大きくなったので小さくしました の巻


これまで使っていたダイワのクールライン。

買ったのは10年くらい前でしょうか。


DAIWA COOL LINE GX110
2017042911574666a.jpg 



当時はちょい投げやサビキ釣りがメインだったので獲物はキスやアジ、

小型のクーラーボックスがあれば充分でした。


しかしルアーフィッシングを始めてからは獲物が大きくなり、

このサイズでは厳しくなってきました。

特にこれから夏場にかけてはタチウオ、イナダ、シイラなど、

50cm以上のターゲットがメインになります。

保冷力も心配でした。



なので大き目のクーラーボックスを新調しました。


DAIWA RX SU 2600X
20170429115806bd9.jpg 



容量は26リットル。


11リットルのクールラインの倍以上です。


201704291158170ac.jpg 



幅は内寸で39cmですが、高さは30cmあります。


イナダクラスなら2、3本は入りそうです。



すべり止めの「ふんばるマン」も標準装備なので揺れるボートでも安心。


20170429115848a21.jpg 



底面の断熱材に真空パネルが使われているので保冷力も大幅アップ。

夏場のボートフィッシングで力を発揮してくれるでしょう。



しかし、いい事ばかりではありません。


おじさんがタックルバッグとしてボートに持ち込んでいるバッカンですが、


SLASH タックルホルダーバッグII
20170429115924187.jpg 



こいつも幅が40cm以上あってデカいんです。


今までこうだったのが、


2017042912003406d.jpg 



こんなになっちゃいます。


20170429115959048.jpg 



狭いボートの中に、このデカい二つを持ち込んだらかなり邪魔になるでしょう。



と言うことで、



今回はタックルバッグも新調しました。



タカ産業 スタンドバッグ STAND BAG A-0085
20170429120108e50.jpg 



幅が30cmなので10cm小さくなりました。


設置スペースは40%off


狭いのでルアーケースを2つ横並びにすることは出来ませんが、


高さが29cmもあるので必要な数は積めるでしょう。


20170429120158b15.jpg 


横のスペースはおやつかな?



クーラーボックスと並べるとこんな感じ。


20170429120218b21.jpg 



うん、これならいいんじゃないかな?



よしよし


準備はOK



あとはおっきな魚を待つだけです!



じゃない



おっきな魚を釣るだけです!!




ちなみにこれまでタックルバッグとしていたSLASHのバッカンですが、

夏場は出番がないので車の中の「釣り具収納ボックス」にしました。



そして、



それまで車内の釣り具収納ボックスとしていた


某海釣り公園の釣り大会の賞品として頂いた大型のクーラーボックスは、



引退しました。



2017042912023829f.jpg 

千円くらいで売れないかな?




コメント

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top