折れたロッドを自分で修理した の巻



20170211041629370.jpg



昨年の12月10日の事でした。


ベイトロッドの

AbuGarcia SALTY STAGE KR-X BOAT SEABASS

を不注意で破損してしまいました。

それなりに愛着があるロッドだったんで、ちょっとショックな出来事でした。


その後の釣行にも大きな影響がありました。

スピニングロッドの予備はありましたが、まともなベイトロッドは1本しか持っていなかったのです。


お金は無いから中古品でも探すか?

保証期間は切れてるけど、釣具屋に持って行って相談してみるか?

色々悩んでいた時に、ふと、このブログを思い出しました。


ソルトデイズ 「折れたロッドを修理してみた」の巻



ロッドオリダーの異名を持つテル船長。

この人がロッドを折るシーンを何回目撃したことでしょう。


そうだ、経験豊富なテル船長に直してもらおう!


最初はそう思いました。


しかし、よくよく記事を読んでみると、ロッド修理はそんなに難しい作業じゃありません。


ロッドを折るなんて今後もあることだろうし、身に着けておいても損はない技術だな、


そう考えを改めたおじさんは、ロッドを自分で修理することにしました。



この判断は良かったのか悪かったのか?


この時はもっと簡単に直せると思ったんですけどねー。





折れた箇所は2ピースロッドのつなぎ目から10cmくらいのところ


20170211045015c35.jpg




まだ完全に折れきっておらず、かろうじて繋がっています。


一見ひびが入っているだけ、の様に見えますが、ロッドを持つとグニャっと曲がってしまいます。


ロッドは虫の息状態、いつ折れてもおかしくありません。



20170211045031a78.jpg



折れたロッドの修理方法を簡単に説明すると


①折れた部分の内側に芯材を差し込んで接着剤で固定

②表面をテーピングして補強


となる訳ですが、

1つ大事なポイントがあります。


芯材の選択です。



芯材の材質はロッドと同じカーボンで問題ないのですが、2つのタイプから選択する必要があります。


1つは内部が空洞(パイプ状)になっている カーボンパイプ


もう一つは内部が詰まっている(ソリッド状) カーボンロッド


芯材の強度としては 


  カーボンロッド > カーボンパイプ


なのは当然なのですが、カーボンパイプの選択には大きなメリットがあります。

テル船長のように、使わなくなったロッドや、折れて使えないロッドを切り出して、カーボンパイプとして転用できるのです。

材料費が浮く、というメリットもありますが、丁度いい太さのものがあれば、工程を大幅に短縮する事が可能です。


しかしおじさんが選択したのはカーボンロッド。

他に折れたロッドもあったんですがね。


20170212191054249.jpg



おじさんはキャスティングが下手なので、ベイトロッドをジギングにしか使いません。

ジギングの様なバーチカル(縦)の釣りでは、ロッドに高い負荷がかかります。

強度は少しでも強い方が良いのです。


カーボンロッドを選んだおじさんの選択は間違っていなかったと思います、たぶん。



カーボンロッドを選択した後にも大事なポイントがあります。


カーボンロッドの太さ


直径何mmのカーボンロッドを購入すればいいのか?


大事なのは折れた部分の内径と、芯材のカーボンロッドの直径を合わせること。


理想は内径より接着剤が入る隙間分だけ細いカーボンロッドですが、多少太いくらいなら、ヤスリで削る事で調整できます。

細すぎると接着剤で隙間を埋めても強度が出ませんし、太すぎると削るのが大変です。


カーボンロッドの太さの選択は、強度やこの後の工程に大きく影響する、超重要ポイントなのです。



その上で問題となるのが、折れた部分の内径をどうやって正確に測定するのか?


20170211045031a78.jpg



今回は折れた部分がロッドのつなぎ目から近い、ということがラッキーでした。


20170211045015c35.jpg



上がパッド(グリップ)側で、下が折れたディップ(先端)側。


並継ぎのロッドは、パッド側の芯棒をディップ側に差し込んで固定するので、

パッド側の芯棒の直径と、ディップ側の内径がニアイコールとなります。


なのでディップ側の内径に合わせるには、パッド側の芯棒と、ほぼ同じくらいの直径のカーボンロッドを手配すれば良いことになります。


図にすると下の様になります。


2017021109431420e.png


お分かり頂けましたかね?



次に問題となるのは、パッド側の芯棒の直径を何で測るか?


直径を測るのに定規やメジャーは不向きです。


通常はノギスを使うのでしょうが、今回は1ミリ以下の単位を正確に測る必要があります。



なので買いました 「デジタルノギス」


2017021116340198a.jpg



ホームセンターで1800円くらい。

これで0.1ミリ単位の直径を測ることが出来ます。

実際にパッド側の芯棒の直径を測ってみると 「6.1mm」 でした。

これでカーボンロッドは直径6mmくらいのものを用意すれば良いことが分かりました。



ホームセンターではついでにカーボンロッドを切断する 「金のこ」 と、

2016121907143488d.jpg




カーボンロッドを削る 「ヤスリ」

20170211163416713.jpg




も購入しました。


総額は3,200円也


このあたりで「コスパ」の3文字が、おじさんの頭をよぎり始めます。




修理に必要な工具は揃ったみたいです。


次は材料の調達です。


必要なのはカーボンロッドの他に、


テーピング用のカーボンロービングと、


強力な上に、樹脂状に硬化することで小さな隙間を埋めることもできるエポキシ系接着剤




それぞれどこに売っているのか?



ネットで調べるとエボキシ系接着剤は100均で売っているとのこと。

直ぐに調達出来ました。


税込みで108円也

2016121907151533b.jpg



カーボンロッドとカーボンロービングはどこで売っているのか?


工具を購入したホームセンターには売っていませんでした。


そこで向かったのは池袋。

趣味系の素材と言えば東急ハンズやロフト、

どっちかにあるだろう、そう思いました。


休みの日に行きました。

売ってませんでした。


ネットで調べると、ラジコン等を売っている大型の模型店で扱っているとか。


山手線に乗って移動しました、秋葉原に。


大きなラジコンのお店は2軒ありました。

かなりディープな世界でした。

お客さんと店員さんの会話が全く理解出来ません。

アウェー感覚に陥りながらも、勇気を出して聞きました


「カーボンロービングはありますか?」


売っていませんでした。


ラーメン食べて帰りました。


ほぼ1日費やして成果なし。



結局カーボンロッドとカーボンロービングはアマゾンで購入。


2016121907152988d.jpg



20161219071541ad6.jpg



送料込みで3,500円


工具やその他もろもろで約7千円!!


中古のベイトロッドが余裕で買える金額です。


で、でも工具は今後も使えるし、材料もほとんど残りますからね。




工具と材料が揃いました。


いよいよロッド修理作業に入ります。


まずは芯材のカーボンロッドをどの位まで差し込むか目標設定します。


今回は折れ目より5cmくらい奥まで差し込むのを目標として、カーボンロッドにマーキングしました。

20170212201627422.jpg




マーキングした部分まで差し込めるまで、カーボンロッドをヤスリで削ります。


20161219071832e66.jpg



削っては差し込み

201612190718545a2.jpg



削っては差し込み

20161219071916efb.jpg



削っては差し込み

2016121907192864e.jpg



テレビを見ながら、ひたすら繰り返すこと1時間


2016121907194185f.jpg




やっと目標に達しました。


20161219072001bab.jpg



削った後のカーボンロッドの太さを測ってみると


5.4mmでした。


20161219072051354.jpg



0.6mm削るのに1時間!


7mmのカーボンロッドを購入していたら大変な事になってましたね。



その後、


ちょっと休んだ後に


金ノコでカーボンロッドを10cmくらいの長さに切断します。


並べるとこんな感じ


20170212204158866.jpg




次にエポキシ系接着剤の準備に入ります。


エポキシ系接着剤は、エポキシ樹脂と硬化剤が別々のチューブに入っています。

使用する際は、この二つをトレーなどの上で混ぜ合わせ、ヘラで接着面に塗り込みます。


20161219072106daf.jpg



カーボンロッドの表面に混ぜ合わせたエポキシ接着剤を塗り、

ドライバーでディップ側の奥に押し込みました。


20161219072136acb.jpg



一気の作業なのでプロセスの写真はありませんが、

中でカーボンロッドがエポキシ接着剤で固着されています。


この後はエポキシ接着剤が完全に硬化するまで放置プレーです。



約1日放置しました。



次にカーボンロービングをテーピングする様に折れた部分の表面に巻き付け、

折れた部分を外側から補強します。


テーピングと言っても、カーボンロービングはカーボン繊維で出来た単なる細い紐なので、

それ自体に接着力はありません。


2017021222381231d.jpg



エポキシ接着剤を指で塗り込みながら巻き付けることで、

カーボンロービングの繊維がエポキシ樹脂と同化し、

ロッド表面に固着する事ができるのです。


これも一気の作業なのでプロセスの写真はありません。


201612190721564e9.jpg



この後は、エポキシ接着剤とカーボンロービングが同化し、完全に固着するまで再び放置プレー。


これも1日放置しました。



表面はガチガチに固まっています。

20161223040657ecd.jpg




そしていよいよ最終工程。


固着したカーボンロービングの上を、ダメ押しのエポキシ接着剤コーティングです。


20161223040712ae8.jpg



べっとりツヤツヤになりました。


20161223040727c75.jpg




このまま再び放置プレーします。


連続して放置プレーなんて、

まるでSMの世界ですね ww


20161223040744d9b.jpg



1日後、


完全に固着しました。


20161223040758cfc.jpg



工具、材料の調達から始まって、約1週間かかりました。


あとは実釣に耐えることが出来れば完成です。



完成が確認できたのは年を越した1月28日。


40cmのフッコを釣り上げた後、80cmオーバーのサメとのファイトに耐えてくれました。


201701291346502b8.jpg



ファイト中はロッドがメチャクチャしなりました。


ポキン!って折れてしまわないかと、とても心配でしたが、


無事にキャッチした時は嬉しかったですね。



ロッドを折ってから1カ月半


思えば長い道のりでした・・・



・・・・・・・・・・


・・・・・・・・・・



今回のロッド修理は比較的簡単な方だったと思います。


折れた部分が継ぎ目の近くだったし、ガイドの付け直しなどもありませんでした。


誰でも出来た作業でしょう。


簡単な作業ではありましたが、おじさんには大きな自信となりました。


愛着のあるロッドを廃棄しないで済みましたしね。



今後はもっと難しいロッド修理にチャレンジしたいと思いますし、

リールの分解メンテナンス等もやってみたいと思います。



そしていつか


ルアーを自作したり、


SZKさんみたいにロッドを自作したりする日がくるんでしょうかね?


20170212231230ad2.jpg



ま、ここまではいっか ww


コメント

  • 2017/02/13 (Mon) 23:34
    おつかれさまです!

    これはきっと自分しかコメントしない気がするな(笑)

    この先何本折っても大丈夫ですね。

    SZKさんが持ってるロッドビルディング用のモーターがあれば、
    乾燥期間中もずっと回転させられるので塗料とか接着剤の厚みが均一になるんですけどね。
    ついでなのでぜひ買って時々貸してください!

    ロッドオリダー★teruki #dx4zDvNU | URL | 編集
  • 2017/02/14 (Tue) 09:50
    竿

    綺麗に修復してますね。一番は竿を折らないようにするが一番ですが(笑)
    竿作りも自分でグリップ・ガイド・カラーリングを考えて作成するので楽しいですよ🎵ただ市販品を買ったほうが安いオチもあります。次回はエギング、ライトジギングロッド作成です❗

    SZK #- | URL | 編集
  • 2017/02/14 (Tue) 12:36
    Re: おつかれさまです!

    テル船長


    やっぱ折った竿を直した自慢って言うのは本末転倒かもしれませんねww

    リール分解メンテをやってみっかな?

    tekito ojisan #- | URL | 編集
  • 2017/02/14 (Tue) 12:42
    Re: 竿

    SZKさん


    綺麗に?修復するポイントは、ちょっとピンボケ気味に写真を撮ることですww

    ヤフオクだったら写真と違う!って返品されてますよ。


    ビルディング用のモーターは私は買わないので、テル船長がまたロッドを折ったら貸してあげてください。

    そろそろやるんじゃないかな? www



    tekito ojisan #- | URL | 編集
  • 2017/02/14 (Tue) 21:01
    ビルディングモーター

    モーターは自作出来ますよ🎵自分はあぶく銭が出来たので市販品を買いました。
    他人の不幸を期待すると、自分の竿が折れるか、魚達に拒否られて悪夢の始まりがきますよ(笑)

    SZK #- | URL | 編集
  • 2017/02/14 (Tue) 22:06
    Re: ビルディングモーター

    SZKさん

    ボートゲームはトラブルが多いですからね。
    ロッドを折ったり、海に落としたり。
    エンジントラブルで漂流しかけた事もあったそうです。
    自分も海に落ちましたよ

    そんなにたくさん釣れなくてもいいです。
    皆んながトラブル無く楽しめれば。




    tekito ojisan #- | URL | 編集
  • 2017/02/17 (Fri) 18:31
    Re: 海釣り公園ニュース

    iさん


    正月にうちの娘が24歳の彼氏を家に連れてきましたよ。

    好青年でしたが、いい気分にはならなかったですね。


    2、3日ウツになりまました・・・

    tekito ojisan #- | URL | 編集
  • 2017/02/17 (Fri) 21:47
    そうですか~

    私の時は 全く浮いた話がなく
    30目前だったので 父は
    ニコニコしながら どうぞどうぞ
    持っていってください(返品不可)って
    言ってました。

    部品の寸法
    いつも 私は断面を
    スタンプ台でインクつけて
    紙に写してますけど
    アバウトすぎですかねー?

    i #- | URL | 編集
  • 2017/02/18 (Sat) 05:34
    Re: そうですか~

    iさん

    顔で笑って心で泣く
    娘の父親とはそういうものです。

    試作品だか失敗作だかよく分からないチョコでも、
    ホワイトデーには定番のマカロンをキープしつつ、
    最先端スイーツをさがしてデパ地下を彷徨う、

    娘の父親とはそういうものです。

    何の話でしたっけ?




    tekito ojisan #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top