忘れ去られた釣行③ の巻


これもバックログ解消記事です


貧果だと書くことがないので、


どうしてもアップが遅くなりがちなんですが、


今回はGWの釣行分が溜まってたんですよね。



20180526110207297.jpeg 




5月20日 晴れ時々曇り(中潮) 東京湾ボートゲーム


6時出港13時帰港予定

メンバーはテル船長にNさん


今回はHマリンサービスさんのレンタルボートをお借りします。


8kodzconbhmwshdbdper_480_360-ee033fe6.jpg 
※ソルトデイズより拝借



このボート、狭いながらも使えそうな船室があるんですよね。

今回の釣行で実際に使用してみましたが、おじさんは使えると思いました。




今日は天気予報は朝から北北西の風が10m近く吹き続ける予報


201805261102201af.jpeg 



中止になるかと心配したのですが、なんとか出港することが出来ました。

しかしポイントは風裏などに絞られます。



最初のポイントは養老川沖。

オープンエリアで風裏ではないですが、

五井堤防のおかげで波は高くありません。



遠くに見えるは海釣り公園

20180526110233285.jpeg 




マゴチも釣れるポイントなので、狙うレンジはボトム付近。


しかしこの時間帯は風向きと潮の流れが真逆。

ルアーをボトムに落とすのも容易ではありません。

1時間以上も粘りましたが、結局アタリらしいアタリはありませんでした。


満潮直後で潮位が高く、穴撃ちには厳しい時間だったので、

本当はここで時間を稼ぎたかったのですが、あまりの反応の無さに移動を決意。



一気に南下することになりました。



201805261102460cf.jpeg 




次に訪れたのは超優良ポイント通称 “ダンジョン”


やはりここは期待を裏切りませんでした。


ナイスショットさえ決まればシーバスの反応があります。


PB20で1バラシした後でした



7:56


201805261103243a1.jpeg 



タイスラで本日の1本目

サイズは40cm台後半くらい。


しかしこいつったら、ボートに抜き上げた直後に○ンチを大放出!!

暴れるので辺り一面に茶色い液体が飛び散ってしまい、

おじさんのズボンにもベッタリ (;゚Д゚)


ズボン拭いたりボートに付いた○ンチ洗い流したりしている間に、

せっかくの時合いが終わってしまいました  (T_T)




その後も風裏を中心にポイントを巡りますが、どのポイントも渋くてポツポツといった感じ。


20180526110337dcb.jpeg 




ポツポツ釣れる、といっても釣るのNさんやテル船長

1本1本積み重ねられる人と、反応がいいポイントでしか釣れない人

この差が最終的にダブル、トリプルスコアの差に広がっちゃうんですよね。




10:00

北風が強いままなので、帰りの事を考慮し、早めに北上することに。

風速10mの逆風の中で北上するので、揺れは激しく波を被りまくりです。



201805261103467b6.jpeg 




せめて波からは身を守ろうと、北上中はボートの船室に避難しました。



船室は1間の押入れくらいの広さ。

大人3人が体育座りでギリ、くらいですかね。

床にはラバーマットが敷きつめられているので座り心地は悪くないです。



小窓が付いていますが、明かり取りの役割が主なのでしょう。

角度的に外の景色はよく見えません。


20180526110356277.jpeg 




しかしこの船室には、これまでのボートにはなかったものがありました。



ジャジャーン!!



簡易トイレ


20180526110405147.jpeg 



これは貴重です。


サイズは30cm × 30cmくらい

小柄な女性なら余裕でお座りできそうです。


満船の釣り船だと隣りのおっさんとお祭りばかりで釣りにならない!


とお嘆きの女性アングラーも、

これなら安心してボートに乗れますね。

○ンチを大放出したシーバスもここに連れてくればよかった。



使用後は誰が洗うんですかね?

本人だろうな、やっぱりww





201805261104357f5.jpeg 



波のないベタ凪状態ならゴロンと横になって昼寝できそうな船室ですが、

今は10m以上の逆風に向かって航行中。

揺れが半端じゃない

宙に浮いた体が床に叩きつけられる、の繰り返し。

波を被ってずぶ濡れになるよりはマシ、と思って我慢しましたが、船に酔う体質の人ならアウトだったでしょうね。




北上はしたものの、どのポイントもシーバスの反応はポツポツ。
(でもおじさんは釣れない)



20180526110425870.jpeg 




最後のエリアで一か所だけ好反応のポイントがあり、



グイッ!




12:14


20180526110416d0a.jpeg 



サイズは45cmくらい




12:30に納竿、帰港しました


強い北風を抜きにしても厳しい釣行でした


ナイスショットは何本も決まっていたのに


結果的にキャッチ出来たのは2本だけ


でも他のメンバーは10本前後キャッチしていたので


ポツポツキャッチの差が出たんでしょうね


おじさんも頑張ってあれこれ試してみましたのですが


努力は最後まで報われませんでした・・・



なーんてウソ


釣れないので後半は昼寝ばかりしてましたね ww


釣れる時に釣ればいいや


どうせシーバスだし


なんて思いながら・・・


この向上心の無さが釣果の差に繋がっているんだろうな




と言うことで



次回も



誰でも釣れる



活性が高いポイントで



シーバスゲットだぜいっ!





燃え尽きて、あしたのジョー状態のNさん

201805261104450c2.jpeg 


これくらいやり切らないといけないんだろうな ww


忘れ去られた釣行② の巻


201805211342593bb.jpeg 



5月12日 晴れ(中潮) 市原市海釣り施設

4時過ぎに現着。

順位は・・・忘れた

すぐ後ろにMさんが並んでた。コウイカ狙いだとか。


おじさんもこの日はコウイカを狙うつもりでした。


足下にエギを落してシャクリながら、

ルアーをキャストしてシーバスを狙う

の二刀流で。



6:03

20180521134315cd8.jpeg 


ヘルティックで39cmのセイゴちゃんが釣れました。


しかしシーバスの反応はこの一発だけ

コウイカなんてカスリもしません。


暇なので北側に行くと、投げ釣り師さんたちがイシモチを狙っていました。


20180521134401449.jpeg 



多い人で10本近く釣っていました。

おじさんもコウイカとイシモチのどっちを狙うか随分悩んだんですけどね。

次回はイシモチ狙いにするつもりです。



20180521134344695.jpeg 



クロダイはベストシーズンみたいで結構上がっていました。


シーバスも何故か柱に付いていて、岸ジギでのバイトは多かったそうです。


まあ、ボウズにならなくて良かった、くらいの感想しかありません。



10時半に納竿


カレーヌードル食べて、とっとと帰りましたとさ



201805211344198f4.jpeg 


あれ? シーフードヌードルだったけかな?



忘れ去られた釣行① の巻

5月1日の真鯛ゲットのおかげで、4月29日の釣行の記事をアップしていませんでした。

忘れていた訳じゃないんですけど貧果だったもので・・・


備忘録としてアップするので読み飛ばして頂いて結構です。



20180502133730c75.jpeg 



4月29日 晴れ(大潮) 木更津ボートゲーム

メンバーはテル船長、Nさん、ADBさん


最初は夜明け前に出港して近場のポイントを攻めたけど

先行者が撃った直後で反応なし

20180502132906b33.jpeg 



夜が明け、辺りが白みだしたので、いつもの駆け上がりまで南下

20180502133709cd1.jpeg 




サバのナブラが立っていて

ビッグバッカーかなんかで2本くらいキャッチ

2018050213375627f.jpeg 




ナブラが終わったので北上して穴撃ち

20180502133814b28.jpeg 



どこもかしこも反応が弱くてキツい中



9:56

20180502133920bda.jpeg 


30cm半ばくらいのアイナメを、PB20でキャッチ。

こいつは持ち帰ってカルパッチョにすると言ったら、皆んなが「パッチョ君」というあだ名を付けてくれました。



スマホの写真フォルダを見るとキャッチできたシーバスは2本


11:08

20180502133943778.jpeg 

何センチくらいだろう、そんなに小さくはないみたい。



12:18

20180502134031820.jpeg 

ビーフリで釣ってたのか・・・

50cmはありそうだな。




20180502134052c77.jpeg 



納竿は14時を過ぎていたと思います。

釣果はサバ×2、シーバス×2、パッチョ×1


ナイトゲームがショボかったのが誤算だったかな



次回(5月1日)は南下してタイラバの予定


もっと厳しい状況になるだろうな


と、この時は思っていたのですが・・・



20180502134005701.jpeg 

フフフ・・・


GWが近いというのに・・・ の巻



開園前


久しぶりにお会いしたSBZさんが


自作ロッドを作った話をうかがっていました


材料費だけで2万5千円くらいかかったそうですよ


ロッドのディップやパッド部分はもちろんのこと


ガイドやリールシート


コルクやEVAのグリップ


飾りのテープなどなど


1つ1つのパーツを積み上げていくと2万5千円になるとか




材料費の話でびっくりしてしまいましたが、


ブランクはカーボンの巻き方によって背中とおなかがあるとか


ガイドの取り付け位置の調整方法とか


興味深いお話をたくさんお聞きすることができました



自分で修理したロッドで釣っただけでも嬉しいんだから


スクラッチのロッドで釣ったら最高だろうなぁ



と想像しながらも


2万5千円あったら



一流メーカーのエントリーモデルのロッドを2本買うだろうな



と確信するおじさんでした




2018042306562014b.jpeg 




4月21日 晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


4時15分現着。順位は4番。


今日は11時くらいから南風が強くなる予報。

なので朝一にサクッと釣った後は、

ブリパック持って大原組と合流しようかな?


なんて自分勝手なこと考えてました。





20180423065640380.jpeg 
海は釣れなさそーなベタ凪でした




6時開場とともにTKKラインに行くと、

先に入っていたSBZさんとターキーさんが


足下にシーバスが群れてる!


と騒いでいます。


見るとターキーがジャークしているヘルティックにシーバスが数匹付いていました。


しかしチェイスばかりでバイトまでいきません。


おじさんもヘルティック、シンペン、ジグと

色々と試してみましたがノーバイト。


3人の中ではSBZさんがショートバイトが数回あっただけ。


魚はいるのに釣れない


こんな時間が20分くらいあったでしょうか?

やがてシーバスの群れはどこかに行ってしまいました。



あと1時間開園が早かったら違う結果だったかも知れませんね。




20180423065650b4b.jpeg 
釣れないのにお客さんは多かったです




その後、魚の気配がすっかりとなくなり


ベンチに座ってラインばかりやっている


超マーヒーな時間が過ぎて行くのでした・・・・




20180423065703b08.jpeg 




こ、こちら浜田のYZです・・・

撃沈されました・・・

みんな、靖国で会おう・・・

グフッ ・・・・・・・・・・




木更津のテル船長です

メ、メバルしか釣れません!




こちらは大原のNです

敵のベタ凪攻撃が強烈です・・・

TKKさんが一発くらったみたいで意識がありません!


あ、居眠りか・・・




房総半島全体の戦局が厳しいことを理解したおじさんは

9時過ぎに超早めのカップヌードル昼食

10時前に桟橋に戻りましたが、予報より早く南風が強くなったので、

ターキーに後を託し、撤収したのでした。



201804230657244bd.jpeg 




毎年GWは釣れないのですが、


既にその傾向が始まっているようです


先が思いやられますな


アングラーの皆さん


この時期、釣りはいったんお休みにして


家族サービスに勤しむべきなんじゃないでしょうか?


・・・・


・・・・


・・・・



賛同者はゼロですね www


了解しました ww




ということで



次回こそシーバスゲットだぜいっ!




2018042306571213a.jpeg 
いい潮目が出来てたんですけどね

SBZさん、次回こそNewロッドに入魂して下さいね!!




ナイトゲーム&ボイルで爆! の巻


おじさんが勤めている会社では


月曜日朝の朝礼で、持ち回りのスピーチをやっています


スピーチのテーマは自由なので、


ほとんどの人は最新の業界情報や、仕事で気が付いた事、


休日の過ごし方や趣味の話などを軽くするのですが、


先日スピーチした若手女性社員(外国籍の人)のスピーチは、



「シリアに対する英米仏による空爆について」


母国語なまりで空爆を行った国々を批判するとともに、


シリアの化学兵器使用についても熱く批判していました


月曜日の朝からヘビーなスピーチを聞かされたおじさん達は、


たじろぎつつも、パチパチパチと拍手をしたのでした



来週のスピーチはおじさんの番なのですが、


いつもする釣りの話を絡めながら



釣果を上げるには鳥山を見つけるのが一番


今期の予算達成はかなり厳しいから


みんなで鳥山を探そう!



っていうスピーチをしようと思っていたのですが


やめといた方がいいですかね ww




20180416064101c2e.jpeg 




4月14日 曇り(大潮) 木更津ボートゲーム

メンバーはテル船長にNさん、Fさん。


日の出より1時間早い4時に出港


久しぶりのナイトゲーム(早朝だけど)、

シーバスの活性が高い暗いうちにサクっと釣って、

全員でボウズのがれする作戦です。



10分くらいで近場のポイント着。

港内のあちこちに設置された照明が、

くっきりとした明暗を作っていてとてもいい感じ。



20180416064051890.jpeg 




果たしてシーバスの反応は?



期待通りの好反応!



ルアーの着水と同時にシーバス達がボコボコとバイトしてきました。

たぶん全員が1投目でヒットしたと思います。


サイズはセイゴクラスが多かったかな。

一気にぶっこ抜いてカウントし、即リリース。

日の出まで1時間ないですからね、写真撮ってる時間がもったいない。



全体的に小さいのが多く、バラシてばかりでしたが、

久々のワンキャストワンヒットが超楽しい!



3本くらいキャッチした後、おじさんは本日デビューの 


DAIWA TATULA SV TW 8.1L


"入魂テスト” をすることにしました。


とてもイージーな状況だし、この後は釣れるか分からないから、とりあえず入魂しとくか、

なんてセコイことは考えてませんでした、ホントです!



最初はブレーキ調整がキツ過ぎて飛距離が出ませんでしたが、

調整が進むと徐々にルアーが飛ぶようになり、

無事にセイゴを1本キャッチできました。


入魂テスト完了!


スズキクラスだったら "入魂” にしたのにな

なんて考えてませんでしたよ、ホントに。



夜が明け、あたりが白み始めるとともに時合いも終了、

楽しいひと時でした。



20180416064111f46.jpeg 




その後、ボートは富津方面へ南下。


潮位が高い時間帯なので、オープンエリア中心に攻略することになりました。




20180416064125f0c.jpeg 




20分ほどして駆け上がりのあるポイントに近づくと、

鳥たちの動きが変な事に気が付きました。

どうも海中に何かいるみたいです。



しばらくすると鳥たちは、小さな鳥山を形作るようになりました。

そして海の中へ次々とダイブ!



20180416064149ccd.jpeg 




魚探にもベイトの群れやシーバスらしき反応が!!

一瞬見えたナブラの正体はカタクチイワシのようでした。



シーバスがちゃんとベイトを追っている


これはチャンス!



ルドラやビッグバッカー、ビーフリ等、みんな思い思いのルアーをキャストし、総攻撃の開始です!




6:03


20180416064138dcc.jpeg 



サイズは50cm台後半くらい。

ボトムから巻き上げたビッグバッカーにヒットしました。



その後も鳥たちが次々と集まり、鳥山がどんどん大きくなるにつれ、


他のプレジャーボートやジギング船も現れて、あたり一帯が活況を帯びてきました。




そして



直後に起こったのが



 大ボイル大会!!!




20180416064217c1d.jpeg 




あちこちでボイルしまくるシーバス!


まるでボートの周りを覆うように


いや、ボートなんて我関せずで


目の前3メートルくらいでもガンガンボイルしてました



ビッグバッカーで上層を流すと即バイト


ボートの上ではダブル、トリプルヒットの連発です!



7:10


201804160642275e4.jpeg 



まるまるとしたシーバス、サイズも60cm近い!




こんな高活性状態


ビッグバッカーだけじゃ面白くないと


テル船長はホッパーで


おじさんはシンペンでのヒットを狙います




ボイルした辺りにシンペンをキャストし


2、3回トゥイッチした後に


ゆる~く引いてくると




グイッ!



っしゃー ヒットぉーっ!!!




7:39


2018041606423768d.jpeg 





くうぉれは楽しいっ!



楽し過ぎる!



これまでの釣行の中でも

3本の指に入るくらい楽しい!





20180416064204be9.jpeg 




8時過ぎに時合い終了

たくさん飛んでいた鳥たちは、

いつの間にかいなくなっていました


それにしてもあの大ボイル大会

夢の様ような時間でしたね





その後は時間がたっぷりあったので、北上して穴撃ちを堪能



する予定でしたが、



このラインを越えると



201804160643017da.jpeg 




いつもの渋ちん釣行となるのでしたww




14時納竿


本日の釣果は14本


バラシも多かったですが


時合い中にベイトタックルの練習したり


シンペンで遊んだりしたので


これくらいが限界ですかね




つうことで



次回もシーバスゲットだぜいっ!




201804160642476b6.jpeg 

あっ、Newベイトタックルは正式に入魂しましたよ!



Page top