何で俺だけ釣れねえんだっ! の巻


20170226104417a3d.jpg
※救助訓練をするスタッフさん達



「何で俺だけ釣れねえんだっ!」


おじさんは日頃そう思うことが多いので、このブログ名にしたのですが、


このブログ名のせいで釣れないんじゃないか?


と思ったことが何回かありました


一昨年の冬がそうでした。


悪夢のような11連続ボウズ


ブログ開始早々だったこともあり、どうしても因果関係を考えてしまいました。


正直、ブログ名を変えようかとも考えました。



今日もちょっと考えたなあ


やっぱりブログ名が悪いんじゃないかって ww


2017022610425226f.jpg



2月24日 曇り時々晴れ(大潮) 市原市海釣り施設

5時15分現着。順位は5番。

開場前に並んでいたのは20人くらいで、ルアーマンが半分くらい。


前日前々日と、市原は強風で2日連続で閉鎖されていました。

閉鎖明けの今日はシーバスがスレていない大チャンスの日。

それを裏付けるように、NMさんが開場前のゴロタで60cmをキャッチしていました。



ゴロタでスズキがキャッチされたという事は、いよいよ早春パターンの到来か?

NMさんに続け、とばかりに、おじさんは浅場狙いのポジションに入ります。


20170226104305974.jpg




いつものようにヘルティックからスタート。

カウント15から30まで、レンジを変えながら探ってみました。

ダートの幅も変えたりしてみたんですけどね・・・



続いてブレードにルアーチェンジしてボトムを叩いてみました。

超根掛かり地帯なので怖かったんですけどね。



最後はワームでボトムをなぞりました。

何回か根掛かりましたが、ルアーロストは免れました。



トータルで約1時間粘りました。


結果は・・・


ショートバイトが3回のみ・・・


ヘルティックもブレードもワームも、お尻をちょっとかじられた感じ。

たまたま目の前を通ったルアーに、喰う気もなく、ちょっかいを出しただけでしょう。

産卵から戻ったばかりの、疲れ切ってやる気のない奴らばかり。



これは今日も厳しいのかな?

と思っていると、木更津側でMさんがキャッチしているのが見えました。

巡回してきたスタッフさんの話では、他にも2,3本上がっているとか。



早春パターン狙い失敗!!

これ以上、傷口を広げるわけにはいきません。



木更津側に移動し、隙間に入れてもらいました。


20170226104430c23.jpg



それにしても大潮だと言うのに潮の流れがありません。

干潮に向かって水位は下がっているものの流れは無く、まるで栓を抜いたお風呂のようです。


相変わらずシーバスの活性は低く、ガツッとしたバイトはありません。

周りでキャッチされているシーバスもポツポツといった感じ。



1時間キャストを続けてもバイトなし

周りもポツポツ



更に時間が進んでも状況は変わらない

周りもポツポツ



と、ここで、おじさんはある事に気が付きます


なんだかんだでシーバスがポツポツと釣れている事に!



あの人も釣った


その人も釣ってた


釣れていないと思ってたこの人も、クーラーボックスにシーバスが入ってた



なんだかんだで


なんだかんだで


なんだかんだでノーキャッチはおじさんだけ?


何で俺だけ釣れねえんだっ!



20170226104317594.jpg



11時半から1時間の昼食休憩。


カレーヌードルをすすりながら考えました。

ブログ名を変えるとしたら何にするか?



12時半、桟橋に戻ります。


20170226104403b55.jpg



雰囲気は全く変わっていません。


これは夕マズメまで待つしかないな。

日が高いうちは何をやっても無駄だろうな。



1時間ほどキャストした後、そろそろ昼寝でもしようかな、と思っていると・・・


桟橋の内側に潮目が見える!


良く見ると潮が帯状に流れています。

そうか! 上げ潮が効き出しているのか!!


以前、Sさんから桟橋内側の潮の流れについて聞いたことがあります。

潮の流れの行先は旧ボートエリア。

流れがある時はここでシーバスを狙い撃つ!



201702261045180d0.jpg



あわてて旧ボートポジションに移動し、スピンシャイナーをキャスト。

サルガッソーと呼ばれる超根掛かりエリアですからね。

お財布に優しいスピンシャイナーで勝負です。



一旦ボトムに落とした後、スピンシャイナーを巻いていると・・・



ガツっ!



ボトムに着いたブレードが上層に上がってきたところでバイトしました。

がっつり口にフッキングしているところからも、ルアーを追いかけてきたのでしょう。

やっときました、まともなバイトが ww



このまともシーバス君、

春先シーバスにしてはいい引きしてくれます。


しかしドラグをやや強めに絞めていたのでラインは出ません、

ロッドのしなりだけでやり取りしました。



13:18 ネットイン


20170226104454f21.jpg




46cmでした。

やはり流れの中にシーバスはいました。

2017年の陸っぱり初キャッチです。


写真撮影後、シーバスをストリンガーにつなぎ(結局リリースしましたが)、キャスト再開。


すると一投目で


ガツっ!


っしゃー!!


全く同じようなやり取りをした後、

こいつも無事にキャッチ。



13:28

20170226104505191.jpg



こいつも46cmでした。


やったぜマルチキャッチ!



この後は数回のショートバイトで時合終了。

ちなみにおじさんの隣に来たUさんも2本キャッチしてました。



20170226104441a87.jpg



「何で俺だけ釣れねえんだっ!」



まあ


いいんじゃないですかね


このままで


ちゃんと釣れたし



それに



「何で俺しか釣れねえんだ!」


なんてブログ名にしたら・・・




嫌でしょ? そんなヤツww




20170226104538aac.jpg

量より質! の巻



20170219063216cc7.jpg



量より質


これに異論をとなえる釣り人はいないんじゃないですかね


小さい魚をたくさん釣るより

大きい1本を釣りたい



普通はこう考えますよね


え?

大きい魚をたくさん釣りたい?


なるほど

そう思う人は多いでしょうね



でもおじさんは


いいのが釣れると


もういいかな?


って思っちゃうんですよね


だからいつまでたっても上達しないんでしょうねー



20170219063126cb0.jpg



2月18日 曇り時々晴れ(小潮) 木更津ボートゲーム


6時30分出港13時30分帰港予定。

メンバーはテル船長、YZさん、Nさん。


今日もターゲットはシーバス。

「沖合いのポイントでジギング&飽きたら穴撃ち」 コースです。


穴撃ちにはまだまだ厳しい季節。

沖合いでのジギングでどこまで釣果を伸ばせるか、が、

今日の釣行の鍵を握っています。



20170219062902ca7.jpg




前日は春一番が吹いて関東地方は20℃くらいまで気温が上がりました。


一転、今日は10℃以上も下がって真冬に逆戻り。

北風はやや強め、うねりも多少あります。


こういう時って釣れるんでしたっけ? 渋いんでしたっけ?



201702190631108e3.jpg




7時くらいにポイント到着。


鳥山はまだ出来ていませんでしたが、鳥たちは騒がしく飛び回っています。

魚探の反応も良好。

これは期待出来そうです、


と思ったら、

開始早々、隣のYZさんがヒット!


やはりシーバスの活性は高いようです。



おじさんも60gのギャロップCからスタート。

こいつには絶対の自信があります。

前回も活躍してくれました。

・・・しかし今日はアタリすらありません。



一方でYZさんは絶好調!

バラシもありましたが、5,6本連続でヒットしていました。


「すいません、ジグは何グラム使ってます?」

「40gかな?」


「アフターバーナーですか?」

「良くわかんない。安いブルピンのジグだよ」



40gのブルピン? それなら持ってきてるな、

と、おじさんも GUN吉のブルピン をセット。

YZさんの真似をしながらロッドをシャクリます。



20170219063204954.jpg



・・・しかし

ノーバイトが続きます。


おかしいな? 何故なんだ?

同じ様に見えてジグの形が微妙に違うのか?


再度YZさんにジグをよく見せてもらうと・・・


なんとおじさんと同じGUN吉ブルピン!



この事実が判明すると、途端に外野がうるさくなります。


「全く同じジグで、すぐ隣で釣っているのに

なんで釣れないんですかねー? www」



はいはい、

分かってますよ

腕ですよ、腕の違い!

それが言いたいんでしょっ



おじさんのファーストキャッチは開始から40分後くらい


20170219063138d98.jpg



42,3cmくらいですかね。



これでボウズはクリア。

後は落ち着いて釣果を伸ばすだけだ!



この後、


我に返ったおじさんの


怒涛の攻撃が始まります!




ヒットゾーンはボトム付近。

ほとんどが着底直後のシャクリでフッキングしました。


中層から下層にいた奴がボトムまでジグを追いかけてきて、

シャクリの間でバイトしたんでしょうね。



あまりの連発ぶりに、写真を撮る間もありません。

1匹1匹撮っている時間がないので集合写真にしました。


20170219063151d67.jpg




サイズ?


それを聞いてどうするんですか?


忙しかったんで、いちいち測ってないですよ。


まあ、しいて言えば


ジョイクロくらいですかね。




怒涛の攻撃でツ抜けた後は、穴撃ちに移動


201702190632408a0.jpg




予想通り、穴撃ちは今日も厳しかったです。


奇跡のショットを何発も繰り出したのですが、たまにショートバイトがあるくらい。

ショートバイトがあるので、少ないながらも魚はいるのでしょう。


テル船長がワームで一本引きずり出しましたが、なかなか続きがありません。

隣のYZさんもブレードをバースの奥まで送り込んでいるのですが、根掛かりが多く大苦戦。

ビーフリ、ワーム、ブレードと、ルアーローテーションを繰り返してもヒントすら掴めません。



穴撃ちに入ってから1時間以上経過。

これはもうダメだな・・・

諦めかけていたその時でした



おじさんがキャストしたブレードが、


乱立する柱の奥にある、柱と柱の間 (超)


の更に奥にある、狭い柱と柱の間を抜け (ウルトラ)


更に奥まで届いたところで (スーパー)


静かに着水しました。



超・ウルトラ・スーパー・ショットが炸裂!!





「すっげーいいとこまで行った!!」


思わず口から出るくらい、

自分でも信じられないくらいのナイスショットでした。


すると、


ガツッ!!



っしゃー! ヒットぉー


ロッドがいい具合にしなります。


弧を描くロッドを見たテル船長が

「根掛かりですか?」



あのねー

心配してくれてるのは分かるんですけどねー

おじさんだって渋い中、ヒットさせることもあるんですよ。



おじさんの気持ちを察したのか、


「俺は根や柱じゃねえっ!」


と、シーバスがジャンプしてエラ洗い!

開いた口も大きい、まあまあサイズ。

ありがとう、シーバス!



かなり奥でヒットしているので、柱に巻かれないようにゴリ巻きするしかありません。

でもジャンプしてくれたおかげで、海面から頭を出したまま一気に寄せる事が出来ました。



足元で2~3回潜られた後に無事ネットイン



11:11

201702190632284b0.jpg


56cmでしたが、今日の中では大きい方です。



ふぅっ!


なかなかいいファイトだったぜ!



大満足のおじさんは一気に戦意喪失。


この後、納竿までの約2時間、


ほとんど他のメンバーの様子を眺めながら過ごしていました、


おやつを持ってくればよかったな、と思いながら。




20170219063253cda.jpg



量より質


ジョイクロセイゴを量としてカウントするかは別として


渋い中、穴撃ちでキャッチした56cmのシーバスは、


質として認められるんじゃないかと自画自賛しています。





それにしても冒頭のYZさんとの釣果の差は何だったのか?


周りは腕の差だと思っているようですが、


おじさんは違うと思ってます。


全く同じGUN吉に見えましたが、


おじさんのGUN吉はYZさんのより 「質」 が悪かったんです



実は、


おじさんのGUN吉は


ワゴンで安売りしてたヤツだったんですよねー ww



20170219063309aff.jpg


良かった良かった

いい言い訳があってww



折れたロッドを自分で修理した の巻



20170211041629370.jpg



昨年の12月10日の事でした。


ベイトロッドの

AbuGarcia SALTY STAGE KR-X BOAT SEABASS

を不注意で破損してしまいました。

それなりに愛着があるロッドだったんで、ちょっとショックな出来事でした。


その後の釣行にも大きな影響がありました。

スピニングロッドの予備はありましたが、まともなベイトロッドは1本しか持っていなかったのです。


お金は無いから中古品でも探すか?

保証期間は切れてるけど、釣具屋に持って行って相談してみるか?

色々悩んでいた時に、ふと、このブログを思い出しました。


ソルトデイズ 「折れたロッドを修理してみた」の巻



ロッドオリダーの異名を持つテル船長。

この人がロッドを折るシーンを何回目撃したことでしょう。


そうだ、経験豊富なテル船長に直してもらおう!


最初はそう思いました。


しかし、よくよく記事を読んでみると、ロッド修理はそんなに難しい作業じゃありません。


ロッドを折るなんて今後もあることだろうし、身に着けておいても損はない技術だな、


そう考えを改めたおじさんは、ロッドを自分で修理することにしました。



この判断は良かったのか悪かったのか?


この時はもっと簡単に直せると思ったんですけどねー。





折れた箇所は2ピースロッドのつなぎ目から10cmくらいのところ


20170211045015c35.jpg




まだ完全に折れきっておらず、かろうじて繋がっています。


一見ひびが入っているだけ、の様に見えますが、ロッドを持つとグニャっと曲がってしまいます。


ロッドは虫の息状態、いつ折れてもおかしくありません。



20170211045031a78.jpg



折れたロッドの修理方法を簡単に説明すると


①折れた部分の内側に芯材を差し込んで接着剤で固定

②表面をテーピングして補強


となる訳ですが、

1つ大事なポイントがあります。


芯材の選択です。



芯材の材質はロッドと同じカーボンで問題ないのですが、2つのタイプから選択する必要があります。


1つは内部が空洞(パイプ状)になっている カーボンパイプ


もう一つは内部が詰まっている(ソリッド状) カーボンロッド


芯材の強度としては 


  カーボンロッド > カーボンパイプ


なのは当然なのですが、カーボンパイプの選択には大きなメリットがあります。

テル船長のように、使わなくなったロッドや、折れて使えないロッドを切り出して、カーボンパイプとして転用できるのです。

材料費が浮く、というメリットもありますが、丁度いい太さのものがあれば、工程を大幅に短縮する事が可能です。


しかしおじさんが選択したのはカーボンロッド。

他に折れたロッドもあったんですがね。


20170212191054249.jpg



おじさんはキャスティングが下手なので、ベイトロッドをジギングにしか使いません。

ジギングの様なバーチカル(縦)の釣りでは、ロッドに高い負荷がかかります。

強度は少しでも強い方が良いのです。


カーボンロッドを選んだおじさんの選択は間違っていなかったと思います、たぶん。



カーボンロッドを選択した後にも大事なポイントがあります。


カーボンロッドの太さ


直径何mmのカーボンロッドを購入すればいいのか?


大事なのは折れた部分の内径と、芯材のカーボンロッドの直径を合わせること。


理想は内径より接着剤が入る隙間分だけ細いカーボンロッドですが、多少太いくらいなら、ヤスリで削る事で調整できます。

細すぎると接着剤で隙間を埋めても強度が出ませんし、太すぎると削るのが大変です。


カーボンロッドの太さの選択は、強度やこの後の工程に大きく影響する、超重要ポイントなのです。



その上で問題となるのが、折れた部分の内径をどうやって正確に測定するのか?


20170211045031a78.jpg



今回は折れた部分がロッドのつなぎ目から近い、ということがラッキーでした。


20170211045015c35.jpg



上がパッド(グリップ)側で、下が折れたディップ(先端)側。


並継ぎのロッドは、パッド側の芯棒をディップ側に差し込んで固定するので、

パッド側の芯棒の直径と、ディップ側の内径がニアイコールとなります。


なのでディップ側の内径に合わせるには、パッド側の芯棒と、ほぼ同じくらいの直径のカーボンロッドを手配すれば良いことになります。


図にすると下の様になります。


2017021109431420e.png


お分かり頂けましたかね?



次に問題となるのは、パッド側の芯棒の直径を何で測るか?


直径を測るのに定規やメジャーは不向きです。


通常はノギスを使うのでしょうが、今回は1ミリ以下の単位を正確に測る必要があります。



なので買いました 「デジタルノギス」


2017021116340198a.jpg



ホームセンターで1800円くらい。

これで0.1ミリ単位の直径を測ることが出来ます。

実際にパッド側の芯棒の直径を測ってみると 「6.1mm」 でした。

これでカーボンロッドは直径6mmくらいのものを用意すれば良いことが分かりました。



ホームセンターではついでにカーボンロッドを切断する 「金のこ」 と、

2016121907143488d.jpg




カーボンロッドを削る 「ヤスリ」

20170211163416713.jpg




も購入しました。


総額は3,200円也


このあたりで「コスパ」の3文字が、おじさんの頭をよぎり始めます。




修理に必要な工具は揃ったみたいです。


次は材料の調達です。


必要なのはカーボンロッドの他に、


テーピング用のカーボンロービングと、


強力な上に、樹脂状に硬化することで小さな隙間を埋めることもできるエポキシ系接着剤




それぞれどこに売っているのか?



ネットで調べるとエボキシ系接着剤は100均で売っているとのこと。

直ぐに調達出来ました。


税込みで108円也

2016121907151533b.jpg



カーボンロッドとカーボンロービングはどこで売っているのか?


工具を購入したホームセンターには売っていませんでした。


そこで向かったのは池袋。

趣味系の素材と言えば東急ハンズやロフト、

どっちかにあるだろう、そう思いました。


休みの日に行きました。

売ってませんでした。


ネットで調べると、ラジコン等を売っている大型の模型店で扱っているとか。


山手線に乗って移動しました、秋葉原に。


大きなラジコンのお店は2軒ありました。

かなりディープな世界でした。

お客さんと店員さんの会話が全く理解出来ません。

アウェー感覚に陥りながらも、勇気を出して聞きました


「カーボンロービングはありますか?」


売っていませんでした。


ラーメン食べて帰りました。


ほぼ1日費やして成果なし。



結局カーボンロッドとカーボンロービングはアマゾンで購入。


2016121907152988d.jpg



20161219071541ad6.jpg



送料込みで3,500円


工具やその他もろもろで約7千円!!


中古のベイトロッドが余裕で買える金額です。


で、でも工具は今後も使えるし、材料もほとんど残りますからね。




工具と材料が揃いました。


いよいよロッド修理作業に入ります。


まずは芯材のカーボンロッドをどの位まで差し込むか目標設定します。


今回は折れ目より5cmくらい奥まで差し込むのを目標として、カーボンロッドにマーキングしました。

20170212201627422.jpg




マーキングした部分まで差し込めるまで、カーボンロッドをヤスリで削ります。


20161219071832e66.jpg



削っては差し込み

201612190718545a2.jpg



削っては差し込み

20161219071916efb.jpg



削っては差し込み

2016121907192864e.jpg



テレビを見ながら、ひたすら繰り返すこと1時間


2016121907194185f.jpg




やっと目標に達しました。


20161219072001bab.jpg



削った後のカーボンロッドの太さを測ってみると


5.4mmでした。


20161219072051354.jpg



0.6mm削るのに1時間!


7mmのカーボンロッドを購入していたら大変な事になってましたね。



その後、


ちょっと休んだ後に


金ノコでカーボンロッドを10cmくらいの長さに切断します。


並べるとこんな感じ


20170212204158866.jpg




次にエポキシ系接着剤の準備に入ります。


エポキシ系接着剤は、エポキシ樹脂と硬化剤が別々のチューブに入っています。

使用する際は、この二つをトレーなどの上で混ぜ合わせ、ヘラで接着面に塗り込みます。


20161219072106daf.jpg



カーボンロッドの表面に混ぜ合わせたエポキシ接着剤を塗り、

ドライバーでディップ側の奥に押し込みました。


20161219072136acb.jpg



一気の作業なのでプロセスの写真はありませんが、

中でカーボンロッドがエポキシ接着剤で固着されています。


この後はエポキシ接着剤が完全に硬化するまで放置プレーです。



約1日放置しました。



次にカーボンロービングをテーピングする様に折れた部分の表面に巻き付け、

折れた部分を外側から補強します。


テーピングと言っても、カーボンロービングはカーボン繊維で出来た単なる細い紐なので、

それ自体に接着力はありません。


2017021222381231d.jpg



エポキシ接着剤を指で塗り込みながら巻き付けることで、

カーボンロービングの繊維がエポキシ樹脂と同化し、

ロッド表面に固着する事ができるのです。


これも一気の作業なのでプロセスの写真はありません。


201612190721564e9.jpg



この後は、エポキシ接着剤とカーボンロービングが同化し、完全に固着するまで再び放置プレー。


これも1日放置しました。



表面はガチガチに固まっています。

20161223040657ecd.jpg




そしていよいよ最終工程。


固着したカーボンロービングの上を、ダメ押しのエポキシ接着剤コーティングです。


20161223040712ae8.jpg



べっとりツヤツヤになりました。


20161223040727c75.jpg




このまま再び放置プレーします。


連続して放置プレーなんて、

まるでSMの世界ですね ww


20161223040744d9b.jpg



1日後、


完全に固着しました。


20161223040758cfc.jpg



工具、材料の調達から始まって、約1週間かかりました。


あとは実釣に耐えることが出来れば完成です。



完成が確認できたのは年を越した1月28日。


40cmのフッコを釣り上げた後、80cmオーバーのサメとのファイトに耐えてくれました。


201701291346502b8.jpg



ファイト中はロッドがメチャクチャしなりました。


ポキン!って折れてしまわないかと、とても心配でしたが、


無事にキャッチした時は嬉しかったですね。



ロッドを折ってから1カ月半


思えば長い道のりでした・・・



・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・



今回のロッド修理は比較的簡単な方だったと思います。


折れた部分が継ぎ目の近くだったし、ガイドの付け直しなどもありませんでした。


誰でも出来た作業でしょう。


簡単な作業ではありましたが、おじさんには大きな自信となりました。


愛着のあるロッドを廃棄しないで済みましたしね。



今後はもっと難しいロッド修理にチャレンジしたいと思いますし、

リールの分解メンテナンス等もやってみたいと思います。



そしていつか


ルアーを自作したり、


SZKさんみたいにロッドを自作したりする日がくるんでしょうかね?


20170212231230ad2.jpg



ま、ここまではいっか ww


皆んな釣りしてるか〜い! の巻


20170211123942273.jpg




鹿児島出張からの帰り



JALの機内なう


機内WiFi無料キャンペーン中なので、ブログを書くなんていう暇つぶしが出来ます




それにしても・・・



今日は釣り日和ですね



朝一にYZさんが2kgの真鯛を上げた、との、今日のおじさんにはいらない情報提供もありました



出張さえなければ、おじさんも同船するはずだったのになあ  (T_T)



まあ乗れてたとしても、おじさんは釣れてなかったでしょうけどね ww



来週のボートゲーム頑張りますかねー





木更津上空まで来ると見慣れた景色が続くなぁ



20170211123723988.jpg



2017021112373632d.jpg



20170211123754945.jpg



20170211123912dca.jpg




ん?


20170211123927cec.jpg



こ、この航跡は!?


海釣り公園に来るわけ・・・ の巻


20170204170918211.jpg



先週のボートゲームでは、

深場のジギングは好調でしたが、浅場の穴撃ちは渋い状況でした


シーバスの多くはスポーニング中で、浅場に戻って来るのはまだまだ先

という事を裏付けていました


真冬の市原では、シーバスが釣れるとしても1本か2本

訪れるルアーマンは多くを期待していません



おじさんも今日の目的はシーバスキャッチ(だけ)ではありません


釣れない海釣り公園に訪れる理由(わけ)


それは・・・



20170204170934b76.jpg



2月4日 晴れ(小潮) 市原市海釣り施設


5時45分現着。順位は7番目くらい。


7時開場とともに桟橋へ。

今日は海側ではなく陸側にポジショニングしました。


シーバスがいるとしたら浅場。

産卵から戻ったばかりの弱っちいヤツが、

「そろそろバチでも喰うかな」

なんて感じでうろついているんじゃないか?



と読んだからです。


20170204170951122.jpg



まあ、狙いは悪くなかったと思うんですけどね。


NさんやS.Lさんがキャッチしたシーバスはいずれも陸側でした。

まだまだ個体数が少ないのでおじさんの分はありませんでしたが、

今後は期待出来るでしょう。



真面目に釣りをしていたのは1時間くらいでしたかね。

今の時期は粘ってもあまり意味がないですからね。

桟橋の半分近くが工事中で入れないのでランガンも出来ないし。


20170204171005f9c.jpg



8時くらいからはほぼダベリングタイム。


そろそろアオリイカのシーズンになるとか

大原は館山より近いとか

ブリには回虫みたいなでっかい寄生虫がいるとか



ダベリングしながらブレードでボトムを引いていたら根掛かりでロスト。

Nさんから「ちゃんとダベリングに集中しないと」と注意されてしまいましたww



2017020417102291a.jpg



10時すぎ


ほとんどの常連さんが帰った後は本日のメインイベント。


風もなく、ポカポカと暖かい桟橋でちょっと早いお昼寝です。


これがねー 超気持ちいいんですよ。

来る前から決めていました、今日は桟橋のベンチでお昼寝しようって。


10時半くらいから12時くらいまで、気持ち良ーくお昼寝しました。


ポカポカ陽気の日はお勧めですよ。


201702041710366cb.jpg




お目覚めのあとは管理棟でカレーヌードルを食べて帰りましたとさ、



おしまい


Page top