キャスティングでタチウオ爆釣! の巻

すいません


夏風邪をひいてしまいました


三連休後半からボンヤリしちゃって



なので今回も簡単にいきます




20170718200849a4d.jpg 



7月16日 晴れ(小潮) 木更津ボートゲーム


5時出港12時帰港予定。

メンバーはテル船長にNさん。そして初めましてのS君。

S君は大学院生で、おじさんの娘より年下。

何か変な感じです、好青年だったから良かったけど。



20170718200915c24.jpg 




今日も狙いはタチウオ。

ターゲットにする遊漁船も増えてきたそうです。これからが本番ですね。




波風は多少あるものの、釣りに影響が出るレベルはありません。


201707182009041c0.jpg 



夏なのに空気は澄み、富士山が良く見えます。

そう言えば関東地方の梅雨はどこへ行っちゃったんでしょうね?




魚探の反応がないので、いつもの駆け上がりはスルー。

ボートは一気に第二海堡へ。




5:21 第二海堡着

20170718200930cc5.jpg 




タチウオ船団が出来るまではいつもの時間つぶし。



他のメンバーはシーバス狙いでしたが、おじさんはサビキでアジング。

最初はカタクチイワシしか釣れませんでしたが、開始10分ほどで小型のアジをゲット。



そして直後に


5:38

20cmくらいのメバルをゲット。


20170718200941573.jpg 



根魚なのでギリギリのキープサイズです。



ちなみにS君は50cmくらいのシーバスをキャッチしてました。

テルおじさん、Nおじさんを差し置いて w


若さっていいなあ ww




海堡の南側に移動すると、数隻のプレジャーボートが暇そうにしてました。

20170718201006825.jpg 




タチウオはまだ釣れていない様子です。


7時を過ぎるとあちこちから遊漁船やって来て、船団を形成し始めました。

時間が経つにつれ、船団の規模は大きくなり、航路の側まで広がっていきます。

水先案内のタグボートが警笛を鳴らしますが、少しでも良いポジションを取ろうと船団も必死です。


 
巨大タンカー VS タチウオ船団

2017071820101936a.jpg 



しかし船長達が体を張って頑張ってる割には、どの船も釣れている様子はありません。

魚探にタチウオの反応はあるものの、活性は低いようです。

小潮で潮の流れが弱いからでしょうか?



この後、釣れない時間が続きました。



20170718200953373.jpg 




9時過ぎに船団の一部が北上していくのが見えました。


どうやら他のエリアでタチウオの群れが発見されたようです。


これは追跡するしかありません。



20170718201006825.jpg 



ところが


やっとこ船団を追いかけて、着いたのはなんと富津沖。

水深は10数メートルしかない浅いエリアです。


いくらタチオウが夏に浅場に移るとはいえ、こんな浅いところに?


最初は半信半疑でした。


誰か釣るまでサビキのアジングでもしてようかな?

と思いながら周りの船の様子をうかがっていると、

ポツポツとタチウオをキャッチしているのが見えました。

サビキなんてやってる場合じゃありません。



20170718201030131.jpg 




水深は15m前後。


こんな浅場でジギングの様なバーチカルな釣りしてるなんてもったいない。


ビックバッカー80をキャストし、やや大き目にリフト&フォールさせながら広いエリアを探ります。



そして



9:56

20170718201105def.jpg 



指3本ないリリースサイズでしたが本日の初キャッチ。


口にフッキングしてますね。

ちゃんと引きましたよ。




その後はバラシもありましたが、約2時間で合計10本キャッチ。


全てビックバッカーで、一旦ボトムに落した後にリフト&フォールさせるとバイトしてきました。



20170718201115ea5.jpg 



活性はかなり高かったと思います。

着水後のフォールでも数回バイトがありました。


フッキングしたのは殆どがリアフック。

ちゃんとルアーを追いかけて、後ろから喰いついたのでしょう。



しかしサイズはMAXで指3本くらいの小型ばかりでした。

釣れないよりは全然マシですがね。



2017071820112517a.jpg 




予定の12時をちょっとオーバーして納竿。


本命のタチウオがツ抜け出来たので、久々にGoodな釣行でした。



でももう少し粘りたかったかなー


Nさんがドラゴン釣るの見ちゃったんですよねー


ずっと大人しかったのにラスト直前に釣るんだもんなー www



20170718201136c2b.jpg 




次回のボートゲームもタチウオ狙いになると思います



今回みたいにたくさん釣れるといいですね




でも




本当は



もっと大きいタチウオをゲットしたいぞっ!





アジとタチウオのハイブリッドなめろーです。ちょっと残念なお味でしたww

20170718201159364.jpg 

早く風邪を治さないとなー


シーバスはゲットしたが・・・ の巻


土曜日の市原はイシモチが大爆釣だったので


日曜日は投げ釣り師さん達が大挙して押し寄せるだろう


そう予測して3時着を目標に家を出ました



出発して5分くらい、環七の長い陸橋(2車線の右側)を走っている時でした。


おじさんは安全運転派なので、一般道の巡航速度は夜間でも60kmくらいです。


10mほど前には軽のワゴン車が同じ60kmくらいのスピードで走行していました。



しばらくすると軽のワゴンが左車線に移り、車線を譲ってくれました。


特に車間距離を詰めた覚えはありません。


でもまあ、譲られた以上は先に行くしかありません。


同じ60kmで走る車が左右の2車線を塞いだら、深夜のガラ空き環七では後続の車に迷惑ですからね。



軽のワゴンを追い越す際は、瞬間的に70kmくらいは出したと思います。


あまりスピードを出したくなかったんですがね。



追い越した後は左車線に移動し、後ろに付いていた後続車に車線を譲りました。


そしてそろそろ巡航速度の60kmに戻そうと、バックミラーを覗いてみると



そこには赤色灯を点灯した車が・・・



201707030656307f9.jpg 



7月2日 曇りのちピーカン(小潮) 市原市海釣り施設

3時20分現着。順位は15番。

途中のロスタイムは20分か・・・


前に並んでいるのはヘチ釣り師さんと子連れファミリーが2組。

そしておじさんの後ろには重装備の投げ釣り師さん達が5,6人・・・



ほんとはイシモチ狙いだから千葉側の先端に行きたいんですけどね。

でも重装備投げ釣り軍団も千葉側に陣取るだろうし。

みんな立派な投げ竿で30号くらいの錘をぶん投げるんでしょうね。

おじさんはMLのルアーロッドだから投げられる錘は8号が精一杯。

そんなチョイ投げ装備で重装備軍団に囲まれたら・・・



このハゲーっ!


とか怒られちゃうのか、なー


おじさんはハゲてないんだけど、なー




いつものTKKラインに入ります。


20170703065643592.jpg 


忖度した結果、千葉側先端は重装備軍団に譲りました (T_T)



しかし予想通りシーバスの反応はありません。

シーバスは釣れなくても、ワカシかカマスが釣れるといいんだけど。



桟橋ではカタクチイワシが上がり始めました。

20170703065659990.jpg 



子供たちの歓声が楽しい気分にさせてくれます。


いいなー

おじさんもちょっちやってみるか



30分ほどカタクチイワシングをやって20匹ほどゲット。

晩酌の肴にでもするか。



2017070306572059f.jpg 




再びルアーフィッシングに戻ります。


既に日は高く、日射しは眩しくなっています。

カタクチイワシは低層から中層付近で釣れていました。

ピーカンのデイゲームでベイトがカタクチイワシといったら、投げるのはブレードしかないでしょう。


湾ベイト29gをボトムに落とした後、軽くリフト&フォールさせながら中層付近を誘います。


攻め方が正しかったのか、ジョイクロセイゴがバイトして来るようになりました。

しかし相手はジョイクロセイゴ。

ヒットしてもエラ荒い一発でバレてしまいます。

2時間くらいの間にショートバイトが2,3回でバラシが4回。



反応があるうちに何とかしないと



ちょっと焦り始めたころ




ゴンッ!



久しぶりのまともなアタリ。


引き方も先ほどまでと明らかに違います。



ジジッとドラグがなった後、シーバスがエラ洗い!



ジョイクロじゃない!!



っしゃー!



バレるなよ~





8:58

20170703065754dc6.jpg 



サイズは47cm


ボートゲームなら小さい方だけど、ここ市原じゃ中の上くらいのサイズです。


公園で久々に“やった感”を味わいました。



201707030657371d7.jpg 




10時を過ぎるとジョイクロの反応すら無くなりました。

暇になったので千葉側先端付近を視察。重装備軍団は半分くらいになっていました。

イシモチの釣果は10匹くらいから伸びていません。

前日と様子が違うようですね。



釣り桟橋はファミリーで大賑わい。


20170703065805b0c.jpg 



今日はカタクチイワシが釣れているから良かったですね。



11:30

早めの昼食の後は、隙間ができた千葉側先端に移動


午後はイシモチ狙いに専念します。



20170703065841ce0.jpg 



しかし重装備軍団が釣れなかったイシモチを、チョイ投げおじさんが釣れる訳がありません。


反応もなく、エサのアオイソメも減らない状況が続きます。



2017070306581647b.jpg 
※相変わらずな漁師さん




11:58

大原遠征チームより玉砕の連絡。

あちらも厳しいねー

9連敗の方もいるんですよ

でも9連敗なんてまだまだです、おじさんは一昨年12連敗しましたから。

藤井四段なんて29ですよ!

あ、あっちは連勝か ww



そんなおじさんも、やる事といったらカタクチイワシをキャッチ&リリースするくらい。


こりゃ夕マズメまでもたないな。



201707030659009e6.jpg 




15時30分納竿。

やっぱ無理でした。

明日は仕事だし無理してもね。




結局釣りたかったイシモチは釣れなかったけど


47cmのフッコを1本獲ったし、


ファミリー達の人間観察もたくさん出来たし、


海釣り公園に来たかいはあったかな。




*****************




赤色灯が激しく光った後は


サイレンとともにマイクで何か叫んでいるのが聞こえます


どうせ陸橋を降りたら左に寄せて停まって下さい


って言ってるんでしょ




雨が降っているのに釣りに行かれるんですか?


ええ、朝には止む予報なんで


だから急がれてたんですかね?  でもちょっとスピードが出ちゃいましたね。


なんキロくらい出てました?


72kmです。制限速度が50kmなんで22kmオーバーですね


そんなに出てましたか。60kmくらいで走ってたつもりなんですけどね


環七は制限速度50kmですよ。


知ってますよ。だからいつも60kmくらいで走ってるんです。


・・・・・。



別れ際


青キップなんで2カ月で点数は戻ります。それまでは違反しないように気をつけて下さいね。今日は他にも覆面が2台走ってますから。


ええ、60kmくらいまでにしておきます。


(根負けしたように)確かに65km以上出てなければ捕まえませんけどね。




その後は国道も京葉道路も


ずっと左車線を走ってました


国道は64kmまで


京葉道路は74kmまで


2ヶ月間は我慢するしかありません (T_T)




そう言えば今日は都議会議員選挙の日



釣りファーストだったので選挙には行きませんでしたが



都民ならスピード出してもいいよ、っていう



「都民ファストの会」があったら




1票入れたのに、なー




カタクチイワシは脂がのってなくてイマイチでした

201707030659104ee.jpg 

やったねYちゃん! の巻


ボートメンバーの中に


海釣り公園の重鎮YZさんという方がいらっしゃいます


海釣り全般がお好きなようで、


ルアーはもちろん、エギングやふかせ釣り、へち釣りなんかもやられます


最近は大原ジギング教にも入信されました。



ボートに持ち込む装備も


メインのタチウオ、シーバス用のルアー以外に


タイラバやエギ、タコ用の仕掛けなど多種多様です。



今回のボートゲームでもチヌ(黒鯛)を釣ると言って


スピニングタックルで、


チヌの落し込みの仕掛けを


バースの柱の間に投げ込んでいました。



ははは


そんなんで


警戒心の強いチヌが釣れるわけないでしょ


と、おじさんは内心笑いながら見ていたのですが・・・




201706262218095e9.jpg 




6月24日 晴れ(大潮) 木更津ボートゲーム


6時出港14時帰港予定。

メンバーはテル船長にYZさん。

もう一人乗る予定だった方は寝坊されたそうです。



今日は比較的穏やかな予報ですが、その分、気温は上がりそう。


2017062622182569b.jpg 



いつもの駆け上がりで空振った後 (T_T)、第二海堡に向かいます。

メインターゲットは今日もタチウオです。



20170626221836e0b.jpg 




7時過ぎに第二海堡到着。


2017062622190726a.jpg 





魚探の反応が弱いので、最初は各々好きな事をやっていました。

テル船長はシーバス、YZさんはタコ、おじさんはサビキでアジ狙い。

同じボートの上で釣りをしているとは思えません ww



20170626221855ba7.jpg 




前回訪れた時よりも赤クラゲの数は減っていました。

それは良かったのですが魚の反応も激減。

1時間ほどアジングをやったのですが釣果は小アジ1匹のみでした。




8時過ぎ


第二海堡の南方沖合いにタチウオ船らしき船影がちらほら見えるようになりました。



20170626221921336.jpg 




近づいてみるとお客さん達がガシガシとジギング中。


水深は40~50mくらい。魚探の反応もかなり良いようです。



20170626221935918.jpg 



1年ぶりのチャンス到来か!?

と、全員ジグを装着。


おじさんはお財布にやさしいダイワの鏡牙100gでジギング開始。

とりあえずワンピッチで巻き上げていきます。


すると・・・



スッ


・・・・


・・・・


ジグの重みが急に無くなりました。


巻き上げてみるとリーダーの真ん中からスパッ!


・・・・・


・・・・・



タチウオはこれが怖いんですよねー


さよなら鏡牙100g (T_T)

さよならSZKさん自作のアシストフック  (T_T)



タチウオのアタリは取れなかったけど存在は確認出来ました。

他のタチウオ船も集まり出し、船団は往時の3分の1くらいの規模になりました。

お客さんの殆どはジギングでタチウオを狙っています。


20170626222001573.jpg 



しばらくすると目の前のタチウオ船で連発している方が見えました。

その人は周りのお客さんより明らかに大きなシャクリをしています。



あれだっ!



さっそくマネをするボートチーム


そして・・・



8:58

ボートチームの今シーズン初キャッチはYZさんでした。


201706262220130f2.jpg 



いやあ~ さすがです!


さっきまで大あくびしてたのに ww


でもやったね、Yちゃん!




しばらくしてテル船長も1本キャッチ。



おじさんも一瞬あせりましたが



9:53


20170626222040397.jpg 



指3.5本くらいかな?


いや~ 良かった良かった

いい仕事するねぇ、庶民の味方、ダイワ鏡牙80g!!



その後もタチウオ船団に付いて行きながら追釣を狙います。



201706262220515c3.jpg 



11時半くらいまでやっておじさんはトータル3本でした。

最後の1本はタチウオというよりナイフウオみたいなサイズだったのでリリースしましたが。



その後はタチウオの反応が弱くなったので再び第二海堡に戻りアジング。


31cmのグッドサイズを1本獲りましたが後が続かず再び移動。



20170626222132418.jpg 




いつもの駆け上がりで空振った後 (T_T)、


アジ狙いでとあるバースへ。



テル船長の話では、このバースではアジ釣り狙いのボートを良く見かけるそうです。



ところが・・・


このバースにはアジよりもっと目立つ存在がいました。



チヌです。



柱周りの表層付近に


チヌ達がワラワラと泳いでいるのが見えます。


バース全体で100匹くらいは見たでしょうか


おじさんはこんなに多くのチヌを見たのは初めてです。



201706262221435be.jpg 




そして冒頭のシーン。



YZさんがイガイの仕掛けをキャスト


鼻で笑うおじさん


何かを感じたのか、思いっきり合わせを入れるYZさん!


弓のように大きくしなるロッド



出たーっ!



30cm台でしょうか、そんなに大きくはないですが、とてもきれいなチヌでした。




そのバースは柱の列が4列ほどあったのですが、どの列にもチヌが20~30匹くらい付いていました。


列がスレると次の列へ移動、を繰り返しましたが、その後は1ヒット(バラシ)で終了。


でもYZさんが投げ込んだイガイを、チヌが追いかけるシーンを何度も見ました。


久々に興奮しましたねー



20170626222115513.jpg 



ターゲットはタチウオ


だめならアジ


で挑んだ今回の釣行


それなりに釣れたので


おじさん的には満足でしたが


YZさんは大満足だったんじゃないですかね



タチウオが釣れなくなってからは


大あくびしながら半分くらい寝てたYZさん ww


チヌの大群を見てからは人が変わりましたね



エサのイガイが無くなると


揺れるボートの先端から身を乗り出して


バースの柱に付いているイガイをほとんど素手で採取してたんですよ


ワイルドでしたねー



でも



今回の釣行では一番楽しそうでしたよ




やったね! Yちゃん!



タチウオをかけた瞬間です!

20170626221948815.jpg 



GW最終戦も完敗! の巻


5月6日 晴れ(若潮) 市原市海釣り施設


201705061354437a6.jpg 



4時現着。順位は9番。


GW混雑対策の整理券を今日は配らないとのこと。

理由はそんなに混んでいないからだそうです。

前回来た時(4月30日)より、明らかに人は多いですけどね ww



6時開場とともに木更津側コウイカポイントに入ります。

多分釣れないシーバスを15分ほどやった後は、コウイカ狙いに徹するつもりです。



開場後1時間もすると釣り桟橋はほぼ満員になりました。


201705061355080d5.jpg 



海側は狭い間隔でお客さんが数珠つなぎ状態です。


おじさんの左隣1mには中学生男の子3人衆。


ルアー(ミノーとワーム)とサビキ仕掛けを真下に落として上下させています。


なぜミノーを上下させているんだい?

と聞きたかったけどやめときました。



おじさんの右隣は若夫婦と旦那さんのお父さんの3人。


若夫婦はサビキ釣り。


お父さんはちょい投げ釣りをやっていました、

おじさんの右、50cmのところで・・・


おいおい、いくらなんでも近すぎですよ。

と言いたかったけどやめときました。



10時を過ぎると南風が強まり、沖合いに白波がたつようになりました。


20170506135520976.jpg 



風は強いし、混んでるし、

あ、言い忘れましたが魚やコウイカのアタリは一切ありません。



11時に納竿。

5時間もよく粘りました。


20170506135457aa8.jpg 



今年のGWは4戦して0勝4敗。


覚悟はしてましたけどね


しかし


GWってほんとーに釣れねえなあ・・・



おしまい



2017050721472367e.jpg 



GW第三戦は惜敗! の巻


5月4日 晴れ(小潮) 木更津ボートゲーム


2017050418034180c.jpg 



5時30分出港、12時帰港予定。

出港時間が遅いのは、皆さん連戦続きだから。

メンバーはテル船長(中一日空けて5連戦中)

YZ(ついに大原教入信)さんと

Nさん(6連戦中!)


GWと言うことで皆さん釣り三昧。

口を開けば「疲れた疲れた」と。


誰に頼まれた訳でなく、誰に命じられた訳でもないのに。

皆さんGWが終わったら会社でじっくり体を休めるつもりなんでしょう。



20170504180353b52.jpg 



疲れるのは連戦続きだから、だけではありません。

おじさんを含めた今回のチーム編成、おそらくこのボートで編成される最高齢チームでしょう。


全員おじさん、平均年齢は大台超え・・・



そんな満身そういの「チームヒフティ」を乗せたボートは南風に乗って北上し、海ほたるへ向かいます。


2017050418040439c.jpg 



しかし30分ほど流したものの、全員ノーバイト。


ポイントを移動します。




目指したのは沖合いのメジャーポイント。



20170504180431dcf.jpg 




メジャーポイントらしく、2隻のボートが先行していました。


先行者に叩かれまくっているのでは?と心配しましたが、テル船長、Nさん、YZさんと連続ヒット。

エンジンがかかったテル船長とNさんは2本、3本と釣果を伸ばしていきます。

サイズも60cmクラスが揃っていました。



しかし何故かおじさんにはアタリすらありません。


水深が20m位のポイントなので、30~40gのジグを中心に、

柱の際やストラクチャーの奥を攻める、


他のメンバーと全く同じことをやっているのに何故なんだ?



初バイトがあったのは30gのコアマンゼッタイにルアーチェンジしてからでした。


フォール時のショートバイトの後、同じ所にキャストすると初フッキング!

エラ洗いされてバレましたが、ヒットルアーが判明しました。


さあこれから!というところで無念の警戒船接近。

沖合いポイントを離れることになりました。



あと10分早くゼッタイで攻めていれば・・・




後ろ髪を引かれつつ、ボートは穴撃ちポイントに向かいます。



2017050418045080b.jpg 



日々厳しさを増していく穴撃ち。


今日もかなり厳しいだろうな、と思っていたら、ややgoodショットをしたアーマードバイブにバイト。

この時は乗りませんでしたが、すかさず同じところにキャストすると今度はフッキング。



8:06

20170504180507d40.jpg 



45cmくらい。


とりあえずボウズはクリアしました。


その後もショートバイトが数回あり、追釣出来るかな?と思っていましたが、浮遊するアマモが多く、釣りにならなくなりました。


せっかく活性の高いポイントだったのに、このアマモさえなければ!




再度ポイントを移動。



201705041805234f3.jpg 




この辺りにも他の穴撃ちボートが。


そこからはポイントの奪い合いとなりました。


先回りしたつもりでも、叩かれた後だったかも知れません。


ポイント移動を繰り返す、渋い状況が続きました。




20170504180535377.jpg 




しかしどのポイントも渋い状況は変わりません。


バイトすらない状況が続きます。


やる事と言えば根掛かり覚悟で柱の際を攻めることだけ。


こんな時はダイソージグだな、とロスト必至の大胆攻撃を開始。



9:59

20170504180550725.jpg 



サイズは50cm前後。


やるじゃん、ダイソージグ!


と思っていたら、


更に高級食材をキャッチ!



10:07

201705041806023e1.jpg 



30cmくらいのナマコ。


一瞬、持ち帰りを考えましたが、捌く自信がなくリリース。



残念ながら直後にダイソージグを根掛かりでロスト。

そりゃそうでしょうね、あんな攻め方してたら。



最後に向かったのはアマモ地獄だったポイント。

期待通り、強まった南風がアマモを隅に追いやっていました。



おじさんはここでは早々にヒットルアーを絞り込むことが出来ました。


イワシカラーのブレード。


こいつをバースの奥や柱の間に通すと、かなりの確率でバイトがあります。


しかしショートバイトばかり。


バイトがあるのに乗らない、いわゆる「悶絶バイト」の繰り返しです。


10回くらいの悶絶バイトの後、ふとルアーをチェックしてみると、

フックが異常な角度に開いていました。

乗らない理由はこれでした。


連続してバイトがあったことに浮かれてしまい、こんな初歩的なミスをしていたとは。


プライヤーで応急処置してキャストすると、今度はちゃんとフッキング!

しかし刺さりが弱かったのか、エラ洗い一発でフックアウト。


再び曲がるフック、

プライヤーで応急処置、


こんなことを繰り返しているうちにタイムオーバー。


フックの異常にもっと早く気付いていれば!



2017050418061868b.jpg 




もっと早くゼッタイで攻めていれば!

アマモさえなければ!

フックをちゃんとチェックしていれば!


たら、れば、を言えばキリがないのですが、

この積み重ねが、非常に悔しい結果につながってしまいました。



そしてもう一つ



こいつを捌く度胸があれば!



201705041806023e1.jpg 


Page top