タコを喰う の巻


20160612090024408.jpeg


東京湾で獲れるタコはマダコの他、イイダコ、ヒョウモンダコなどがありますが、これはマダコで間違いないでしょう。


マダコは頭足綱八腕目無触毛亜目マダコ超科マダコ科マダコ属の軟体動物。

マダコの水揚げは少なく、需要とのバランスから近年では高級食材化しているそうです。



今回は市原市海釣り施設で釣獲した2匹を頂きます。

サイズは全長30cmと20cm。

20160612085943896.jpeg


マダコはMAXで60cmくらいに成長するそうなので、本当ならリリースサイズだったかも?



この2匹、釣り上げた直後に氷水で冷えたクーラーボックスにぶち込みました。

〆ていなかったので、下のタコは仮死状態だったみたいです。

クーラーボックスから出して暫らくすると、白っぽかった皮膚が濃い色に復活しました。


目覚めたタコ君、目が怒ってます ww

20160612085953e1a.jpeg



まず最初に頭(胴体)の中にある内蔵を抜き出します。

頭の裏側のすき間に指を入れ、頭を裏返して内臓をむき出しにし、手でむしり取ります。


結構エゲツないですよ、これは。

内臓の中には、食べられる部位もあったみたいですが、今回は全て廃棄しました。



食べられない目も切り出します。

2016061209001026a.jpeg


いや~、本当にエグい!


こういう時は何も考えずに淡々と処理するのが一番。

余計なこと考えちゃダメです。



この後、大量の塩を使って塩もみし、ヌメリを落とします。


20160612090040806.jpeg



金ザルにこすり付けながら揉むのも効果的だそうです。

20160612090055311.jpeg



5分程もみもみした後に、塩と一緒に汚れを洗い流します。

吸盤に汚れが残っていないかも要チェック。



ヌメリが取れて綺麗になったタコさん。

20160612090114646.jpeg


真ん中にあるのは肛門ではありませんww

逆ですよ、タコの口です。



食べられるそうなので、抜いてみました。

20160612090129a22.jpeg


やっぱり肛門かもしれませんねww

クチが抜けた跡はどう見ても肛門でしょうwww



沸騰したお湯に塩を一掴み入れ、5分ほど茹でます。

お湯に一気に入れるのではなく、お湯の温度が下がらないように、足から少しずつ入れるのがポイントだそうです。



茹で上がったタコを氷水で冷やして完成!

201606120901413a1.jpeg


ぶつ切りにして、わさび醤油で頂きました。


たこぶつ

20160612090157f46.jpeg


美味しいことは分かってました。

何故なら途中で何回もつまみ食いしてたんでwww


茹でたては柔らかく、素材の味だけで十分に美味しいです。

わさび醤油もマヨネーズもいりません。

周りにはイカよりタコの方が美味しいと言う人が多かったのですが、おじさんもそう思います。



振り返ってみると、超簡単な料理でしたね。


慣れたら全工程を10分くらいで出来そうです。


簡単だけど、とても美味しい。


いい食材ですね、マダコって。



コメント

  • 2016/06/15 (Wed) 12:03
    よく出来ました

    そのサイズの湯でダコで一杯1200円くらいはしましたよ。天然の地ダコですからね。

    #- | URL | 編集
  • 2016/06/15 (Wed) 21:00
    Re: よく出来ました

    Nさん

    いい値が付くんですね。

    こういうのを食べられるのも釣り人の特権ですね。

    tekito ojisan #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top