寒は戻るがシーバス戻らず の巻


201603270350159f8.jpeg



分かってはいるんです


朝イチの岸ジギ以外はかなり渋いことは


でも


キャストして釣りたいんですよね


狙ったポイントにルアーを投げて


ジャークしたリフト&フォールしたりクイックイッしたりして


シーバスのバイトを引き出したいんですよね


ルアーマンとして岸ジギは最後の手段・・・


なんて


そんなことにこだわっていると


ボウズで終わる可能性が非常に高くなるんですよねー


今の時期はww


・・・・・・・・・・・・・


3月26日 曇りのち晴れ(中潮) 市原市海釣り施設

5時現着。順位は5番。

前にいるのは(ここでは)若手常連ルアーマン&YOさん。

久しぶりにやる気のあるメンバーが集まってます。


開場とともに皆さん木更津側へ向かいます。

おじさんは早春ポイントへ。

どっちでも大して変わらないとは思いますが・・・


ヘルティック → ワーム → ブレード


これらをレンジ、カラー、アクションをチェンジしながら投げまくります。


そしてノーバイト。


しばらくすると巡回しているスタッフさんからジギングでの釣果情報が続々と入ってきます。

あのポイントも、あっちのポイントも陥落済み。

YOさんもスピニングロッドとベイトリールを組み合わせたオリジナルタックルで見事一本キャッチしたとのこと。

すぐ近くのポイントでもMさんがキャッチしているのを目撃しました。



・・・・勝負あり。

今から岸ジギに移行しても後の祭りでしょう。


201603270348046f6.jpeg


予想以上に厳しかったですね。

キャッチされたシーバスの殆どは今日もジギング。

YSDさんがヘルティックでキャッチしましたが、フォール中のバイトだったとのこと。

ダートじゃ喰わないんでしょうね。



15時半まで粘りましたが結局ボウズ。

アタリはワームへのショートバイトが一回あったのみ。

ピックアップ直前にワームのお尻をちょっとかじられた感じでした。


201603270348578f6.jpeg



それにしても寒い一日でした。

お彼岸の後とは思えません。

予報で寒いの分かっていたので防寒装備だったのですが、それでもつらい。

シーバスの活性が低いのもやむを得ませんね。


来週は気温がかなり上がるようなので、少しはマシになりますかね。

開場も1時間繰り上がって6時からになるし。


201603270350363f7.jpeg


ところで、


常連さんが引き上げた午後、TKKラインに陣取っていたのは中年カップルでした。

キャスティングのフォームや、投げているルアーから初心者だとは思ったのですが、根掛かりしたルアーを外そうとして、ロッドを弓なりにしていました。


「そんなにしたらロッドが折れてしまいますよ。」


と注意したら、今度はラインをハサミで切ろうとしていました。

もちろん注意して止めました。

ラインを手元で切ったら長いラインが海中を漂ってしまい、新たな根掛かりの原因になってしまうことを説明し、変わりにラインを引っ張って外して上げました。

残念ながらルアーは救出できませんでした。何故ならラインが1号くらいの細いナイロンラインだったので。


こんな細いラインじゃ、シーバスがヒットしたら切れちゃいますよ、

って教えてあげようかと思いましたがやめました。

ウンチクじじいになりたくなかったので。


ここら辺の度合いが難しいんですよねー。


20160327034609b7e.jpeg


最後に


今日も有難う! ターキーさん!!


またよろしくお願いします!!


201603270347097c3.jpeg
37cmのアイナメでしたww


せめてツ抜けたかった・・・ 木更津ボートゲーム の巻


おじさん以外の同船メンバーは全員30本超え


アクシデントで飛車角抜き状態となったにもかかわらず、TKKさんは40本超えたんじゃないでしょうか?


そんな爆釣デーだったというのに


おじさんの釣果はわずか7本


ちゃんと正直に申告したのに[そんなに少ない訳ないでしょ。」と、みんな信じてくれませんwww


「今日はカウンターを忘れたんで、数えられる範囲にしといたんですよ。」


負け惜しみを言うのが精一杯


でも大丈夫


ちゃんと敗因分析は出来ています


それさえしっかり対応すれば


次は負けねーぞ!! (勝ったことないけどwww)


・・・・・・・・・・・・・


3月21日 曇り時々晴れ(中潮) 木更津沖ボートゲーム

6時出港。メンバーはテル船長とNさん、TKKさん。

沖合は風が強いということで、アクアラインは寄らず、一気に北上して風裏の穴撃ちポイントに向かいます。


201603211742396f0.jpeg



最初のポイント。

簡単ではないけど、釣れれば大物。

おじさんはここを 「虎の穴ポイント」 と呼んでいます。

ルアーをバースのほとんど反対側にある柱のキワに通さないとまずヒットしません。

なのでキャッチできないことが多いのですが、今日は奇跡の一投が炸裂して一本キャッチ。


7:06 53cm
201603211742583f3.jpeg


かなり満足度の高い一本でした。


しかし、後が続きません。

結局このバースはいつもより渋いということで、別のバースへ移動することに。



虎の穴ポイントからすぐそばにある長いバース。

おじさんはここを初めて訪れます。


そして・・・

このバースで・・・・

爆釣デーの幕が開きます。


まず好調だったのがブレード。中層レンジの魚影が濃く、割と手前の方でヒットします。

柱周りにもちゃんと付いていて、バースの奥にキャストして、キワを通すと高確率でヒットします。

なので、ミノーでもブレードでもジグでも、状況に合わせることさえ出来れば面白いようにヒットします。

サイズもGood! 60cm台後半がポンポンと上がります。70オーバも数本上がりました。


10:56 68cm!
20160321174334a58.jpeg



長いバースの端から端を、ボートは潮の流れに乗って少しずつ移動します。

終点まで来ると始点に戻る、を繰り返したのですが、驚いたことに何度訪れても全くスレないのです。

結局5,6往復くらいしたでしょうか。


絶え間なくヒットするシーバスにボート上は大フィーバー。

常に誰かが掛けています。ダブル、トリプルヒットもしょっちゅう。



が・・・


その中でひとりほとんどキャッチ出来ていない人が・・・・


ポツポツとですがキャッチはしていたし、

足下バラシやチェイスもそこそこあったので、

周りは気付かなかったようですが・・・


他のメンバーが20本を超えていた時に、おじさんはまだ4本くらいでした。

まぁ、おじさん的にはそこそこ釣れていたので、そんなに焦りはなかったですけどね。


楽しすぎて予定時間をだいぶオーバーして帰港。

20160321174351df9.jpeg


またあのポイントに行こう! 

と全員が思ったことでしょう。


・・・・・・・・・・・・・


冒頭に告白したように、おじさんの最終キャッチ数は7本。

そのうち5本くらいは「奇跡のショット」でキャッチできたので、おじさん的にはそれなりに満足な一日だったのですが、やはり数の差は気になります。

大差が出た理由を自分なりに納得しておかないと精神衛生上良くないので、ここで自己分析した結果を発表(言い訳)させて頂きます。


あっ、あらかじめ言っておきますが、 「キャスティング技術の差」 は、理由に入らないですよ。

そんな身も蓋もない話をしたって誰の参考にもならないでしょ?


201603211743178a6.jpeg


理由1.レンジにうまく合わせることが出来なかった

シーバスの反応が良かったのは中層。このレンジにブレードを流すとバンバンヒットしたのですが、当初おじさんが投げていたのは15gのスピンシャイナー。中層まで落ち切っていなかったのか、殆どヒットしませんでした。途中から3軍ルアーケースに入れていた29gの両目なし湾ベイトを投入し、やっとヒットするようになりました。でもこいつもしばらくしてロスト。次に24gのグローブレードを投入したのですが、反応はイマイチでした。

  ⇒これで7本くらいは損しましたかね。


理由2.ルアーのフックが甘かった

おじさんはルアーの殆どをヤフオクの中古品で調達しています。付いているフックがサビサビだったり、フックが外されていたりするケースが多いので、ほぼ全てのフックを新調するのですが、これが大変。安物のがまかつバーブレスフックを毎週のように補充しているのですが、ちょっと気を抜くと直ぐに在庫切れ。なので一軍ルアーでもフック交換が行き届いていない傾向があります。フックはルアーの命って以前記事にしたことがあるのにね。

  ⇒これは3本くらい損したかな?


理由3.爆釣ポイントで童貞ルアーにこだわった

これはおじさんの悪いクセです。どうしてもこれをやってしまいますwww
今回はマールアミーゴⅡと熱砂シロギスにこだわりました。アミーゴは別として、熱砂はヒラメルアーですからね。重さのあるルアーなので中層狙いで投入したのですが、ヒットしないばかりか結局根掛かりでロスト。童貞を卒業させてあげられませんでした。

  ⇒これも3本くらいかな?


3つの理由で13本の損。

キャッチ数を合わせると合計20本。

これが本来、おじさんの実力で釣れたはずの本数です (*`へ´*)


「他の人は30本以上キャッチしてたんだろう?」


そんなの実力の差に決まってんでしょっ!!


次回はフックを新調して29gの湾ベイト持って童貞ルアー捨てて20本以上ゲットだぜいっ!!!

ワームでゴンッ! 市原市海釣り施設 の巻


開場前・・・

さめざめと降り続く雨

今日は常連さんは来ないのかな、と思っていたら車高の高いオフロードカーが到着


「おはようございます!」


「おはよう!落ちたんだって?」  Sさんの第一声www


「はい!」 (^∇^)


こんな感じで始まった二人の会話。

話題はこれからの釣りのことよりボートのことばかり。


「今日は風が強いからボートは出ないの」


「蘇我から出撃するみたいですが南下はしないみたいですね。」


「風が強いとボートは辛いからなあ。」


「Sさんが乗る時は何故か天気が悪いみたいですね。」


「揺れるし、寒いし、釣れないしで大変だよ。」


「でもシーバスはだいぶ戻ってきてるみたいですよ。先日もTKKさん達が爆釣したそうだし。」


「100本近くいったみたいだね。」


「ルアーがバースの奥に届かなくても、手前でバンバン喰ってきたみたいですね。」


「そんなこともあるの?!!」


「ええ。これからは活性もあがるでしょうから、そんな日ばかりですよ、きっと。」 ( ̄ー ̄)ニヤリ


「へー、そうなんだ!!」


もう少し・・・


あともう一押しで・・・・



・・・・・・・・・・・・・


3月19日 雨時々曇り(若潮) 市原市海釣り施設


5時現着。当然の様に順位は一番。

開場前に並んでいるのは10人くらい。ファミリーが一組と後はルアーマン。


南風がやや強いので木更津側へは入らずに早春ポイントへ。


ヘルティックを2,3投して様子を見るも反応なし。

今日はジグの日だろうな、と思っていたので即、柱ランガンを開始します。


20160319191836461.jpeg


千葉側の工事もやっと終了。今日から入れるようになりました。


さっそく柱ジギングすると3投目でヒット!


サイズはイマイチながら引きは強い!


浮き上がったところでタモ網を下ろそうとすると スルッ!


無念のバラシ・・・・


幸先いいと思ったんだけどなー


その後、主に千葉側の柱をランガンしますが反応なし。

20160319191900c80.jpeg


再び早春ポイントに戻ります。


変化を付けながらヘルティックをジャークしますが反応なし。


しょうがない

水曜日は好調だったとNさんが言ってたワームでも投げてみるか・・・

ワームは得意じゃないんだけどな・・・


追い風に乗せて遠投し、軽ーくジャークしながら巻いてきます。


が、反応なし。


再び風に乗せて遠投。


今度はボトムに落とした後、デッドスローで巻いてきます。

誰かが、ワームは変なアクションは付ける必要なし、って言ってたんで。


ボトムすれすれで足下まで寄せると・・・


ゴゴッ!!


おーっ!本当にヒットした!

サイズは小さいものの、いい引きしてます!


そして・・・

・・・・・

・・・・・


ネットイン


2016031919192582e.jpeg


40cmジャスト!


ワームでキャッチしたのっていつ以来だろう?


リリースして再び同じメソッドで。


すると・・・


ゴゴッ!!


残念ながらこれは足下でバラシ。

ちゃんと口に掛かってたんだけどな。

でもさっきの1本はマグレじゃなかったww



気を取り直し、反対側に回ってキャストを続けます。


スローで寄せて、


ワームが足下近くまでくると・・・・


ゴゴッ!!


今度はなかなかのサイズ!


ドラグを鳴らしながら深く潜ります。


さっきは大事に行き過ぎてバラシたので、今度はやや強引に巻き上げます。


そして・・・・

・・・・・

・・・・・


ネットイン


20160319191950cc3.jpeg


よっしゃー!! 久々のマルチだぜ!!


53cmありました。


タモ網リリースし、キャストを続けます。


するとなんと次の一投で・・・・


ゴゴッ!!


マジかー!! 連発だぜー!!


2016031919201444c.jpeg


49cmのフッコ君


o(≧ω≦)o  こんなのはじめてー ww



2本目、3本目はかなりボトムを攻めました。

アクションは控えめ。

リールを巻いてワームを寄せるというより、ロッドでゆっくり寄せながら糸ふけを巻き取る感じ、

なので根掛かりも連発します。


ヒットルアーを根掛かりでロストしたところで時合い終了。

朝一からやってたらもっと数を伸ばせてたかな?


その後、雨が強まったので休憩を交えながら、お昼寝をはさみながら粘りましたがノーバイト。


15時納竿。

後半はショボかったけど満足の一日でした。

20160319192040164.jpeg



Nさんの情報に感謝!


雨が降り続いてとても寒かったけど


久しぶりにいい思いをさせて頂きました。



この調子で次回もシーバスゲットだぜい!!


3月の鱸を食う の巻


2016031423294361f.jpeg


魚の“旬”と産卵期には密接な関係があります。

産卵の為に栄養を蓄え、身に脂が乗っている時期が、本来の ”美味しい時期” と言う意味での旬ですが、沢山獲れる時期をその魚の旬と間違えているケースが多いようです。いや、間違えてはいないのかな?そういう風に仕組まれているのかな?

実際、秋刀魚(サンマ)の旬は、大量の水揚げがある秋ではなく、真夏だそうです。


では鱸の旬はと言うと、これは皆さんご存知の通り夏の終りから秋かけて。冬の産卵期に入る前の荒喰いするタイミングですね。活性が高く、ルアーマンにはとても楽しいシーズンです。

“美味しさの旬” はもう一つあるそうです。産卵を終えた魚が体力を回復する時期、鱸でいうとバチ抜けの後のタイミングでしょうか。


では何故バチ抜け真っ盛り = 旬ではない = 美味しくない、この時期に鱸の食レポをやるのか?


ヒマだから


・・・じゃありません。



記事のネタがないから


・・・それは少しあるかも


でも一番の狙いは、「美味しくない」 から 「美味しい」 への移り変わりをレポートしたかったからです。

2月の鱸はイマイチでした。

3月はどうなんでしょう? 少しは美味しくなったでしょうか?



前置きが大変長くなりましたが、3月の鱸を食う、本題に入りたいと思います。


食材は3月12日に岸ジギで釣獲した53cmのフッコ。

20160312201917634.jpeg


特別きれいでもなく、腹パンでもない、この時期らしい張の無いシーバスです。

スポーニング直後らしく、腹の中には放精後の精巣が残っていました。

尻ビレや腹ビレをキッチン鋏でカットする時も、いつもならかなり力を入れないとカット出来ない芯の部分が、カルシウム不足なのか、簡単に切断できました。

それはそれで処理が楽でいいのですが、果たして肝心のお味の方は・・・・・?



お刺身
20160314233002d37.jpeg



腹身の塩焼き
20160314233028c7b.jpeg



ソテー
201603142330485fa.jpeg


前回同様、食後の評価は、夏から秋の旬な時期を星5つとして採点しました。


お刺身
☆☆☆☆

ハラミの塩焼き
☆☆☆☆

ソテー
☆☆☆



お刺身は頭部に近い、身の厚い部分はもっちりしていて美味しかったです。

というか、本来、お刺身にする場合はこの部分しか使わないらしいです。

貧乏性のおじさんは尾の方まで刺身にしていましたが、いつも思ってたんですよね、「最初の2~3切れは美味しかったけど段々と飽きてくる」って ww


ハラミの塩焼きは結構脂がのっていて美味しかったです。

鱸も人間と同じでお腹回りから贅肉がついていくんでしょうね ww


ソテーはイマイチ。口にパサパサ感が残ります。

下半身の部分中心だったからでしょう。上にも書きましたが、そもそもこの部分は身に脂が乗りづらく、旨み成分が少ないのでしょうね。


でもねえ、捨てるのはモッタイナイんですよねー。


誰かこの部分を美味しく食べられるレシピを開発してくれませんかねー



まだまだ厳しい! 市原市海釣り施設 の巻


シーバスしか釣れないこの時期、海釣り公園の釣り人はほとんどがルアーマン。

初心者っぽい人も多く見かけます。

一生懸命にルアーを投げているのですが、まず釣れないでしょうね。


量販店で売っている1000円くらいのちょい投げ用の竿

安物リールに巻グセがついたナイロンライン

ルアーはブレード系だけど、着水とともにリーリング


「ボトムを取らないと」


と何度か教えてあげようかとも思いましたが

あの竿とラインじゃボトムなんか取れないでしょうね

根掛かり連発、ルアーロスト連発しそうです


もっといい竿にしたら?

でも踏んづけて折っちゃいそうだしなあ


皆さんならどうします?


・・・・・・・・・・・・・


5時現着。

順位はまたもや1番。皆さん気合いが入ってませんねえ。


海側は釣れていない、どころか全体的に釣れていないという事前情報。

北風もやや強め。

TKKラインは危険、ここはMラインに入ります。


20160312201851a27.jpeg



Mさんと肩をならべてヘルティックをキャストしようとすると、


「朝一は足下にジグを落とすといいぞ。」


仰せの通りにします。


第一投・・・・

・・・・・

失敗。

ジグは柱からかなり離れた所に着水。


第二投・・・・

・・・・・


グイっ


仰せの通りにして良かったww


引きはかなり強い。

深く潜ろうとするシーバス、

ロッドのしなりでいなします。


浮き上がってきたところで間髪入れずにタモ網投入。

短期決戦すべきと判断しました。

スルっと抜けそうな気がしたんですよね。



7:05

20160312201917634.jpeg



AbuGarcia SALTY STAGE KR-X BOAT SEABASS SBC-692M-KR(中古) 

入魂完了!!



53cmのフッコでした。

Mさんありがとうございました。


しかしその後は沈黙。

周りでもポツポツとキャッチされていますが、勢いがありません。

釣れているのは岸ジギのみ。

ということで柱ランガン開始。



千葉側の塗装工事はほぼ終了。

足場の撤去作業をしていました・

20160312201932b27.jpeg 
※落ちたら冷たいぞ~(経験者談)


後はお役所の検査が済めば、いよいよ千葉側開放ですね。


30分くらいランガンしましたが、岸ジギはライバルが多く釣れる気がしません。

Mラインに戻るとMさんがヘルティックで1本上げていました。流石です。



10時過ぎ。ボートチームは近くのバースを攻略しています。

201603122019567e2.jpeg


かなり長い時間滞在していたので、それなりの釣果があったのでしょう。

なんでこっちに来ないのかなあ、シーバスたちよ。



12時に食事休憩。

12時半。車中で仮眠しながら、上げ潮が効き出すのを待ちます。


15時起床。

ヤバイ!! 寝すぎました!!

終了まであと1時間しかありません!!



釣り場に残っているのは初心者っぽいルアーマンばかり。

みんな一生懸命ブレードを投げています。


その中に混じって一人ヘルティックをキャストしていたら グイッ ときました。


型は小さいけど久々のヒット。

大事に寄せてきましたが、足下まで来たところで痛恨のバラシ。


THE END


タイムオーバーで無念の撤収となりました。

20160312202031ee0.jpeg


いや~、渋かった。

一日粘って2ヒット1キャッチ。

こんな日がいつまで続くのでしょうか?


でも1本でもキャッチできたからまだいいか。


来週は2本くらい獲れるかな?




落ちました! 木更津ボートゲーム の巻


012005



ドッボーン!!


最初に頭に浮かんだのは何だったでしょう?


あ~あ、これで今日の釣りはおしまいだな。

続けるって言ってもみんな許してくれないだろうな。




次に頭に浮かんだのは何っだったでしょう?


あ~あ、首まで浸かっちゃったよ。スマホは完全に逝ったな。



最後に頭に浮かんだのは何っだったでしょう?


それにしても体が重い。やっぱダイエットしないとダメだな。


・・・・・・・・・・・・・


3月5日 晴れ時々曇り(中潮) 木更津ボートゲーム


久々の木更津ボート。

天候も良く、まさに釣り日和。


今日は潮位が比較的高いので、日の出とともに出港します。


同船のメンバーは、

命の恩人テル船長と、テル船長のお友達の命の恩人YNさん、そして命の恩人Nさん。


JFS3


事前情報ではジギングでの釣果が良いとのことだったので、ボートは一路アクアラインへ。


鳥が騒がしかったので少し期待したのですが鳥山はなし。


しかしNさんが一投目でヒット!

強い引きながらもロッドの動きが変。

ディップがビクビクしていません。


シーバスじゃない = ここでは 魚 交


90cmくらいだったそうです。


14257836560.jpeg


その後テル船長も同じ位の魚交をキャッチ!とても嬉しそうです。


まともにシーバスをキャッチしているのはYNさん。お見事です。


おじさんはというとベイトリールに巻いてあるPEラインがやたら短いことが発覚。

昨晩FGノットの練習を何回もしたのにライン巻量の確認を怠っていました。

今日はこんなところから変だったんですよね。



ラインが短すぎてボトムまでルアーを落とせません。

やむを得ずスピニングタックルでジギング。

フォールでのアタリは取れませんでしたが、巻き上げで4回くらいヒットしました。

しかし全てバラシ!


合わせが決まらず、フッキングが甘かったようです。


14493541610.jpeg



アクアラインの下はイマイチということで海ほたるへ移動。


しかしながら反応はほぼゼロ。


ということで過去何回も爆釣実績のあるポイントへ大移動することに。


14266729730.jpeg


爆釣とはほど遠いものの、やっとポツポツと釣れるようになりました。


おじさんもここで本日の初キャッチ。

サイズは50cmくらい。お腹はペッタンコでした。


14478374640.jpeg



さあ、これからだ!


と思っていたら、超ミスキャストでラインブレイク&ヒットルアーのタイスラをロスト。


ゆれる船上でラインを結び直してスピンシャイナーをセット。


さあ、これからだ!


と思っていたらボートが大きくゆれてドッボーン!!


14317698400.jpeg



同船のお三人は命の恩人です。


おじさんの力ではボートの上に這い上がることは不可能でした。


皆さん大きな声を出しながらも、冷静に状況を判断しながら的確な対応を取ってくれました。


最後は重たいおじさんの体を3人が力を合わせて引き上げてくれました。


本当に有難うございました。


そして予定より大幅に早く帰港することになってしまって、本当に申し訳ありませんでした。


・・・・・・・・・・・・・


もうお気づきだと思いますが、スマホの電源が入らないので今日撮った写真はおじゃんです。


ということで


明日はauショップでおニューのスマホをゲットだぜい!!


・・・・・・


・・・・・・



な~んてわけないでしょ。


全てを白状したのにカミサンのご機嫌がメチャクチャ悪くて・・・


14530263540.jpeg

Page top