海釣り公園で岸ジギ の巻


まさかねー。

創始者の泉さんでもオヌマンでもない、単なるおじさん、いやシーバス釣るのが下手なおじさんが岸壁ジギングを語ることになるとはねー。

皆さんこれから書くこと信じちゃダメですよ。


まず岸壁ジギングに対しておじさんはこのように理解しています。

・岸壁や垂直状の堤防壁、ケーソンには、それらに付着する海藻や貝類、微生物などをエサにする小魚が付きやすく、小魚を捕食するシーバスなどのフィッシュイータも付近に居付いていることが多い。

・また岸壁以外でも橋脚や支柱などのストラクチャーの影には、日中の日差しを嫌うシーバスが居付いていることが多い。

・シーバスは常に自分より2~3m上層を見ており、上層からの落下物には反射的に反応(リアクション)する。



これらシーバスの習性を利用し、垂直状のストラクチャーに沿って,メタルジグなどの重さがあり水中での落下速度が速い(シーバスに見切られない)ルアーを落とすことで、シーバスのバイトを誘う釣法を岸壁ジギングと言う。


岸壁ジギングは、最低でもシーバスの2~3m以上の上層からルアー落とす必要があることから、水深が5m以上必要と言われていますが、沖桟橋型の本牧や市原市海釣り施設などは水深が10m以上あるので、その支柱は岸壁ジギングの絶好ポイントとなります。

14290065720.jpeg
※こんなところで良く釣れます。


基本的に岸壁ジギングは、リアクションバイトの釣りなので、日中の捕食モードに入っていない(低活性状態の)シーバスに対しても、かなり有効なメソッドです。

ルアーを足下のストラクチャーに沿って落として巻くだけなので、ルアーを遠投したりポイントに正確に投げ込む技術は必要ありません。後で書きますがリアクションを誘うジャークやトウィッチなどのロッドアクションの技術も不要なので、初心者にも簡単にできます。

14263012360.jpeg


それではこれまでおじさんが岸壁ジギングをやってきた中で培ってきたノウハウを、勇気を持って発表いたします。

なにがノウハウだよ、そんなの常識だろ!

って言われるか、

そんなやり方やってっから釣れねえんだよ!

って言われそうで本当は嫌なんですけどね。


支柱との距離に注意

ルアーを落とし込む際は、支柱から離しすぎるとシーバスに気づいてもらえません。かといって支柱に近づけすぎると支柱に付着している貝や海草などにフックが刺さり、根掛りしてしまいます。

おじさんは支柱から30cmから50cmくらいの間にジグを落とすようにしています。潮の流れる方向によってジグが支柱に近づきすぎて根掛ったり、逆に離れすぎたりするので注意が必要です。


岸壁ジギングのバイト

おじさんの経験では、岸壁ジギングではフォール中でのバイトが8割、巻き上げ時のバイトは2割程度です。

フォール中はルアーにテンションがほとんどかかっていないので、バイトの瞬間はとても分かりづらいです。気が付いたらシーバスがかかっていた、なんて良くあることです。でも最初はそれでいいと思います。

慣れてきたらルアーをフォールさせてから何秒で着底するかカウントしておきましょう。それより短いタイミングでルアーがふっと軽くなったり、ラインの放出が一瞬止まったりしたらシーバスがバイトした可能性が高いので、ロッドを煽って聞き合わせしてみましょう。


なるべく早いタイミングで追い合わせを

フォール中のテンションのかかっていないルアーにバイトされるので、フッキングが弱いケースが多いです。バラシ防止のために、シーバスがルアーを咥えて走るのを感じたら一度大きく追い合わせを入れた方がよいでしょう。


着底後の巻き上げは素早く

ルアー着底後は素早く巻き上げましょう。フォール時にバイトミスしたシーバスが、ルアーを追って底までついてくることが希にあります。ルアーの動きを止めると見切られてしまいます。


巻き上げ時にアクションは不要

これは賛否両論あるでしょうね。

船釣りでのジギングは、ロッドを煽りながら巻き上げることで、ジグにアクションを加えてシーバスを誘いますが、ストラクチャーの直ぐ側で行う岸壁ジギングでは、下手にルアーにアクションをつけると根掛かりを招きます。
前述したように、岸壁ジギングはフォールがメインです。ルアーを根掛かりで失うくらいなら、巻き上げ時のバイトは捨てても良いとおじさんは思います。シーバスの活性が高い時は、巻き上げ時にアクションをつけなくてもバイトしてくることもあります。


反応がなければ即移動

岸壁ジギングで一日100匹以上釣ったことがあると言うオヌマンは、

「岸壁ジギングは、そこにシーバスがいれば確実に反応がある釣り方。2~3投して反応がない場合はそこにシーバスはいないので、即移動すべき。」

と言っています。(『岸壁ジギングのすべて 爆る2』 とかいうDVDで言ってた様な・・・)
経験上、おじさんもそう思います。海釣り公園はたくさんの支柱があるので、ダメなら次、といったランガンスタイルが良いと思います。

14290065970.jpeg
※ヘチ釣りのように支柱から支柱へ渡り歩きます。


ジグのセッティング

おじさんは下の写真のようにジグの上下にアシストフックをセットしています。

14292378870.jpeg
※岸壁ジギング専用ジグ コアマン CZ-30ゼッタイ


キャスティング用のジグは下側がトリプルフックになっているものが多いと思いますが、岸壁ジギングで使用する場合、トリプルフックは着底時の根掛かり率を高めてしまうので、おじさんは写真のようにアシストフックに交換してしまいます。根掛かりを少しでも減らすために下側にフックをつけない人もいますね。

下側のトリプルフックをアシストフックに交換する理由はまだあります。

フォール時のイメージ
14292379110.jpeg


巻き上げ時のイメージ
14292379370.jpeg

フォール時、巻き上げ時、いずれのタイミングでもジグの本体にフックが重なっているので、シーバスがジグ本体へバイトした場合、フッキングしやすくなります。

また、力点が複数あって力が分散するトリプルフックより、力が集中するシングルフックの方が刺さりが深く抜けにくい、というメリットもあります。


ドラグは緩めに

キャスティングでのバトルはシーバスの体力を奪いながら距離を詰めていきます。シーバスの強烈な引きは、長いラインの伸びやロッドのしなりで吸収できます。
岸壁ジギングの場合、テクトロと同様まだ体力が十分にあるシーバスといきなり近距離でバトルすることになります。
近距離なのでラインは短くシーバスの引きを吸収できません。バトル開始直後のシーバスは体力があり引きも強いので、ロッドのしなりだけではパワーを吸収し切れず、身切れなどでバラす可能性が高くなります。
バトル直後にベイトリールのクラッチを切ったり、スピニングリールのベールを起こしたりしていったんラインを放出し、シーバスとの距離をとってからバトルを再開する、という戦法を取ることもありますが、予めリールのドラグを緩めておき、バトルしながら少しずつドラグを締めていく、という戦法の方が簡単だと思います。支柱にラインを巻き込まれそうになった場合など、多少強引に方向転換させる必要がある場合は、スプールを指で押さえて逆回転しないようにします。


大変長くなりましたが、まだこの記事を読んでいる方はいらっしゃいますかね。


なぜベイトタックルの方が良いのか?スピニングタックルで岸壁ジギングをやる時のテクニックは?

岸壁ジギングにおけるPEラインとフロロラインのメリットとデメリット



など、まだ書きたいことはあるのですが、もう遅いのでまたの機会にしたいと思います。


あ~疲れた!


Page top