ナマコを喰う! の巻


マナマコ(真海鼠)は棘皮動物門ナマコ綱楯手目マナマコ科の生き物。


マナマコは生息環境によって色が変わるそうで、赤ナマコ、黒ナマコ等と呼び名が違っても同じ種類だそうです。

ちなみに棘皮動物門はナマコの他に、ウニやヒトデが属しています。分かるような分からないような。



基本的におじさんはヌルヌル、ぶにょぶにょ、グニョグニョしたものが嫌いです。


子供の頃は平気だったオタマジャクシやドジョウなんか今では触れません。


本当はアオイソメも触りたくないんです。


大きいミミズなんて絶対に無理!


食べ物ではオクラやとろろ芋、グミなんかが苦手ですね。



前回ナマコをジグでキャッチした時は、ナマコに触れないようにプライヤーでジグを逆さにしてフックを外しました。



201705041806023e1.jpg 




そんなぐにょぐにょ嫌いのおじさんが、何故ナマコを持ち帰ったのか?


理由は「あるブログ」を読んでしまったからです。






このブログ、凄いんです。


おじさんがこのブログの存在を知ったのは、




という記事に偶然出会ったからでした。


世の中には凄い人がいるなぁ、と思って記事を読んでみると、以外としっかりとした内容でとても感心させられました。


面白いブログだと思い、改めてブログ内を回遊して他の記事を読んでみたのですが・・・



凄すぎでした・・・


アニサキスなんて可愛い方でした。



著者の茸本さんが食べたのは



・ミシシッピアカミミカメ(ミドリガメ)

・ワニガメ

・ウシガエルのオタマジャクシ

・エイのレバー


これくらいまでは何とか理解出来るのですが



・鹿のキン○マと棒

・ヒトデ

・クリオネ

・ヤマビル

・アオイソメ


ここまでくると付いて行くのが厳しくなり、



・ミミズのハンバーグ


の記事ではぶっ飛んでしまいました。


しかも食べた結果が、ミミズ臭くて不味かったとか・・・。



興味ある方は読んでみて下さい。

基本的にまじめなブログですので勉強になりますよ。




話が凄う方向にそれてしまいました。


おじさんは「野食ハンマープライス」を読んで考えが変わりました。


世の中、こんな凄いものを食べている人がいるのに、


大の男がナマコなんかでビビってどうする!


ナマコなんてクックパッドに調理法が乗っているくらい当たり前の食材だぞ!


よーし! 次に釣れたら絶対に食べてやる!



そう思っていたら・・・


すぐに釣れちゃいました。



20170528104021b6f.jpg 



い、いきなり・・ 


次は食べるって言っても心の準備っちゅうものが・・・


なんて最初はちょっと焦りましたがww


針掛かりしたナマコを今度はちゃんと手で外しましたよ。




直接触ると想像していたよりぶにゅぶにゅしていませんでした。

ヌルヌルはしていましたが。



まな板のマナマコです。早口言葉みたいですねww



2017052810404506b.jpg 





裏側です。


20170528104056edb.jpg 



ライティングしてないので黒くてよくわかりませんね。

お腹の方は平べったいんですよ。



口と肛門の部分を切り離します。

どっちがどっちだか分かりませんが。

ナマコは筒状になっているので、内臓を押し出し易いようにするためなんでしょうね。



201705281041090b9.jpg 



茶色い汁がジワーっと。




本体をギュッと握り、内臓を押し出します。



201705281041373ab.jpg 



このあたりまでくると、もう気持ち悪さとかはないですね。

ぶにゅーって押し出すのを楽しんじゃってますww



内臓が出ました。


201705281041480ac.jpg 



内臓といってもほとんどが腸などの消化器官のようです。

心臓や肝臓のようなものは見当たりません。


ナマコの腸は塩辛にすると(このわた)とても美味しいそうですが、今回は量が少ないので断念しました。




キッチンバサミで腹の部分を切り裂きます。



20170528104201419.jpg 




口と肛門部分のそばにブツブツがあったので包丁でそぎ落としました。



20170528104212491.jpg 




塩をまぶした後、もみ洗いして汚れとヌメリを取り除きます。



2017052810422586c.jpg 




しかしヌメリはなかなか取れてくれません。



2017052810424733c.jpg 



ま、いっか、汚れてなければ。

生臭くもないし。



ひと口サイズに切り分けます。

幅は1cmくらいでしたかね。



201705281042578d8.jpg 




器に入れて1時間ほど冷蔵庫で冷やしておきました。



2017052810430867c.jpg 





1時間後。


食卓の上でポン酢をかけ、「なまこポン酢」の完成です。



20170528104326c7e.jpg 




かみさんから「早く食べてみて!」と毒見役をせかされます。


「お、おう!」


もっとよく洗っておけばよかったかな?と後悔しつつ、ひとくち目。




コリッコリッ!


食感はいいですね。


舌触りも良し。


身に染み付いた塩味と、ポン酢の甘味が良くマッチしています。


これはいんでいないかい?


採点は


★★★★


くらいかな。


ご飯のおかずよりお酒のおつまみに向いてますな。


これは一人で全部食べちゃいけないな、と思い、


3,4口程食べた後は残して置いたのですが、


1時間位してから食べてみたら身の塩味がきつくなっていました。


何故なんでしょうね?


時間の経過とともにナマコの内部成分とポン酢が化学反応したのかな?


それとも部位によって塩の染み込み具合が違うのかな?



まあ、それはそれとして、基本的にナマコが美味しいことは良く分かりました。


調理も簡単ですしね。



間違いなく



ミミズハンバーグより美味しいと思いますよww



20170528104236ed0.jpg 

コメント

  • 2017/05/31 (Wed) 20:56
    度胸ありますね( ^ω^ )

    さすがです。

    N #- | URL | 編集
  • 2017/06/01 (Thu) 08:51
    富津港で

    地元のお爺さんが ナマコ専門で
    狙ってました。(ルアーで引っかけてましたよ)
    いる?って差し出されましたけど・・・
    お店でも食べたことないしな・・・
    高級品らしいって言われてもな・・・

    むかーし(小学生くらいの時かな)
    某ハンバーガーチェーンのパテは
    食用ミミズって噂がありましたね~
    知ってますか?



    i #- | URL | 編集
  • 2017/06/01 (Thu) 18:10
    Re: 度胸ありますね( ^ω^ )

    Nさん


    クックパッドにレシピがたくさん載ってますよ。
    主婦が調理してるって事です。

    一回ギュッと握ればなれますよ。
    タコなんかよりぜんぜんキモくないです。

    tekito ojisan #- | URL | 編集
  • 2017/06/01 (Thu) 18:16
    Re: 富津港で

    iさん

    野食ハンマーの記事を読むと某ファーストフードの件を意識しているのが分かります。

    そんなことがあったんですね。おじさんが生まれる前の話みたいで知りませんでした。

    tekito ojisan #- | URL | 編集
  • 2017/06/03 (Sat) 21:48
    次回からは

    富津でエギングしてるとよくナマコ釣れるんです。次回からは大切にキープしてお渡しします(笑)

    SZK #- | URL | 編集
  • 2017/06/05 (Mon) 07:26
    Re: 次回からは

    SZKさん

    SZKさんもナマコが苦手なタイプみたいですね。

    最初だけですよ、キモいのは。慣れれば可愛いもんです。

    でも大漁だったら遠慮なく頂きます(^^)

    tekito ojisan #- | URL | 編集

コメントの投稿


 管理者にだけ表示を許可する

Page top