平日に釣れると休日は? の巻

14566238050.jpeg


2月23日(火) 32本

2月24日(水) 31本

2月25日(木) 29本

2月26日(金) 29本


市原市海釣り施設で上がったシーバスの本数です

前の週が12本、12本、9本、7本、6本、14本


あきらかに何かが変わった市原の海

期待するなと言う方が無理というもの


開場前のゴロタでも

14566237880.jpeg


ゴロチャンが見事にキャッチ


7時開場が待ちきれません!


果たして結果は・・・・・


・・・・・・・・・・・・・


2月27日 曇り時々晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


4時15分現着。順位はなんと1番!

前泊者がいないとはいえ、皆さん出勤が遅すぎます。HPをチェックしていないのでしょうかね?


7時開場とともに桟橋にダッシュ!

北風はそれほど強くありません。


シーバスは桟橋全体で釣れているという事前情報はありましたが、とりあえずTKKポジションに入ります。


ところがこれが失敗。

ヘルティック、ブレード、足下ジギングともに全く反応なし。

周りを見回すと海側のヒットはゼロ。

ヒットしているのはほとんどが内(陸)側です。


直ぐに移動しようか悩んだんですが、ここで「折角TKKポジション取ったのに」、という意識が邪魔をします。


あきらめが早すぎるぞ!

ここで直ぐに移動したら朝早くに並んだ意味がないじゃないか!

満潮の潮どまりが7時半、潮が動き始めればシーバスの活性も上がる!

それまで待つんだ!



TKKポジションを取った人には、いつもこんな葛藤があるんじゃないですかねwww


「粘っている」から「諦めが悪い」へ天秤が傾いた8時過ぎに移動を決断。

しかしあちこちランガンしますがバイトすらありません。


元のTKKポジションに戻って足下ジギングすると クン!


シーバスのバイトではありませんが、何かを掛けました。

生命反応が無い物体を巻き上げると、


14566238220.jpeg


コアマン CZ-30ゼッタイ


ラッキー!と思いながらもよく見てみると、アシストフックやスイベルのつけ方に見覚えが・・・

間違いなくおじさんがロストしたジグです。

まあ、いいや。



その後、再び場所を移動。

湾ベイト29gをキャストし、ボトムをゆっくりと引いていきます。


そろそろ開始から2時間。

ここらでキャッチしとかないとボウズるな、とか考えていると ゴン!


おっしゃー! やっときたぜ!!


しかしヒットしたルアーがこの世の中で最もバラしやすいと言われている湾ベイト29g。

エラ洗いされたら60%以上の確率でバレるでしょう。
(ウソです。ベイトブレスさんゴメンナサイ)


幸いなことにシーバスは深く潜ろうとはするものの、浮き上がろうとはしません。

この時期にしては引きも結構強い。


タモ入れに少し手こずりましたが何とかキャッチ。

14566238500.jpeg


53cmのフッコ君。

タモ網に入った直後にルアーが外れました。

あぶねー!


なんとかボウズは免れたものの、それ以降はアタリなし。


14566238380.jpeg


ボートチームは好調だったようですね(チェッ)



常連さんが皆さん帰った後も一人粘ります。


11;30~12:00 昼食

12:00~13:00 車中でお昼寝


13:00に戦線復帰するものの14時過ぎくらいから南風が強くなって白波が立つようになりました。

14566238770.jpeg


15:00納竿。

午後の部は余分でしたね。

シーバスの釣果は17本。多いようにも思えますが、感覚的にはポツポツ釣れていたという感じ。

爆釣とはほど遠い印象でした。

まあ、大黒や本牧よりもぜんぜんマシですがね。


・・・・・・・・・・・・・


平日爆釣で休日渋い


実は市原市海釣り施設ではよくあることです


理由はよく分かりません


なので覚悟はしてました


市原海釣り施設住人の知恵ってやつですかねwww


・・・・・・・・・・・・・


カミサンがインフルで寝込んでしまいました (((;゚Д゚))))


果たして今度の週末までおじさんは無事にいられるでしょうか!?


一緒にボートに乗る予定の人。気をつけて下さいねーwww


14566238610.jpeg



2月の鱸を食う の巻


このカテゴリーの記事は久しぶりですね。


真冬は鱸の産卵期。

栄養分が卵にいってしまい、身はカスカスであまり美味しくない、と良く言われますが、確かに釣れるのはやせっぽちシーバスばかりで食べる気がしないヤツばかりでした。


今回、久しぶりに食べる気になったのは、ここ最近じゃ引きの強い元気なシーバスだったのと、間を置きすぎて包丁の腕前を錆び付かしちゃいけない(柳刃包丁は錆びちゃいました。安く譲ってくれたNさんゴメンナサイ!)と思ったからでした。


そしてもう一つの理由。


今回調理したのは2月18日にヘルティックでキャッチした52cmのフッコだったんですが。

14557838740.jpeg


写真の右端、魚体の下腹部から出た白い液体が、筋となって縦に張り付いているのが見えますかね。

キャッチされたショックで放精したようです。


こいつは雄。白子を持ってるな。

サキバシリなんか出しやがってwww


家で捌いてみたらやっぱり。

14557839530.jpeg


52cmの魚体にしてはやや小さめな白子ですが、食べられるサイズです。



ということで久しぶりの鱸料理。



お刺身

14558495520.jpeg



ピリ辛漬け

14558494980.jpeg



カマと中骨の身の塩焼き

14558495730.jpeg


そして


白子ポン酢

14558495880.jpeg


最後に


鱸と野菜のセイロ蒸し

14559630380.jpeg



食後の評価は、夏から秋の旬な時期を星5つとして


お刺身
☆☆☆

ピリ辛漬け
☆☆☆☆

塩焼き
☆☆

白子ポン酢
(旬な時期には無いですが)
☆☆☆

セイロ蒸し
☆☆☆☆



身に脂が乗っていない分、塩焼きはイマイチでしたね。

刺身は日を置かずにその日に食べた方が、コリコリ感を楽しめるので良いと思います。

白子には旨みをあまり感じませんでした。先走ったからか産卵期終末だったからでしょうか?


ピリ辛漬けは変わらず美味しいです。

セイロ蒸しはたまにカミサンが作ってくれるのですが、鱸の白身には合っていると思います。



ビフォーアフターで個体差が大きい時期なので一概には言えませんが、基本的に鱸は美味しい魚。

状態が良さそうな個体をキャッチしたら、色々な調理方法を試しながら食べてみるのもいいと思いますよ。



でもこれからのシーズン

捌いてみたら、お腹からドロドロとバチが出てくるかも知れないですけどねwww







やっぱり穴撃ちは楽しい!千葉沖ボートゲーム の巻


14559632940.jpeg


テクニックのないおじさんに穴撃ちは難しいんですけどね


相変わらずバックハンドキャストは苦手だし


だからそんなに数は釣れません


でも数匹でいいんです


バースの奥や柱のキワにルアーが届き


隠れていたシーバスがガバッと喰い付くシーンを目の当たりにするだけで


どんなに悪天候でも一時間はテンションを保てますwww


・・・・・・・・・・・・・


2月20日 曇りのち雨(中潮) 千葉沖ボートゲーム


予定通り9時出港。

今日は久しぶりの千葉ボート。メンバーはテル船長とターキーさん。


14559630890.jpeg


天気予報は曇りのち雨。

夕方以降は暴風雨になり、立って歩けないくらいになるとのこと。

天気の急変に備えながらの釣行となります。


出港時はいい天気で暖かかったんですがね。

14559631110.jpeg


最初のバースでテル船長が1キャッチ。おじさんはバラシが一回だけ。

あまり活性は高くないようなので即移動。

ボートは南に下ります。


海釣り公園の前を通るのも久しぶりですね。

常連の方々が手を振ってくれました。

14559631330.jpeg


HPの釣果情報を見ると・・・


頑張って下さい・・・

我々が皆さんの分も釣ってきます!!



海釣り公園のそばのバースでプチ時合いがあり、テル船長とターキーさんがポンポンと良型をキャッチ。

とても楽しそうです。

スロースターターのおじさんはここではノーキャッチ。

いつもスタートから2時間は釣れないですからね。


南に下った次のポイントでやっと1本目。


11:02 ほらね、2時間後でしょww

14559631540.jpeg


サイズは40cmそこそこ。


11:04 2本目キャッチ。入れ食いポイントにあたったようです。

14559631720.jpeg


このポイントはジグでの反応がとても良く、ボートの真下にジグを落としてタダ巻きするだけでヒットしてきます。

ボートの上ではダブルヒット、トリプルヒットの連発。


11:30 たしか4本目か5本目。

14559631920.jpeg


2時間も釣れなかったのに、わずか30分で4,5本も釣れちゃうんですからね。

不思議なもんです。


1時間ほどでスレたのでポイントチェンジ。南に下ります。


予報どおり雨はポツポツと降り出しましたが、風はまだ微風。

14559632300.jpeg


その後、何箇所かバースを巡りますがキャッチはポツポツ。


13時を過ぎると雨がやや強くなり、それに伴って気温もグンと下がります。

14559632500.jpeg


「雨も強くなってきたし、寒いからもう帰ろうよ。」


なんてことを言う人がいる訳もなく、皆ひたすらルアーをキャストし続けます。



13:20 バースの柱の裏から飛び出してきたシーバスをキャッチ!

14559632940.jpeg


くぅ~!これこれ! o(≧▽≦)o


こういうのがあると、気温がもう5℃くらい下がってもおじさんのテンションは下がらないでしょう。


14時半。風はまだ強くないですが、天気の急変に備えて北上開始。

最後のバースに向かいます。



そこで・・・・


テル船長とおじさんは・・・・・


・・・・・・


・・・・・・


・・・・・・



「一人時合い」というものがあることを知りましたwww


そんなに活性が高いバースではなかったのですが、

ターキーさん一人が入れ食い状態。

軽くキャストしたジグでヒットしまくります。

しかもぶっとい70cmオーバーを騒ぐことなく黙々とキャッチ。

見ているこっちの方が「でかい」「でかい」と大騒ぎですwww


・・・・・・・・・・・・・


「あと10分で終了です」とテル船長。

楽しい時間はあっという間に過ぎてしまいます。


しかしこのバースに来て、おじさんはブレードでのバラシが一回あっただけ。

なんとかもう一本釣りたい!



おじさんの願いを釣りの神様は叶えてくれました。


バックハンドキャストで投げた40gのジグが、


バースの奥にある


柱と柱の間の狭い空間を


スッと通り抜けます。



奇跡のショット・・・



最後の最後で・・・


そして・・・


・・・・・・・・


・・・・・・・・


ゴン!



14559633110.jpeg



♪───O(≧∇≦)O────♪



決めた!

グリーンジャンボが当たったら絶対にボート買おうっと!



船舶免許を取る気はないですけどねwww

市原市海釣り施設に早春パターン到来!? の巻


14557838960.jpeg


49cmのフッコです。

今日は3ヒット2キャッチ、2ショートバイト、2チェイスでした。

キャッチした本数は少ないですが、全体的に厳しい状況の中、おそらくおじさんが一番シーバスに出会えたと思います。

ポイントは早春ポイントでした。

今年もいよいよ始まりましたかね。


・・・・・・・・・・・・・


2月18日 曇り時々晴れ(若潮) 市原市海釣り施設


5時45分現着。順位は3番。

風もなく、やや暖かい朝です。

14557838550.jpeg



浅瀬には今日もたくさんの水鳥たちが。


ベイトはいないのでしょうか。


14557886790.jpeg



7時開場とともに木更津側へ。

足下をジギングした後にヘルティックを数投するも無反応。


10分くらいでこの場を見切りました。


そして昨日は反応が良かったという早春ポイントへ。



早速ヘルティックでジャークするも反応なし。

キャストする方向を変えたり、カウントを変えたりしてもダメ。


うーん、やっぱりまだ早いのかと考え始めた時に、ふと思い立ったのがジャーク間隔の変化。

色々と試してみると・・・


ゴン!


7:26 52cmでした。

14557838740.jpeg


この時期のシーバスにしては良く引きました。

その後、バラシやショートバイト、チェイスの後、8:11に冒頭の49cmをキャッチして時合い終了。



一番反応が良かったのはスローで巻きながらのショートジャーク。

シンペンを巻いているイメージが近いかも。

ジャークは短め。ディップの部分だけでチョンチョンッと。


まあ、あくまでもパターンの一つとして、軽ーくお考え頂ければと思います。

人それぞれ自分の信じるメソッドでチャレンジして下さい。



釣れなくても責任は取りませんよwww


14557839160.jpeg


嵐の前の静けさ 木更津ボートゲーム の巻

14553630610.jpeg


金閣寺です


前日の京都出張の際に、せっかく来たのだからと立ち寄りました


平日なので観光客のほとんどは外国人


世界的にも有名な観光名所ということで、欧米系の外人さんも多かったのですが、圧倒的だったのはやはり中国人観光客


ここでも爆買い、爆見学、爆撮影、爆座り込みしてましたww


最近の中国人観光客は爆買いだけでなく、日本の美味しいものを食べたり、スキーに行ったり、人間ドックに行ったりと、来日の目的が多様化しているそうですね


もし、彼らがシーバスフィッシングの楽しさを知ったら・・・


爆海釣り公園や


海警に守られながらの爆ボートゲームされて


東京湾のシーバスは絶滅しちゃうかも知れないですねwww


・・・・・・・・・・・・・


2月13日 曇りのち晴れ(中潮) 木更津ボートゲーム

メンバーはテル船長とおじさんのみ。

ボートに乗る予定の人が急遽来れなくなったそうです。


という事は・・・

ボートの前半分はおじさんのもの?

一人で自由に使っていいの?

14553631090.jpeg


ラッキー!周りを気にしないで自由にフォアハンドキャストが出来るぞ。


釣り人と船長という、まるで釣り番組のような贅沢な環境で6時半に出港。



今日は風が強く、午後からは防風となる予報。

なのでいつものアクアラインには行かず、近場で穴撃ちメインの予定です。


ところが・・・


港の外に出てみると風はほとんど吹いていません。


14553631260.jpeg


波も無く、凪に近い状態。

嵐の前の静けさ、ってやつでしょうか?



そして・・・


我々二人は・・・・


とあるバースで・・・・


・・・・・・

・・・・・・

・・・・・・



嵐の前の静かな穴撃ちを経験するのでした (T-T)


まあ、サイズは大きいけど数は少ないので有名なバースだったんですけどね。

どこへ撃ってもシーバスの反応がほとんどありません。

今日はフォアハンドキャスト三昧なので、柱と柱の間を抜けてバースの奥に通す、といった“奇跡のショット”が何発も決まっているのにも関わらずです。


しかもあちこちで根が中層近くまで伸びています。

アタリかな?と思ったら根だった、というのが何回もありました。

最終的には根掛かりで3本ものルアーをロストしたし。


曇り予報だったにもかかわらず太陽が思いっきり顔を出し、ピーカン状態に。

14553631610.jpeg


日射しがバースの奥まで明るくしています。


そんな厳しい状況の中でも、さすがのテル船長は2本のシーバスをキャッチ。

しかも1本は60cmオーバー。

ショートバイトやチェイスも何回かあったみたいです。


やっぱり腕の差は大きいよなあ、と思っていたら、


シャクリながら巻いてきたジグの下をシーバスが付いてきました!

でも喰わない!

そして足下で反転!!



くそー、この渋い中やっと出会ったシーバス。チェイスなんかさせねえぜ!


ここはあの技を繰り出すしかない!


秘技 木の葉落とし!


ベイトリールのクラッチを切り、反転し去ろうとするシーバスの顔を狙ってジグをヒラヒラと落とす。

破れかぶれのように見えますが、ジグが落ちる速さや角度を瞬間的に計算してシーバスの顔付近に落とすという、熟練の技です(ウソ)。


そして・・・


決まったーっ


14553631450.jpeg
ワーハッハー! 今回はおじさんの勝ちだな。修行して出直して来い!


7:37 50cmオーバーのまあまあサイズがやっとキャッチできました。


しかしその後は再び嵐の前の静けさに戻ります。

満潮の潮どまりも重なり、バースを変えても状況は好転しません。



日差しも強くなり気温もグングンと上がります。

防寒ジャケットなんて暑くてとても着てられません。

14553631740.jpeg



9時半を過ぎ、風が強まる予報も気になりだします。

潮も動いてきたし、どうせ渋い状況が変わらないなら1,2本でもキャッチできた元のバースに戻ろうという事になりました。



日差しが強くなったので、後半の部は反射アピール性が高いブレード中心の攻めに変更します。

しかし“奇跡のショット”を何発も繰り出しても反応はありません。


まあ、今日は厳しいながらも木の葉落としで1本獲ったからいいか、

とか考えながらブレードを巻いていたら根掛かり!


また中層まで伸びてる根かよ!

ったく、今日はこんなのばかりだよ。


ロッドをチョンチョンとあおりますが外れません。

もっと強くあおろうとしたらボートが潮に流されて、ラインテンションが強くかかり、ロッドを動かせなくなりました。

「大丈夫ですか?」テル船長が心配そうに声を掛けてくれます。


「変なところに根があってさ。なんなんだよ全く!」

ロッドが大きく曲がりヤバくなってきました。

スピニングリールのベールを起し、ラインを吐き出してテンションを緩めるしかありません。


ところが・・・


・・・・・・・


動いているのはボートではなく、根の方でした


????


グングンとスピードを上げて動く根


?????


そんなバカな


も、もしかしてこれは・・・



シーバスだあ!!


しかもデカい!

マジっすか?


ドラグを鳴らして深く潜るシーバス。

しかし、産卵後なのかサイズの割に引きはあまり強くなく、派手に暴れるようなこともありません。

チョンチョンとロッドをあおったのが追い合わせとなったのか、15gの湾ベイトがガッツリ掛かって外れません。


グーっと海面に上がって来たところをテル船長のタモアシストで無事にキャッチ。


おー、やっぱりデカい。

14553631910.jpeg


74cmありました。今シーズン最大です。

変な釣れ方でしたがとても嬉しい。



その後、テル船長が1本追加しましたが、再び嵐の前の静けさモードに。


風もやや強くなってきました。

14553632060.jpeg


おじさん達は大人なので無理はしません。

11時過ぎに納竿。帰港しました。

テル船長の読み通りのタイムスケジュールとなりましたね。


・・・・・・・・・・・・・


爆釣とはいかず、釣果は2本と少なかったけど


春先のおマヌケシーバスでなかったら2本とも確実にバラしてたけど


結果オーライ!!


根魚が釣れなかったのは残念!

中途半端はダメ! 市原市海釣り施設 の巻


14551803040.jpeg


コアマン PB-30


本日唯一の釣果です


傷もなくほぼ新品


ブレードもピカピカだったのでロストしたばかりのようです


何故か5色のPEラインに直結されていました


もしかしたら隣の初心者っぽいおじさんがロストしたばかりなのかも・・・


言ってくれたら返したんだけど


何も言われなかったんで頂いちゃいました


こーゆーことやってるからダメなんですかねwww



・・・・・・・・・・・・・



2月11日 晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


5時20分頃に現着。順位はタッチの差で5番。

トップ争いはTKKさんとターキーさんだったので、当日着組としては3位、

タッチの差でおじさんから4位の座を奪ったNさんは、357号の市役所前地下道で、猛スピードでおじさんをぶっち切ったので、実質は2位かな?

ということで来年の2月11日は5時くらいに来ることにします。


スタートポジションは木更津側正面。

天気の回復が予報より遅れて北風が強かった為の選択です。

とりあえず足元の柱をジグで当たるものの反応なし。

その後、ブレード、ヘルティックとルアーチェンジしていきますがノーバイト。



しばらくすると海側のポジションの方たちがポツポツとキャッチし始めます。

やはり海側なのかなあと、海側スロープ下よりにポジション替え。

14551805530.jpeg


風も収まってきたのでヘルティックでジャークしていると右隣の方がブレードでキャッチ。

やっぱりブレードなのかなあとPB-24に替えたら冒頭のPB-30をキャッチ。


PB-24でPB-30をキャッチ!?

こ、これは、秘技!わらしべ長者 かもしれないと、PB-30にチェンジ。


するとNさんが鉄板系で65cmをキャッチ。

大物は遠くにいるのか!と、IP-26にチェンジして遠投。


するとTKKポジション付近でTKKさんがヘルティックでキャッチ。

やっぱりあっちの方に集まっているのかな?

と思ってポジション替えしようと思ったら・・・・



木更津側はもの凄い人口密度でしたwww

14551805110.jpeg



甘い考えのポジション取り


ポリシーのないルアーチェンジ


こんな中途半端じゃ釣れないのは当たり前ですね。




10時くらいに納竿。

天気も良かったんで、本当はもう少し続けたかったんですが、実は気になることがあって早めに帰宅することにしました。


・・・・・・・・・・・・・


前日の夜


明日は夜から出張だけど昼間は釣りにいくから


えっ? なんだ釣りに行くつもりだったの?



なにか問題でも?


いえ、別にいいけど。
私は娘と新三郷の○○○○にお買物に行ってくるね。



新三郷の○○○○に買い物・・・



そりゃあ、洋服でも買いに行くんならほっときますけどね。


行く店っていうのが


14551805690.jpeg


コストコじゃあ、車がないと大変ですよね・・・


結局、釣りから帰ると休む間もなくかみさんと娘を車に乗せて新三郷のコストコへ


当然のことながら車での送迎で終わる訳もなく、3時間もの間、ずうっとあのでっかいカートを押し続けてました・・・



17時に帰宅。息つく間もなくスーツに着替え、出張先の三重県に向けて家をでました・・・


今、19時です。

新幹線を名古屋で乗り過ごさないように、眠い目をこすりながら必死にこのブログを書いてます。


・・・・・・・・・・・・・


ところで


冒頭のルアー初心者っぽいおじさんが


ナイロンラインをパンパンと高切れさせて


ルアーを3つも4つもロストしてましたが、


ああいう時ってちゃんと教えてあげた方がいいんですよね?やっぱり。



次回はちゃんと徳を積んでシーバスゲットだぜい!



14551803390.jpeg

今日が底か? 木更津ボートゲーム


14548021840.jpeg


「風の塔」に向かう4人のパーティ


東京湾にポツリと浮かぶ戦いの地


超有名ポイントながらこれまで未攻略のダンジョンです


どんなモンスターが潜んでいるのか


今の我々のレベルで倒すことができるのか


不安は尽きません



眼前にそびえる巨大な塔


近くで見るとその大きさに圧倒されます


14548022060.jpeg



そして・・・・


おじさん達の戦いが始まりました




・・・・・・・・・・・・・


2月6日 晴れ時々曇り(中潮) 木更津沖ボートゲーム


6時50分頃に出港。

日の出が少し早くなりましたね。

釣れる時間が延びるので嬉しいです。


14548019910.jpeg



メンバーはいつものテル船長とYZさん、Nさん。

このメンバーなら100本越えは確実でしょう、いつもの調子なら・・・。



立春を過ぎたと言っても寒さ厳しいこの時期、浅場にいるシーバスは少数派。

沖合いでボトムをジグで探る釣りが中心となります。

なのでボートはアクアラインへ一直線。


14548020570.jpeg


7:12 到着。

橋脚の下、魚探の反応はイマイチとのことでしたがテル船長が一投目でヒット!

さすがですねえ。


なんだ心配してたけどちゃんとシーバスいるんじゃん!


が・・・


その後アタリは続かず・・・


30分が経過・・・

・・・・・

・・・・・



突然YZさんのロッドが大きくしなります!


大物らしく、ずっしりとした感触が見ている人にも伝わってきます。


なかなか姿を現さない大物、長期戦となりました。


テル船長もボートを操船しながらサポート。「YZさんはデカイの掛けるからなあ。」



高まる期待!

Nさんがランディングネットを持って構えます!


14548020810.jpeg



YZさんがメーターオーバーの魚交を退治してくれた効果は直ぐに現れました。

付近にいたシーバスの活性が高まったみたいで、ポツリポツリとアタリが出てきました。


8:03 おじさんもやっと1本目をキャッチ。

14548021110.jpeg


10分後くらいにもう1本追加した後、


8:26 3本目をキャッチ。

14548021350.jpeg



ALL抜き上げサイズ & ALLスレ掛かりww

50gのジグにシャクリ上げで上手くアクションを付けられた時にのみ、バイト(引っ掛かり)しました。


残念ながらプチ時合いはすぐに終了。

その後は橋脚を変えたりアンカー落として一箇所をじっくり攻めたりしましたが釣果は伸びません。



9:30

テル船長は決断します、

禁断のあの地に行こうと。


14548021840.jpeg




東京湾の大海原にそびえ立つ巨大建造物「風の塔」。

テル船長がアクアライン建設当時の風の塔の役割などのお話を色々と説明してくれましたが、おじさんの耳には殆ど残っていません。


風の塔には多くの魔物達が潜んでいるという噂です。

レベルの低いパーティが入り込むと全滅する危険があるとか。


しかし、われら4人のパーティは、

魔物など恐るるに足らず!


と、その巨大なシルエットに向けて突入したのでした。


14548022260.jpeg



おじさんの攻撃! スルッ! おじさんの攻撃はヒットしなかった。



テル船長の攻撃! スルッ! テル船長の攻撃はヒットしなかった。



YZさんの攻撃! スルッ! YZさんの攻撃はヒットしなかった。



Nさんの攻撃! ズンッ! かいしんの一撃! シーバスは秘技U字固めにかかった!


Nさんはフッコ1をキャッチした。



14548022500.jpeg


10:45

達成感の無い中、風の塔を離れ、アクアラインに戻ります。

結局、「かぜのマント」も「いのりのゆびわ」も見つけることは出来ませんでした。



14548341630.jpeg


アクアラインにシーバスがいないことを再確認できました。


ボートは穴撃ちをしに木更津港へ戻ります。

14548345980.jpeg


最初のバースではテル船長が1本キャッチしただけ。

予想通りでした。


次のバースに向かいます。

14548022730.jpeg



最後のバースにもシーバスがいない事を確認。


13:30

帰途に着きます。


14548022970.jpeg


後半はやたら早い展開でしたwww



それにしても厳しかったですねー。


おじさんの釣果は3本で8:26以降はノーキャッチ。

ボート全体でも10本程度でした。


今日が底、

だったらいいんですけどね~



Page top