海釣り公園って・・・ の巻


エラ洗い


シーバスは捕食したものを異物と判断すると、海面上にジャンプし、エラを大きく開き頭を激しく振り、遠心力で異物を吐き出そうとします。

シーバスフィッシングの醍醐味として、あえてエラ洗いをさせるアングラーもいますが、バラシの主要因となるので、多くのルアーマンはなんとかこれを回避しようとします。

このエラ洗いをさせない方法があるとしたら


今回おじさんはこの技を開発することに成功しました。


その名は・・・


秘技! U字固め


14409644480.jpeg


シーバスの口と尾の部分にルアーのフックを掛けることで、その体をU字型に固定し、動きを封じエラ洗いをさせない、という技です。

エラ洗いしたくても出来ないシーバスを、「ゴメンネゴメンネー」と言いながらリールを巻くだけでなんなくキャッチできます。


凄いでしょ?


・・・・・


8月30日 曇り時々雨(大潮) 市原市海釣り施設

5時40分頃に現着。

夏休み最後の週末だからか、想像以上に人が多いです。

なのでおじさんはチームNの一員に加わります。すぐ後ろにいたTKH親子さんゴメンナサイ。


スタートは木更津側から。

昨日はセイゴクラスながらシーバスの活性が高かったということで、期待を込めて第一投。

スピンシャイナーをストップアンドゴーしていると


ゴン!


えっ? 一投目から?


それなりに引きますが重さは感じません。

明らかに昨日爆釣したというセイゴサイズ。

このサイズはエラ洗い一発でバレることが多いのですが、ルアーの掛かり所が良かったのでしょう。

海面に浮き上がったところで一気に抜きあげます。


14409642800.jpeg


計ってないですが34,5cmといったところでしょうかね。とりあえずボウズ回避出来て良かった。


その後は同じくらいのサイズがあちこちでヒットしだします。

キャッチとバラシは半々くらい?いやバラシの方が多かったですかね。


セイゴの高活性状態が続きます。

更に良型のサバも混じるようになり、ルアーマンの活性も上がります。

ただ回遊はTKKラインの外側(海側)の方が多かったようで、内側にいたおじさんには「ちょっと飽きるくらいのアタリがある程度」でした。すぐ隣はサヨリストの方々がコマセ撒いてましたしね。


10時頃にTKKライン上にいたNさんが撤収。代わりにそのポジションに入ると・・・


ヘルティックのジャークに激しく反応するセイゴたち。

1キャスト1ヒット状態です。

ヒットしなくてもヘルティックに何回もアッタックするシーバスが良く見えます。


ほぼ連続で4本キャッチしました。

14409643960.jpeg



14409644230.jpeg


サイズは全て30cm台前半。

小さいのばかりだけど釣れるとやっぱり楽しい。



お昼寝後、再び釣り桟橋に立つおじさん。

明日は最後の夏休みを取っているので、今日は徹底的にやるつもりです。


しかしさすがに高活性状態は終了していました。


仕方なく桟橋をランガンします。

千葉側デッキ足元でボイルを発見し、ルアーを通すもバイトせず。

スロープ正面でスピンシャイナーにヒットするもエラ洗い一発でバラシ。


14409644710.jpeg



小雨降り続く中、やることもなくなったのでベイトタックルで岸ジギ開始。

すると千葉側デッキ下でヒット!

かなり強い引きで、やり取りが楽しい。やっぱりセイゴクラスとはぜんぜん違います。


ところが・・・


痛恨のバラシ


う~ん、いけると思ったんですがね。

近くでバトルを見ていたおじいさんも残念がってました。


今のがラストチャンスだったんだろうな、

さすがに時間を置かないとだめだろうと思いながらも同じ柱にジグをポトン。


シャカシャカとジグにアクションを付けながら巻き上げると


グン!


おー来た! 


さっきとは別の固体なのでしょう、とても元気です。

強い力で潜ろうとしてロッドをしならせます。

いなし、巻き上げ、を繰り返し、少しずつシーバスの体力を弱めていきます。


そして・・・


14409644910.jpeg


47cmのフッコでした。

いやー、セイゴのスレ掛かりでなくて良かった。

おじいさんも喜んでくれました。



17時に納竿。

本日の釣果はセイゴ6本、フッコ1本の計7本。


とても楽しかったですね。


たくさん釣れたのも良かったですが、

なにより多くの常連さん達とおしゃべりしながら釣りが出来たのが良かったですね。

14409643170.jpeg


高活性だったルアーチームは勿論のこと、


サヨリチームはウキが傾いたと思って騒いだらイワシでがっかり。

間隔が狭くお祭りもしてましたが、冗談を言いながら絡んだラインを外してました。


クロダイの反応が全くなく時間を持て余していたヘチ釣りさんチームが始めたイワシの泳がせ釣り。

セイゴがヒットするのが目の前で見えるので、みんな子供のようにはしゃいでました。


Nさんから頂いたサバの下処理をしていたIさん。

Mさんから、家でゴミになるんだから頭もこの場で落としなさい、と半強制的なアドバイス。

(渋々)頭を落とすと、巡回してきたスタッフから「何で頭を落としちゃうかなー、これじゃサイズも分からないし写真も撮れないよー」と言われて板ばさみに。

Mさんからはセイゴの頭を取ってくっつけたら?とナイスな追加アドバイスが。


本当に今日はたくさん笑わせて貰いました。

ハンターの様なボートゲームも楽しいですが、

和気あいあいとした公園の釣りも楽しいですね。


14409643420.jpeg


最後にキャッチしたフッコを、近くにいた小学生くらいの兄弟に上げるとご両親が飛んできてメチャクチャ感謝されました。



いやー、海釣り公園って本当にいいものですね!






明暗を分けたのは? の巻


「なんで俺だけ釣れねえんだ!」


そりゃ下手だからでしょ


もちろんそうですね


でもね


今日はそれ以外の理由を発見したんですよ


・・・・・


8月9日 曇り(大潮) 千葉沖ボートゲーム


いつものメンバーといつものポジションで出港

14408692550.jpeg


でもいつもと雰囲気が違うのが分かりますか?

実はいつも乗っている船ではないんです


ちょっとした勘違いで船が変わったのですがいつもの船と最大の違いは

14408693240.jpeg


分かりづらいですが、小さいながらも船室があるのです。


これなら女性でも携帯用トイレなどで用が足せるので安心ですね。

大はヤバいと思いますがwww




曇って日が出ていないとはいえ、8月の気温とは思えないくらい寒いです。

おそらく20℃前後でしょう。


14408693010.jpeg


そして波が荒い。


船酔いするタイプの方ならアウトだったでしょうね。

今日はこの荒い波に終日悩まされることになります。


14408692730.jpeg


最初のポイントは穴打ちではなく、シーバスの通り道狙い

市原でいうTKKラインみたいなところです

ここではノーバイトでしたが、二番目のポイントではそこそこアタリがありました。


1本バラした後にキャッチしたのは

14408693560.jpeg


巨大セイゴ


幸先いいですね~


今日はいけるな!と思いました


この時は・・・



ひとしきり楽しんだ後は南に下ります。

まあここからが本番みたいなものです。


海釣り公園のシーバスの釣果はセイゴのみ。よしよし!

14408693810.jpeg


南に下りながら過去釣果のあったポイントを次々に巡っていきます。


Nさん、テルちゃんともに着実に釣果を伸ばしていきます。


特にテルちゃんはスズキサイズを2本ゲット!

今日は波が荒く操船が難しいので、ほとんどのポイントでテルちゃんが操船していたのにもかかわらずです。


そしておじさんは・・・・


ノーキャッチ・・・


バラし2回とショートバイト数回の、俗に言う「飽きない程度にアタリがある」レベルでした。



明暗を分けたのは「バックハンドキャスト」


ボートシーバスゲームはこれが出来ないと釣りにならない、と言っても過言ではないでしょう。

同行の二人と違っておじさんはこれがまともに出来ません。


バースの入り口までしか届かないルアー

差がつくのは当然です。

これはもう、練習しかないですね。



そして今回発見したもうひとつの理由

14408694080.jpeg


揺れるボートの上でまともに立てない。


ただでさえキャスティングが下手なのに、中腰でばかりキャスティングしていたのでルアーが飛ばないこと飛ばないこと。


なぜ他の人はちゃんと立てるのにおじさんはダメなのか?


これはもう、ここに行くしかないですね。



下手になった? の巻


今年は天候が不順で青潮も多く、苦戦続きだなあ、と思っていましたが、 ターキーさんのブログ を見てビックリ。彼は昨対比で大幅に釣果を伸ばしているじゃありませんか!


考えてみれば天候不順なんて毎年のように口にしていますね。


「今年は暑くてダメだあ~」

とか

去年より青潮が多くない?

とか

北東風が強いからまた貧酸素だ

とか。


去年もこんなことばっかり言っていたような気がします。

でもこれって自分に対する言い訳ですよね。

だってターキーさんみたいにちゃんと釣果を伸ばしてる人がいるんですから。



データーはウソをつきません。

ちなみにおじさんも2012年から日々の釣果をExcelで記録しています。



年初から8月末までのシーバスの釣果を比較してみると


2012年(23) : 17本


2013年(35) : 57本


2014年(33) : 57本


2015年(41) : 40本


カッコの中の数字は釣行回数です。


ね、ビックリでしょ?


おじさんはなんと 下手 になってたんですよ。



ちなみに2012年と2013年はシーバス以外の魚種も結構やってました。

例えばキスは2012年は41匹、2013年は86匹も釣っています。(いずれも8月末時点)



ほぼシーバスオンリーでやってきた2015年。

にも関わらずこのテイタラク・・・。

何がいけなかったんですかね。



おじさんはね、思うんですよ。

余計なことを考え過ぎて、迷宮にはまり込んでいるんじゃないかと。



思えば2009年の夏から始めたシーバスフィッシング。

アタリすら取れず試行錯誤の日々・・・。

根掛かり、高切れでルアーロストを連発してたので、安物のブレードばかり使ってたっけ。



初キャッチは2010年4月18日でした。

hatu


自分にはシーバスは一生釣れない魚だと思い込んでいたので


タモ網に入った時はメチャクチャ嬉しかったなあ




ここはやはり初心に帰るべきでしょう


下手なテクニックでごまかそうとせず


ルアーの種類や色のせいにもしない


もちろん天候のせいにも。



湾ベイトを投げてタダ巻き


3秒巻いて1秒休む



後半戦はこれオンリーで勝負だ!!


77cm


ぐわっはっはー!!!


明日はボートなんで湾ベイトの出番少ないけど




ダブルヘッダー の巻


館山でミイラになったおじさん


帰路、市原に立ち寄りました。


前日はほとんど寝ていないので

帰り道の3割は居眠り運転。

たどり着いたことが奇跡です。



やっぱり疲れているので、市原市海釣り施設に入るのはやめ、外のトイレを借りて帰るつもりでした。


ところが・・・


トイレから出るとそこには休憩中のテルちゃんが・・・


「サイズはセイゴクラスばかりですが飽きない程度にアタリはありますよ。」



8月23日 晴れ(長潮) 市原市海釣り施設

10時半現着。

館山で惨敗したおじさんを、暖かく迎えてくれたのはテルちゃんとターキーさん。

今日もアタリが多いというTKKラインを譲ってくれました。

14403185020.jpeg



ところが・・・


飽きるくらいキャストしてもアタリはいっさい無し!



TKKラインをあきらめ

14403184870.jpeg


あちこちランガンして拾えたのはショートバイト一回のみ。


約1時間半粘りましたが体力の限界となりギブアップ。


帰り道の5割は居眠り運転。



よく無事に帰れたなあ。



リベンジ館山! の巻


先週に引き続き館山攻略です。


シイラも青物もここまで来れば釣り放題!


のはずだった前回


非常に残念な結果に終わりました


今回は陸っぱりですが


定評のある釣り場です


果たしてリベンジすることが出来たのでしょうか・・・




8月22日 曇り時々晴れ(小潮) 館山自衛隊堤防


20時30分現着。

勝負は明朝なのですが、いいポジションを確保するために頑張って早く来ました。


おじさんがここを訪れたのは5年ぶりくらいだと思います。

入り口が分かりづらいので一瞬迷ってしまいました。


ほぼベストポジションを確保した後はひたすら待ち・・・

14402432690.jpeg



・・・・


・・・・


2時間後、Nさん到着。


そして二人でひたすら待ち・・・


・・・・

・・・・

・・・・


ひたすら待つこと6時間!!


やっと夜明けです。

14403183670.jpeg


よーし! 青物釣るぞー!!


シイラも釣るぞー!!



ひたすら待った後は、ひたすらジグをキャストし続けます。


外側にも

14403183870.jpeg


生簀のある内側にも

14403184070.jpeg


そして・・・

・・・・

・・・・

・・・・


轟沈!!



ファミリーでいっぱいだった堤防でしたが


14403184220.jpeg


釣れないので皆さん早上がり。


・・・・

・・・・


本日、唯一の釣果は・・・


ヒラメ狙いのNさんが上げた


14403184480.jpeg


アカエイ だけでした・・・。


ということで・・・


またもや・・・


シイラ捕りがミイラになったお話でした。



唯一の救いは・・・

・・・・

・・・・

14403184640.jpeg


タニシ がたくさん獲れたことですかね。



ほとんどNさんが獲ったんですがね。


後は待つだけ の巻





地のはてまで来てしまいました。


後は朝が来るのを待つだけ。




ちょっとだけ寂しいです (>_<)




いるかな?シーバス の巻


今日も九州方面に出張中なのですが、


こういうごちゃごちゃした港湾施設を見るとポートに乗って穴打ちしたくなりますよね。






まあ、写真は横須賀の軍港なんで、


下手にポートで近寄ったら


穴打ちする前に


米軍に射殺されちゃうでしょうけどね。



スレてないシーバスがたくさんいるんだろうなー



館山デイクルージング の巻


ついに100突破です。


何が100だって?


このブログの記事の本数ですよ。


今年から始めたブログ


ちゃんと続いてますね


とりあえず100本は越えたいなあ、と意識しだしたのが4月くらいですかね


意識しだしてからはどうでもいい出張の記事なんかで本数を稼ぐことを覚えたりしてwww


ということで、今回は100本目の記事に相応しい優雅な船旅の記事です。


14396288020.jpeg



あっ、釣りはしてませんよ。お盆に釣りしちゃいけないっておじいちゃんが言ってたんで。



8月15日 曇り時々晴れ(大潮) 館山沖クルージング


実は先週末に風邪をひいてしまったおじさん

夏期休暇を取った13日、14日は家で寝込んでました。

夏風邪は長引くと言いますが、二日寝込んでもほとんど回復しません。


熱もあまり下がらず、咳も止まらない状態ですが、何週間も前から楽しみにしていたシイラゲーム、じゃないクルージングだったので、満を持して出撃、じゃない出発。あきれ顔のカミサン。


5時半くらいに現着。

港にはたくさんのクルーザーが。

14396286540.jpeg


漁船?

失礼だなあ、クルーザー達に謝ってくださいよ。


同行者はNさんとテルちゃん。

彼らは釣りをするそうです。

お盆なのになあ。


熱心に船外機をチェックしています。

14396286700.jpeg


長いブリーフィングの後、ようやく出発。


エンジンの出力はいつものシーバスボートの数分の一程度。


あまり遠くまで行かない釣り、じゃないクルージングだそうです。


14396286950.jpeg


ところどころでエンジンを止め、潮に流されながらルアーをキャストするNさんとテルちゃん。


ターゲットはシイラと青物だそうです。


シイラはブイなどに付く習性があるそうで、ブイを探しながら移動していきます。


ちなみに館山港付近のブイとはこんな感じ。

14396288550.jpeg


ほんとにこんな小さいブイにシイラが付いてるのかなあ? と半信半疑でルアーをキャストするおじ、じゃなかった釣りをしている二人。


数投してシイラ不在を確認するとジグで広く青物を探る。


開始してすぐにテルちゃんが「エソ」キャッチ。さすがです。


青物も回遊は多くはないようですが、移動しながらポツポツとサバをキャッチするNさんとテルちゃん。

14396288340.jpeg



そういえばテルちゃんはツバスだかワカシだか言う魚を釣ってました。


いつもユルユルにしているドラグがジージー鳴ってましたね。



おだやかな波にユラユラとゆられながらクルージングを楽しむおじさん。


朝一でバラシた後はアタリが全くない!


釣りをしてたらこんなことをボヤいてたんでしょうね。

こんなゆったりした船旅もいいものです。

14396287630.jpeg


13時。

体力もほぼ限界(!)となり、クルージング終了。帰港します。


14396288780.jpeg


100本目の記事に相応しい、楽しい一日でした。


お土産にサバ2本も頂いたし。


次はおじさんも釣りしてみようかな?


あっ、カテゴリ名を間違えてるな。













新メニュー の巻


鱸の料理と言えば「お刺身」「ソテー」「ピリ辛漬け」ばかりで、さすがに飽きてきた、とお悩みの諸兄に!


長年の夢がかなってやっと手に入れた鱸の半分を猫ちゃんのエサにしてしまいそうな女の古に!


朗報です。


おじさんが新メニューを開発しました。


名付けて


【活〆すずき梅肉のせ】






如何ですか?



美味しそうでしよ?



ちなみに写真のはちょっと梅肉が多すぎました。


梅の酸っぱさが強すぎて鱸の味がほとんどしない失敗作でした。でも梅肉の量を上手く調整すればイケたと思いますよ。


ぜひお試しあれ。



青物を喰う! の巻


「釣った魚を食べる!」


最近、このカテゴリに異変が生じています


自分で釣った魚の記事がほとんど無い!


最近の記事に載っている魚は、他の釣り人からの貰い物ばかり


なので厳密にいうと


「他人が釣った魚を食べる」 もしくは 「頂いた魚を食べる!」


というカテゴリにしなくてはいけません


ご覧頂いている皆さんもおかしいと思ってたでしょ?


えっ?


どーでもいいから話を先に進めろ?


へーい



前置きが長くなりましたが、今回のお魚も頂きものです。


Nさんが某所で釣獲したサバとソーダガツオ。


いわゆる 【青物】 と言われるお魚ですね。


場所によってはもうこんな魚が釣れているんですね。


湾奥だとあと一か月くらい先でしょうか。





上がサバで下の二匹はソーダガツオ。


ソーダガツオはマルソーダとヒラソーダの二種類あり、今回頂いたのはマルソーダだそうです。


ネットでマルソーダを調べてみると、ヒラソーダに比べて 《血合い》 が多いとのこと。


ソーダガツオの血合いはヒスタミンの温床だそうで、ちやんと処理しないとヒスタミン食中毒の危険性もあるとか。


Nさんは釣りあげた直後に、サバ折り&内臓ぶっこ抜いて、氷でキンキンに冷えたクーラーボックスにぶち込んだそうです。

その後、おじさんの氷キンキンクーラーに移して持ち帰りました。

家についても氷の7割は残っていましたので、保管方法に問題はないはず。


後は素早く捌くだけ。


腹を裂いてみると・・・




血合いだっ! 血合いだっ! 血合いだっ! 血合いだっ! 血合いだあーっ!!


正に血合いだらけ!


ハッキリ言って血合い以外の部分がよく分かりません。


とりあえず色の濃い部分を包丁で剥いでいきます。


ここはヤバそうだな。


ここはセーフ? いやちょっとやめとくか。


ここは大丈夫そうだけど、ちょっとしかないから無理するのやめよう。




こんな感じで削りに削っていったら

14390161680.jpeg


マルソーダ一本でこれくらいしか取れませんでした。

一番大きいサクで長さ10cm、幅1.5cmくらいですかね。


もう一本のマルソーダの分を合わせても

14390161830.jpeg


これっぽっち



ごめんよ、マルソーダ。

君の体のほとんどが生ゴミになってしまって。



もう一つ頂いたサバは2枚におろして強塩し、ラップに包んで冷蔵庫で脱水します。

14390161390.jpeg


サバは色々な食べ方がありますが、おじさんは塩焼きが一番好きです。


刺身も考えたのですが、マルソーダを刺身にする予定でしたので、これ以上 “リスク” を増やすのも何かなあ?と思って止めときました。



ということで晩酌です。


【ソウダガツオのお刺身】

14391059100.jpeg



【〆サバ】

14391059300.jpeg


写真のトーンが全然違うし。

サバなんか塩焼きだって言ってたのが〆サバになってるし。


お察しの通り、いつものNさんの写真なんです。

調理後の写真を撮り忘れちゃったんですよね。


まあ、おじさんのも大体こんな感じだったかな?

いや、もう少し美味しそうだったかな?

(; ̄ー ̄A



でもマルソーダのお刺身は、普通に美味しかったですよ。


食中毒にもなってないし。


カミサンの両親が食べても平気でしたよ。









Page top