釣果はスズキ4本を含めて24本!

久々のシーバスフィーバーでした。

今日はルアーマンが大集結だろな、と思っていたのですが、

開園前に並んでいたルアーマンは5,6人くらい。

ちょっと拍子抜けです。


開園前の情報収集。

昨日のヒットルアーはやはりブレードなのか?



ところが・・・

二十数本のうち、三分の二がエサ釣りでの釣果とのこと!


なぬ!?


ちゅうことは、


  24 × 1/3 = 8


ルアーでの釣果は8本だけ!? ま、まずいっ!


常連のMさんやYZさんも今日は磯竿でモエビ釣りするとのこと。

う、裏切り者めー



20170327162525dc1.jpg 



7時開園とともにMラインに入ります。

ここでは3日前にNさんがブレードで4本上げています。


ルアー同志のターキーはいつものTKKラインに入りました。


2つのラインでエサ釣り師チームとの(勝手に)勝負です。




結果は・・・


おじさんの釣果



7:31

20170327162504394.jpg 


37cm


そして、


9:02

20170327162536096.jpg 


41cm


3ヒット2キャッチ。


ヒットルアーはいずれもブレード。



それにしてもこの時期のシーバスは引きません。


グニッという、か弱いバイトの後はゴリゴリ巻き巻き、


海面を引きずるようにして、シーバスを足元に寄せたら


ヨイショッって感じで一気にゴボウ抜き、


バトル感は皆無です。



でもまあ、マルチキャッチですからね、

それなりに嬉しかったですよ。



201703271625142d8.jpg 



【ルアーマン vs エサ釣り師(勝手に)決戦の結果】


おじさんが納竿した12時半までの釣果(おじさん調べ)は、


ルアーマン:ターキー4本、おじさん2本、ジギングマン3本の計9本


エサ釣り師:Mさん1本、YZさん1本の計2本



ルアーマンの圧勝ですね。

ターキーがこちら側にいて良かったですww



20170327162547b63.jpg 




(勝手に)勝ちはしましたが、ルアーでの釣果があったのはTKK、Mラインと、

たった1つのジギングポイントだけ。

その3つのポイント以外に入ったルアーマンは悲惨な結果でした。

わずか数メートルの違いでマルチヒットとノーバイトですからね。


しかしターキーはこの決戦で4,5本のパワーブレードが殉職したそうです。

おじさんも根掛かり連発でした。

ヒットポイントとはいえ根周りを攻めないとダメなんですよねー、そこが辛い。



201702261043499b9.jpg 



モエビでTKKやMラインを攻めたらもっと楽に釣れたんでしょうね。


モエビっていくらするんですかね?


・・・・?


って、いかんいかん!


ルアーマンはあくまでもルアーで勝負です!



と言うことで



次回はボートでシーバスゲットだぜいっ!



ボートでモエビ使えないかな?

いかんいかん!



やっぱジギングか の巻



Page top