納竿のルーティーン の巻


14487087300.jpeg
※手つきが五郎○と似てますねwww


洗い場の水道でタオルを濡らす


メタル系などの重めのルアーを大遠投する


ルアーが着水した後も、しばらくラインを放出したままにする


濡れタオルでちょっと強めにラインを挟みながら巻き取る


「ラインの塩抜き」


おじさんは納竿時にこれをやります


結構タオルが汚れるのでそれなりの効果があると思います


ルアーが通常と違う動きをするからかシーバスが喰いついてきた


なんてラッキーなことも数回ありました


デメリットとしては


もたもたしているとルアーが着低して根掛かってしまうこと


ノーテンションで着低するからか


外れないんですよね~ これが。


・・・・・・・・・・・・


11月28日 晴れ(大潮) 市原市海釣り施設

4時現着。順位は10番目くらい。


それにしても寒くなりましたねー。

軽装ではとても外にいられないので、暖房を効かせた車内で開場を待ちます。



7時開場。チームTKKの一員として木更津側に入ります。


空気はとても澄んでいます。

朝日を浴びてピンク色に染まった富士山が美しいですね。

14487084670.jpeg


「富士山が良く見える日は釣れないんですよねー。」


縁起でもないことをTKKさんがつぶやきます。

まあ、今日も朝イチのみ勝負なんでしょうけど。


先陣を切ったのはおじさんの右隣に入ってきたS.Lさん。一投目でヒットしました。

2本目も右の方にいたルアーマン、その次も右。時合いは始まっています。


今の時期はこの 【朝イチのみ時合い】 に乗り遅れるとボウズで納竿する可能性が非常に高くなります。


焦るな!落ち着け!

そう自分に言い聞かせながらヘルティックをカウントダウンします。


グンッ


開始から15分でやっときました。


取り込み時にルアーのフックをタモ網に掛けてしまい苦労しましたが、S.Lさんがアシストしてくれたおかげで無事にキャッチ。


14487084890.jpeg


43cm。

贅沢はいいません。


さあ次だ次だ!


・・・・・

・・・・・



今日の時合いは30分くらいでしたかね。

何故かおじさんの右側ばかり。

左側にいた方々は、ほぼ全員がノーバイトだったようです。

ギリギリセーフのポジションでした。


その後はシーバスの反応がない中、惰性でキャストを続けます。


沖合いを走るボートチーム

14487085350.jpeg


公園のHPを確認し、

「釣れてないな、よしよし!」

と安心していることでしょう。



日が昇るとともに気温が上がり、ポカポカ陽気になってきました。

風もほとんどありません。


14487085120.jpeg


管理棟でカップラーメンを食べた後はベンチでお昼寝。

日差しが暖かくて気持ちよかった~。

気持ち良過ぎて1時間半も昼寝しちゃいました。



13時30分。

もう限界。

無反応状態になってから6時間以上たってますからね。


今日はサビキ釣りも不調のようでした。

お子さん連れの来場者も多かったんですがね。

ファミリーフィッシングには厳しい季節になってきました。


14487085770.jpeg



いつもの納竿ルーティーンに入ります。

スピニングタックルのラインを塩抜きした後は、岸ジギ用のベイトタックルの塩抜きです。

内側にジグを遠投(と言っても10mくらい)した後、ラインを放出します。

そう言えばベイトタックルでの岸ジギの釣果がしばらくありません。

ワンピースロッドなので洗うのもめんどくさいし、もう公園に持ってくるのはやめようかなあ。

なんて考え事してたら 根掛かり!


くそー、水深の浅い内側に投げてたのを忘れてた。

最後の最後でルアーロストかよ、だからベイトタックルなんか持って来んなって言うんだよ。


幸いにもロッドを強くあおったらルアーが少し動きました。

これは抜けるかも知れない!と思い、更に強くあおります。

また少し動きます。


しかし重い。変なもの引っ掛けてるな、これは。


グビビビッ!


???

生命反応???


グイグイグイッ!


も、もしかして!!


シーバスだあ!


しかもなかなかのサイズ。

一度強く合わせを入れてバトル開始。


近距離からのスタートなのでシーバスのパワーが強い状態です。

グイグイと下に潜ろうとするシーバス。

一旦リールのドラグを緩めて身切れを防ぎます。


元気に動き回るシーバス。

柱に巻かれそうになり、ベイトリールのクラッチをオフ、ラインを放出してテンションを緩めます。

まだジグがどこにフッキングしているか視認出来ていません。

ここでテンションを緩めるのはリスクを伴いますが、ラインブレイクを防ぐためにはやむ得ません。


シーバスは無事に柱から出てきました。ひと安心です。


柱から離れたところにポジショニングし直してバトル再開。

ロッドのしなりを使いながら右へ左へとシーバスをコントロールし、体力を奪っていきます。

たのむぞ、粘れダイコースピアーSRC63ML!!!


浮き上がってくるシーバス

大丈夫。ジグのアシストフックがガッツリと口にフッキングしています。


念のため、もう一度シーバスを左右に振った後にタモ網を投入。


そして・・・


・・・・・


・・・・・



ネットイン。


14487085560.jpeg


57cmのフッコでした。

体高もあり、お腹も膨らんでいます。


周りに人だかりが出来ます。


「凄いですね。どのあたりを狙ったんですか?」

「中層にいたんですか?それとも下層?」


こ、答えられません!適当に投げたんでおじさんも覚えてないんです。


「やっぱり上手な人がやるとちゃんと釣れるんだよなあ。」

「ほらー、パパも頑張ってよ。」

帰ろうと思ってラインの塩抜きしてたら喰い付いてました、なんてとても言えません。


少し離れたところで一部始終を見ていたルアーマンの視線が痛い!



まあ、たまにはいいじゃないですか。


こんなことでもなけりゃ、海釣り公園で釣りなんかやってられませんよ。



・・・・・・・・・・・・


家に帰って


持ち帰ったフッコを捌いてみると、


膨れていたお腹の中には、


たっぷりの白子ちゃんが。


14487086230.jpeg


ラッキー!!


次回はボートでシーバスゲットだぜい!!



勝負は15分のみ・・・ の巻


順番待ち



千葉県警より盗難事件発生の連絡で起床


現場に到着してみると場所取りでおじさんが置いていた水汲みバケツがありません


他の人が置いた釣りの仕掛け類が入った道具入れも盗まれていました


水汲みバケツだけならまだしも、道具入れに手を付けたのは頂けません


被害額は数千円にのぼるでしょう


これは立派な窃盗罪ですね


犯人は現在も逃走中とのこと


県警が残留物から指紋を採取したので逮捕は時間の問題でしょうが。


・・・・・・・・・・・・


11月21日 曇り(若潮) 市原市海釣り施設

5時半に現着。

昨日とはうって変わって寒い朝ですが、3連休の中日ということで駐車場には多くの車が。

ファミリーばかりですが、ルアーマンもいつもより多いようです。

おとといは市原のシーバスの釣果が40本を越えていましたからね。


曇天とはいえ気温がずいぶんと下がったし、そんなに甘くないぞー


常連さんの話しを総合すると勝負は朝の30分。

足下をヘルティックで誘うと食い上げてくるそうです。

スレたら終了。

短時間勝負です。


北風がやや強いこともあり、多くのルアーマンは南の木更津側に陣取ります。

14481855470.jpeg


潮はやや濁り。

北風が冷たいですが雰囲気は悪くありません。


開始から約5分経過。

周りでポンポンとシーバスが上がり始めます。


おじさんのヘルティックにも食い上げのバイトミスが。

やはりシーバスは足下で喰ってきました。

まだチャンスはある!


カウント30まで沈めた後、ゆっくりとジャーク開始。


ヘルティックが上層に上がってくるにつれ、動きが軽くなっていきます。


ダートとともにフラッシングしながら近づいてくるヘルティック。


足下手前3mくらいまで寄せたところからが勝負です。


気を抜かず、スピードを落とさず、自然にジャークの間隔を小刻みに変えていきます。

ここで動きに違和感が出るとシーバスに見切られてしまいます。


粘れヘルティック!


すると下から、


ガブっ


フッキングしました。


大きくはありません、セイゴクラスです。

ロッドを操作してシーバスを2、3転させ、複数箇所にフッキングさせます。


安全を確認したら一気に抜き上げます。

14481855120.jpeg



30cm台後半でしょうか。

おじさんのところに来てくれて有難う。


時間はまだ7時13分。

次いくぞ次!



・・・しかしこの後はノーバイト。


時合いは終わったようです。

チェイスもありません。


ヘルティック以外も投げてみますが状況に変化なし。

周りもほぼ同様。

8時ごろには寒さが堪えるようになり、コーヒーブレイク。


14481855260.jpeg



しかし状況は改善せず。

9時ごろにはやる気も失せて納竿準備。

10時に他の常連さんと一緒に撤収しました。


たった15分の時合い。

厳しい季節になりました。

せめて30分くらい続いて欲しいものです。


施設のスタッフさんに 「早朝1時間券200円」 みたいなのを作って下さいってグチっちゃいました。


・・・・・・・・・・・・


ところで冒頭の写真は市原市海釣り施設の写真ではありません。

順番待ち


大黒海釣り施設の開場待ちの時の写真です。


市原と同様に荷物で場所取りをしているように見えますが、置きっぱなしではありません。

大黒では荷物だけの場所取りは禁止されています。

左側の入り口付近に人が写っているのが見えますよね。

基本的に人も荷物のそばに居なければいけないのですが、寒いので暖房が効いている管理棟内と自分の荷物の間を行き来しているのです。


後から来る友達の分の場所取りも禁止。

トラブル防止のためにスタッフも1名待機しています。

注意書き


公平と言えば公平ですが・・・


市原がこんな風になったら嫌だなあ。


と言うことで、


窃盗犯は早く自首しなさいっ!


もやもや・・・ 木更津ボートゲーム の巻


14481851740.jpeg


季節は着々と冬に近づいています


冬と言えば鱸の産卵の時期


多くの鱸は岸から離れ、深場に向かいます


そろそろオフショアジギングがいいんじゃないですかね?



・・・・・・・・・・


11月20日 晴れ(長潮) 木更津ボートゲーム

潮位の関係で9時ごろに出港。

ボートの係留所が浅瀬なので干潮時は出入りが出来ないのでやむを得ません。

日の出から2時間近く経過。厳しいですね。

14481851120.jpeg



今回のメンバーはテルちゃん船長とNさん、ターキーさん。

前回の釣行は雨天の中で苦しんだので、全員がリベンジに燃えています。



ボートは一気にアクアラインを目指します。

狙うはアクアラインの橋脚打ち。

前回はNさん以外はノーバイトでした。


そして今回は・・・・

14481852070.jpeg



シーバスはNさん含めて全員ノーバイト・・・。

魚のアタリはテルちゃん船長のアジのスレ掛かりのみ。


う~ん。

時期が早いのか、時間帯が遅いのか。

今回も厳しい結果に終わりました。


海ほたる近辺のオープンエリアでもアタリらしいアタリはなし。

14481852430.jpeg


いや~ 厳しいっすねー



風もないポカポカ陽気。

とってもいい天気だったんですがねー。


諦めの早いおじさんは、休憩してばかり。

どっかと座り込んで、他のメンバーが釣りをしているのを見ながら、

ビールがあったらなぁ

なんて考えてました。

14481852690.jpeg
※みんな諦めずに一生懸命に釣りしてます。



1時間ほど粘りましたが、こりゃーダメだな、と言うことで穴打ちに変更。

木更津港近辺まで大移動することに。

前回と同じパターンですね。


14481852950.jpeg



そして・・・、


やっとたどり着いた、


とあるバースで、


我々4人は、



かつて出会ったことの無いほどの、


大きなシーバスの群れを見ることに・・・




・・・・なりませんでした。



でもまあ普通に活性の高いシーバス達がいました。

短い間でしたが入れ食い状態にもなりました。

ミノーに反応してくれるのでこちらの活性も上がります。


このバースの特徴的なのは

40cm弱のセイゴサイズですがヒラスズキがいること。

14481853310.jpeg


写真では分かりづらいのですが、ヒラスズキって名前の通り平べったいんですよね。

銀色に輝いてきれいだし。

海中でもすぐに分かるんで、

「おーっ! ヒラだヒラだっ!!」

って感じで盛り上がりました。


テルちゃん船長もひと安心。

別に彼に責任がある訳ではないんですがね。



ひとしきり楽しんだ後は別のポイントへ移動。

しかし今日もたくさんの大型船が停泊、ポイントを潰してくれています。

14481853610.jpeg



残されたのは船と船のすき間などの小さいスペースばかり。

でもテルちゃん船長の巧みな操船のおかげで、少しずつではありますが、みんな釣果を伸ばしていきます。

14481853920.jpeg



竿頭はNさんの11本。

本人は小さいサイズばかりだったと不満のようでした。

もう、つ抜けだけじゃ満足出来ない体になってしまったんですね。



15時ごろに帰港。

14481854140.jpeg


後半がやや渋かったこともあり、皆さんもやもやモードでした。


おじさんの釣果はシーバス3本とカマス2本、リリースサイズのメバルが一匹。

まあ、こんなもんでしょうね。

正直言って釣果にそれほど不満はありません。


唯一もやもやした事と言えば、


ビールを持っていかなかった事


不謹慎なおじさんですみません。


いいなあ~ の巻


14478373320.jpeg


相変わらずの出張三昧のおじさん


平日はほとんど出張してます


今回は1泊2日で徳島県の美波町を訪れました


美波町は漁師の町


昨晩は漁師さんたちの(きったない)集会所で色々とご馳走になりました


上の写真は太刀魚のお刺身


徳島特産のスダチを搾っていただきます


お味はまあまあでした


下は同じく太刀魚のフライ

14478373500.jpeg


これはもう絶品!


身がふっくらしていて柔らかく、とても上品な味わいでした


下は何だと思います?

14478373650.jpeg


フグのお鍋なのですが、写真に写っているのはフグの肝です


これって食べていいんでしたっけ?


とても美味しかったんでたくさん食べちゃいましたけどね



早朝は付近をお散歩

14478374910.jpeg


のんびりとした漁港の風景ですね


この先は川に通じているのですが、なんとそこで鱸がボイルしているのを見てしまいました!!


いいなあ~




下は伊勢エビ漁の網だそうです

14478374640.jpeg


この付近は水深が深く、ダイビングスポットが多いそうですが、潜ってみると海底一面を伊勢エビが埋め尽くしていることがあるそうです


いいなあ~




海側に下ると美しい砂浜が広がっています

14478374370.jpeg


日本の渚百選にも選ばれている大浜海岸


夏はウミガメが産卵にくることで有名だそうです


こんな美しい海岸で釣りなんか出来たらなあ~


と思っていたら


14478374030.jpeg



ルアーマンがいました



いいなあ~




おまけ


今日の海釣り公園はシーバスが群れていたそうですね


ヘルティックを投げるとフッコが湧いてきたとか


こんなのに出会えるのなんて平日プレイヤーの特権ですね



いいなあ~



明日は北陸、福井県からお送りします


疲れたー




バランスをとった木更津ボートゲーム! の巻


14474898890.jpeg



明日は釣りに行くの?


うん。
(うるせーなー どうせ「明日は雨なのによく釣りなんかに行く気になるわね」とか言うんだろ。俺だって冬の雨は嫌なんだよ!)



明日は天気悪いみたいだよ


(あーそうだよ雨だよ!悪かったな!そんなこと言われなくたって)
知ってるよ!!



何よその言い方!! わたしが何か悪いこと言った?


・・・・。
(釣り人が釣りに行く日の天候を知らない訳ねえだろ。こちとら一週間前からチェックしてんだよ。せっかく楽しみにしてたのに雨かぁ、って思ってる人の心を、ダメ押ししてえぐってんだよ!)




金曜の晩は家でこんな会話をしてませんでしたか?釣り人のみなさん!



・・・・・・・・・


11月14日 曇りのち雨(中潮) 木更津ボートゲーム

5時30分ごろ現着。既にNさんとターキーさんが着々と準備を進めていました。

10分後にテルちゃん船長到着。今日はこの4人でのボートゲームです。


予定通り6時くらいに出港。

14474899130.jpeg


ボートの係留所からしばらくの間は水深が浅い地帯を通るので、テルちゃん船長も慎重に船を進めます。


今日は潮位の関係で11時くらいまでに帰港する必要があるとのこと。

短期決戦なので海ほたるやアクアラインまでは遠征できません。

両方とも前回の釣行でいい思いをしていないポイントなので、おじさん的には無問題。



10分ほどで最初のポイントに到着。木更津では有名なポイントだそうです。

何に使うか分かりませんが杭状のものが墓標のように整然と並んでいます。

14474900270.jpeg


多くの杭はあるものの、基本的にはオープンエリア。攻めどころが難しいポイントです。


移動しながらミノーやバイブを打ってみますが、ここでは全員ノーバイト。

早々と次のポイントへ移動します。



しかし日が悪いのか、今日は多くのバースに大型船が停泊していて近寄れません。

14474899380.jpeg


選択肢の少ない中、ボートはとりあえず前回の爆釣ポイントへ。


しかし・・・

バラシが一回あっただけで・・・・

前回のような盛大なお祭りは起こりませんでした・・・・・。



次のポイントでもアタリは全くありません。

雨もポツポツと降り始めました。


何かヒントが欲しい、

と思っていると、

一箇所目立つ柱がありました。


これは!と、ジグをボトムまで落としてみると


グイッ!


乗りました!


重みは感じますがグイグイと引いてくる感触はありません。

ボトムに落とした直後に乗ったので根魚かも知れないな、と思っていたら

赤っぽい魚体が見えてきました。

一気に抜き上げます。


14474899620.jpeg


24cmのカサゴでした。

持ち帰られるサイズです。

よしよし。


その後はNさんやテルちゃんがスズキクラスの良型のシーバスを相次いでキャッチしますが続きません。

ポイントを変えても、前回みたいに群れがいるようなポイントはありません。



なかなか乗り切れない中、ポツポツだった雨もいつも間にか本降りに。

でも雨が降るのは全員が織り込み済み。

何事も無いかのように、ひたすらルアーをキャストし続けます。

14474899850.jpeg



おじさんが1本目のシーバスをキャッチしたのは開始から3時間後の9時過ぎ。

なんとなくキャストしたジグをあおっていたらバイトしてきました。

14474900070.jpeg


45cmくらいのフッコ。

ジグがバースの奥に届いた訳でもなく、柱の際に落とした訳でもなく・・・

なので釣った感はあまりありません。



1時間後にキャッチした2本目もそんな感じでした。

14474900500.jpeg


40cm前後でしょうか?

これもなんとなくキャストしたジグにヒットしました。

巻いている最中に ガツッ ってバイトしてきたので一本目よりは感触を楽しめました。

でもこれも釣った!っていう感じはしないなあ、あまり贅沢は言えないけど。



11時過ぎ。沖堤防あたりのオープンエリアでターキーさんが良型シーバスをキャッチしたところでタイムオーバー。

水深の下がった水路を慎重に進みながら帰港します。

14474900710.jpeg


ボート全体でシーバスの釣果は10本前後。

シーバスの活性が低かった、というより数が少なかったんだと思います。

まあ、前回が爆釣でしたからね。

今回の釣行でバランスをとったと言うことですかね。


という事は?


次回はシーバス大爆釣だぜっ!!


・・・・・・・・・・


ゲットしたカサゴは今回も煮付けにしました。

14475313770.jpeg


2口ぐらい食べた後に、


煮魚好きのカミサンに


はい、後は食べていいよ


いいの?


どうぞ。



昨晩のやり取りとのバランスをとりました ((^┰^))ゞ


月曜日くらいにルアーマンが考えること の巻



もういくつ寝ると

海釣り公園

公園ではブレード投げて

ジグで柱打って回りましょう

早く来い来い、海釣り公園


14299308120.jpeg




もういくつ寝ると

ボートゲーム

ボートではミノーやジグを

バースの奥まで通しましょう

早く来い来い、ボートゲーム


14446393800.jpeg




もういくつ寝ると

沖堤防 (最近行ってないけど)

沖堤ではジグ投げて

ジャカジャカ青物狙いましょう

早く来い来い、沖堤防


14473634140.jpeg




あとひとつ寝ると(寝れないかもしれないけど)


やっと週末のお休み


長かった~


明日はボートでシーバスゲットだぜいっ!


外道のメバルやカサゴもね!


市原の海はもう冬なのか? の巻


14469245380.jpeg


朝の一時だけ釣れて


その後は全く釣れない


冬の海釣り公園シーバスは、だいたいこんなパターン


例年だと12月の下旬くらいから2月いっぱいくらいまでがこんな感じ


でも今年の市原の海は、季節の進み方が1ヶ月くらい早く進んでいるみたいです


キスの終わりは早く、サヨリのスタートは早い


サバはよく分かりませんでしたけどね


そしてシーバスは・・・・


・・・・・・・・・・


11月7日 晴れのち曇り(若潮) 市原市海釣り施設

4時現着。順位は10番目くらい。

チームTKKの一員としていつもの木更津側に入ります。


14469244270.jpeg


開園前の常連さんからの情報では、前日、前々日とシーバスの活性は良かったとのこと。

ヒットルアーは市原最強ルアーのヘルティック

朝一のシーバスがスレていない状況で投げると一投目からヒットする可能性があります。


高まる期待!

今日は何本キャッチ出来るでしょうか?



一投目:カウント10からジャーク


二投目:カウント15からジャーク


何も起こりません。

周りのルアーマンにも反応はないようです。

気温が下がったので、昨日までと状況が変わったのでしょうか?


三投目:カウント20からジャーク

何も起こりません。



四投目:カウント30からジャーク


グン!


やっときました!

大きくはないですが、巻物系のルアーに比べ、ヘルティックでヒットすると掛けた感があって嬉しいです。


足下に寄せ、フックが2箇所に掛かっているのを確認、一気に抜き上げます。


14469243990.jpeg


7:07 無事にキャッチしました。45cm位ですかね。


この後、周りのルアーマンもポツポツとキャッチしていきます。



しかし


マルチキャッチはTKKさんの2本のみ。

あとの人達は単発のみ。

時たまショートバイトはあるものの乗せ切れず、といったパターンばかり。

あっという間にスレが進み、食いが浅くなったようです。


14469497310.jpeg


そして


スレが一層進み、周りはほぼノーバイト状態に。

こうなると回遊が無い限り何をやってもダメ。


秋の釣りシーズン真っ只中なら昼間でもガンガン回遊があるのですが、今年の市原の海は11月上旬なのに既に冬。

シーバスの回遊らしきものはありませんでした。

ベイトのイワシの回遊が小規模でしたからね。


サビキファミリーも低活性状態でした。

14469245140.jpeg


午後になると天気が急変、太陽が雲に覆われ、気温が一気に下がります。

風がやや強まり、小雨もパラつくようになりました。


南に下っていたボートチームも急ぐように北上していきます。

※手を振っちゃいましたが違うボートですかね?


16時納竿。


7時開始から


7分目で一本キャッチして以後は


533分間ノーキャッチ・・・


常連の皆さんは午後は予定があるからと午前中に引き上げていきましたが


何の予定もなかったおじさん


予定のある人が羨ましいです


14469244870.jpeg



ということで


今回の反動で


次回はボートでシーバス大爆釣だぜい!


釣り以外ではメチャクチャおもろい話があったんですがね、プログには書けませんwww


外道を喰う! の巻


14467332100.jpeg


見て下さい、この大きな目!

メバルの眼張たる所以ですね



見て下さい、この大きな胸鰭

カサゴのカサゴたる・・・

14467332310.jpeg


両方とも木更津ボートゲームで釣獲したものです。


シーバスを釣りに行ったのでこれらの魚はいわゆる 「外道」


陸っぱりで外道というとクサフグやヒイラギなんかで本当にウザイのですが、

ボートシーバスの外道っていいですね。



メバルは24cmと22cm

14467336400.jpeg



カサゴは28cm

14467336610.jpeg



根魚は成長が遅いので、資源保護のために一般的には15cm以下をリリースサイズとしているようですが、今回はどれも20cmオーバーということで、余裕でお持ち帰りしました。


氷水でいっぱいのクーラーボックスにぶち込んで持ち帰ったので仮死状態。

魚たちはまな板の上でエラをピクピクとさせていました。


うー まな板の上で生きているなんて! 

残酷ですねー

さっさと楽にしてあげましょう。



まずは鋭いヒレをキッチンバサミでカットします。

小型ながらヒレの鋭さは鱸以上。

大変危険です。

14467337040.jpeg


14467337200.jpeg
※外見はかわいくないですねー



これで少々雑に扱っても大丈夫。


ウロコを落とします。

14467337420.jpeg


あんまり綺麗になった感じはしないですね。



腹を裂いて、

エラと内臓を取り出そうとすると、


メバルは2匹とも抱卵していました。

産卵期ですからね。


14467337670.jpeg



撮影用にグロい内臓を取り出した後に卵巣だけ戻してみました。

趣味悪いですか?

すいませんでしたね。



んじゃあもう一匹

14467337840.jpeg


フン! (  ̄っ ̄)



カサゴのお腹の中にも未発達の卵巣がありましたが、小さいので他の内臓と一緒に・・・


メバルの卵巣は鱸のお腹の中にあった白子と一緒に湯がいてポン酢でいただくことにしましょう。

14467381840.jpeg



全ての下処理終了。


この後は調理担当のカミサンに引き継ぎます。

おじさんは味付けとかの調整が出来ないんですよね。


14467338210.jpeg



この後、おじさんは

生ゴミのゴミ出し → お風呂掃除 → リールの塩抜き → ルアーの塩抜き 

→ クーラーボックスの洗浄 → タモ網の洗浄



というルーチンに入ります。


そして入浴&ロッドの洗浄


全てがキレイキレイになったところで、



待ちに待った晩酌


メバルとカサゴは煮付けに

14467338440.jpeg



そのお味は?


いや~ 一気に高級魚ですね。

グロテクスな外観からは想像も出来ません。

産卵直前なので身も厚くふっくら。

醤油とみりんの甘味が程よく染み込んで、とても上品な味わいです。

やっばり根魚は煮付けに限ります。



白子と卵巣は湯がいてポン酢で

14467338050.jpeg



そのお味は?


鱸の白子は普通に美味しかったですよ。

タラの白子を100点としたら70点くらいはあげられるんじゃないですかね。


でも正直メバルの卵は???でした。

まあ普通に煮付けた方が良かったんでしょうね。




おまけ


Nさんの作品

14467388780.jpeg


まあ、あちらはプロですからね。

一般家庭の料理と比較するのも失礼ですよね。

ちなみに左側は鱸とアイナメのお刺身だそうですが、おじさんにはどっちが鱸でどっちがアイナメだか分かりません。

アイナメはYZさんがジグで釣ったのですが40cmくらいある大型でした。


アイナメ君もおじさんなんかにぐちゃぐちゃにされず、ちゃんとプロの手に渡って、上手に捌いてもらえたので本望でしょう。



ということで、



また外道釣りたいな ww



筋トレ必須! 木更津ボートゲーム の巻





いや~ 右手を酷使しすぎました


握力がほとんどないです


連発でしたからね


でも気持ちよかった~



えっ?


猿じゃあるまいし、いい歳して何やってるんだって?


いやだなあ~もう


釣りの話ですよ、釣りの!


・・・・・・・・・・


11月3日 晴れ(小潮) 木更津ボートゲーム


6時集合即出港!とは行かず、エンジンが始動しなくて10分ほどアタフタ。

一時は木更津港でのハゼ釣りを覚悟しました。


エンジン始動後はいたって順調。


早朝の東京湾越しに見える富士山がとても美しい。




今回の同行者は船長のテルちゃんにNさんとYZさん。いつもよりボートが大きいので4人で釣りが出来るスペースがあります。

YZさんはクーラボックスに飲み物と食べ物をギッシリと詰め込んで、ピクニックに行くみたいです。


最初にシャローエリアで少し遊んだ後は、ボートは一路本日の目的地へ。



木更津でボートフィッシングと言えば?


海ほたる!




今回おじさんはここでの釣りを楽しみにしていました。

以前の釣行では大爆釣したそうです。



・・・が、


Nさんが2本キャッチした以外は全員ノーバイト。

今日は潮の流れでも悪かったんですかね?

しばらくして船長のテルちゃんが飽きたところで次の目的地に移動することに。



木更津でボートフィッシングと言えば?


アクアラインの橋脚!!




今回おじさんはここでの釣りを楽しみにしていました。

潮の流れが早いエリアだと言うので、60gのジグを3本新調して来ました。



・・・が、


Nさんが1本キャッチした以外は全員ノーバイト。

先行の別のボートに打たれまくってスレちゃったんですかね?

テルちゃん船長が飽きると次の橋脚に移動、を繰返しましたが我慢も限界。

ということでボートは次の目的地に向かって大移動することに。






木更津でボートフィッシングと言えば?


穴打ち!!!




何だかんだ言ってもボートフィッシングと言えば穴打ち。今回おじさんは穴打ちを楽しみにしていました。

前回テルちゃんが来たときは、シーバスはジグでの縦の動きに好反応だったとのこと。

なので全員ベイトタックルにジグを装着。



・・・そして


とあるバースで、


ここ最近では最大の、


お祭りが幕を開けました www



前座のセイゴクラスが何本か立て続けに上がった後、真打ちのフッコどもが次々と登場。





14465855280.jpeg



どいつもこいつも50cmを越える良型ばかり。体高もあるので引きもパワフル!

こんなのがほとんど入れ食い状態です。


休む間もなく繰り返されるバトル!

弓のように曲がるロッドと容赦なく引きずり出されるライン。

巻いては出され巻いては出されの繰返し。

おじさんのヘボタックルでは一つ一つのバトルが長期戦。

グリップエンドを脇に挟んで強い引きに耐える闘いが続きます。


とっても疲れるけど、


ちょー気持ちいい!!



今回おじさん釣った最大サイズは60cmジャストのスズキでしたが、

14465856410.jpeg


テルちゃん船長は75cmを上げて今シーズンの自己ベストを更新していました。



更に嬉しかったのが多彩な外道たち

ジグでボトムを打っているので根魚がヒットしてきました。


おじさんがゲットしたのは


28cmのカサゴ

14465856090.jpeg


24cmと22cmのメバル

14465855810.jpeg


晩御飯が楽しみです。




14465836440.jpeg



最初はどうなる事かと思った木更津ボートゲームも12時過ぎに終了。


約6時間の釣行、


終わってみればそれぞれが楽しんだ一日でした。


14465856920.jpeg



ちなみにおじさんがキャッチしたシーバスですが


正直に言って何本だか分かりません


何故か撮った写真の多くが保存されてなかったんですよね~


でも最低でも8本以上はキャッチしていたはずなので


今シーズン100本の目標はクリアしたと思います


何かスッキリしないなあ~


次の釣行で8本以上釣ってスッキリしますかね。



ということで、


次回もシーバスゲットだぜいっ!!


YZさんケガ直りました?


季節が変わりましたね の巻


14463201860.jpeg


一日の最高気温が20℃を切るようになってきましたね


季節は着実に秋から冬に移り変わろうとしています


特に今日みたいな曇天の日は、ひしひしとそれを感じます


それにしても今日は寒かったなあ・・・・


・・・・・・・・・・


10月31日 曇り(中潮) 市原市海釣り施設

2時現着。

2時ですよ2時!!

にも関わらず順位は20番目くらい!

今年はサバがイマイチ。サヨリも小さいんですけどねー


と思ったら

前に並んでいるのは殆どがルアーマン。

桟橋の木更津側はルアーマンがずらりと並びます。

14463202650.jpeg


おじさんを含めて15,6人くらいはいたでしょうか。


20番目くらいだったので釣り場に到着したのは開園から5分くらいたってから。

既にターキーさんが1本上げた後でした。

「一投目でヒットしてましたよ!」

と、おじさんに説明してくれた三回目でシーバス釣ったさん改めYさんも、すかさず良型のフッコをブレードでキャッチ。

右側の若者君もヒットしましたが無念のバラシ。

ちょっとはなれたところでバイマスさん改めS.Lさんがこれも良型のフッコをブレードでキャッチ!

あちらこちらでシーバスがバイトしまくってます!


おじさんは、というとヘルティックのジャークでショートバイトがあっただけ。

やっぱりブレードかな?とブレードに変更しましたが、お祭りは終わってしまいました。


時合いが終わった、というよりスレてしまった感じです。

十数人が一斉にブレードを投げてたんですからね。


朝一の食いっ気のある時はルアーに反応するけど、

直ぐにスレて喰わなくなる、

これから寒くなると、段々とそうなっていくんでしょうね。


桟橋はファミリーで今日も満員状態。

14463202260.jpeg


寒さからか、サビキ釣りもレンジが下がっているみたいです。

ボラやコノシロといった低層にいる魚が釣れていました。


14463467470.jpeg



8時を過ぎるとブレード系への反応は全く無くなります。

ターキーさんの話では鉄板系も全くダメとのこと。


そうなると引き出しの少ないおじさんにはヘルティックしかありません。

ということでNMさんが撤収したTKKラインでひたすらヘルテックをジャーク。

でも表層や中層を探っても無反応。


ヒントは根掛かりでした。

カウントミスして根掛かったヘルティックをなんとか外し、そのままジャークを続けていると、ピックアップ時にシーバスがバイトしてきました。

残念ながらフッキングせずにショートバイトで終わりましたが、低層にいるかも?という希望が出てきました。


ヘルティックでボトムを取るのは簡単ではありません(おじさんには)。

ボトムタッチと根掛かりは紙一重の差。

潮の流れが速い時や、風が強く吹いている時などはラインが出すぎて感度が鈍るので特に難しいです。


14463465930.jpeg


そして

もう1回の根掛かりと、

2回のチェイスで悔しい思いをした後、

やっとキャッチできたのは


14463203000.jpeg


30cm台後半のセイゴでした。

サイズはイマイチですが、おじさんには嬉しい一本でした。


ちなみに殆ど同じタイミングでターキーさんがアルカリのダートで一本追加していました。

木更津側が満員だったので、やむを得ず真冬ポジションに入った春日部さんは、ワームの遅巻きで50cm台のフッコを2本上げたとのこと。


どれもこれも市原冬メソッドですね。

まだ10月なんですけどね。

今年は例年より季節の進みが速い様な感じがします。



10時半頃、ボートチームが南へ向かいます。

14463203370.jpeg


あちらは今日も好調だったようです。


その後も管理棟での休憩を交えながら粘ったものの、寒さでテンションが上がらず13時に納竿。

あのまま続けていたら風邪をひいていたかも知れません。

そろそろ防寒装備が必要ですね。




帰り道

某大手釣具屋さんで斥候中のJSDFのSBZKさんと遭遇

なんとあの希少ルアーが大量入荷しているとの事!

見ると陳列棚に100個くらい並んでいます。


こんなにあるのに、ついついリアクションバイト。

おかげでお財布まで寒くなっちゃいました。


14463489350.jpeg



次回はボートでシーバスゲットだぜいっ!!


そして年間100本の大台へ!



Page top