釣り場紹介:市原市海釣り施設 の巻 その2


ふと過去の記事を読み返していたら釣り場紹介なんて記事がありました。


いや~このカテゴリーをすっかり忘れてましたね。


初めは連載記事にする予定だったので、記事用の写真もそれなりの数を撮り溜めていましたし、下書き状態の記事も何本かありました。

大黒や本牧海釣り公園の下書きなんかもあったんですがね。

当時はボウズ記録更新中だったんで、それどころじゃなくなったんでしょうね。


2015011106


でも今はもう大丈夫。

今回は御蔵入りしていたこれらの記事を再生してあげようと思います。

最初の頃の記事なんで文章のバランスも悪かったですしね。

別に今の文章が上手だなんて言ってませんよ、念のため。



ということで「おじさんの釣り場」カテゴリーの第二弾は、

市原市海釣り施設の良いところ、について書いてみたいと思います。

14442117350.jpeg


ちなみに第三弾は市原市海釣り施設の良くないところ、について書く予定ですので、市原市海釣り施設になじみのない方は、早とちりしないように注意して下さいね。


では、良いところスタート


1.駐車場が広い上にタダ

14442114940.jpeg


市原市海釣り施設には85台を収容可能な無料駐車場があります。

駐車場にはスペースも多いので、実際にはもっと多くの車が駐車可能です。なので駐車場の空き待ち、というのはほぼ100%ないと思います。(混雑時の釣り桟橋入場待ちはあります)


駐車料金を気にする必要がないので、常連さんの中には朝まずめが終わるといったん自宅に帰り、夕まずめに戻って来る人もいます。

車で外に出て昼食をとる人も多いようです。株主優待券を持っているマクドナルドまで食べに行く人もいます。


釣りの途中で近くの大手釣り具店に買い物に行く人なんかもいます。

誤って他人のリールを引っ掛けて海に落としてしまい、同じリールを買いに行った人

ロッドを折ってしまい、即行で新しいロッドを買いに行き、且つその日に入魂した人

おじさんも高切れして短くなったPEラインを買いに行ったことがあります。



2.満員でも投げ釣りやルアーフィッシングが出来る

14442116470.jpeg


おじさんが市原市海釣り施設に通う最大の理由はこれです。

本牧や大黒は入場者が一定の人数を超えるとルアーフィッシングなどは終日禁止されてしまいます。

夏や秋の最盛期には1時間もできないようなこともあるそうです。


市原市海釣り施設は、混雑時でも桟橋の両端というエリア限定ではありますが、終日投げ釣りやルアーフィッシングが楽しめます。本牧や大黒海釣り施設も見習って欲しいですね。



3.釣り場に洗い場がある

14442115250.jpeg


おじさんは結構これを評価してます。本牧や大黒も釣り場の入口付近に広い洗い場がありますが、市原市海釣り施設は入口以外にも、長い桟橋の4か所に洗い場が設置されています。

納竿時の釣具の洗浄はもちろん、ムシエサやコマセ、魚などを触って汚れた手を洗うバケツの水を頻繁に交換できるので、洗い場が近くにあると大変便利です。


他にもおじさんが気付いていない良い点があると思います。

記事としてまとめられるようになったら良いところPart2でもやりますかね。


でもその前に、


市原市海釣り施設の良くない点の記事をアップする予定ですwww


最近シーバスがあまり釣れないんですよねー



はい、それは施設のせいではありませんね。



分かってますよ、そんなことは。


釣り場紹介:市原市海釣り施設 の巻 その1

SEO対策の為にはとにかくページ数を増やさないと、と今は頑張って連日のように記事をアップしているおじさんです。

さて、今回は 市原市海釣り施設 のご紹介です。やっと「おじさんの釣り場」のカテゴリーに進出です。

2015011106


この施設はまずその名称からご説明しないといけません。市原市はネーミングライツを導入しているため、市原市海釣り施設の名称は、平成26年6月より5年の間は 「オリジナルメーカー海釣り公園」 となっています。その前は「新鮮市場マルエイ 海釣り公園」でした。ネーミングライツ料金は市原市のHPによると 年額120万円。 レストランのおばちゃんのパート代くらいにはなってますかね。

なお、株式会社オリジナルメーカーさんには大変申し訳ないのですが、おじさんのブログではSEO対策上、施設名称は本名の「市原市海釣り施設」を使わせて頂きます。ご容赦下さい。

市原市海釣り施設はおじさんが一番通っている釣り場なので書くことはたくさんあります。「その1」ではこの釣り場で釣れる多彩な魚たちについてご説明したいと思います。


まずは「鱸」 厳しい時期はありますが、ほぼ通年釣れます。
011510



今の時期、冬につれる魚種は少ないですが「カレイ」。 小物賞を申請したいサイズです。
011504


春から夏にかけて魚種は増えていきます。「カタクチイワシ」 ※下の方です。
011506


キス釣りの外道「ヒイラギ」
011502

春先から秋にかけてつれる 「イシモチ」
011509

「マゴチ」 なんかも釣れます。
011503



夏から秋にかけては 「アジ」
011501


秋のピーク時には 「サバ」
011507

去年は来ませんでしたが例年ですと、ブリの若魚 「イナダ」
011505

去年は多かった 「カマス」
011508


あっ、別にルアーで釣らないといけない、っていうことはないですよ。普通の人はカタクチイワシはサビキ釣りで釣ってます。
Page top