ナマコを喰う! の巻


マナマコ(真海鼠)は棘皮動物門ナマコ綱楯手目マナマコ科の生き物。


マナマコは生息環境によって色が変わるそうで、赤ナマコ、黒ナマコ等と呼び名が違っても同じ種類だそうです。

ちなみに棘皮動物門はナマコの他に、ウニやヒトデが属しています。分かるような分からないような。



基本的におじさんはヌルヌル、ぶにょぶにょ、グニョグニョしたものが嫌いです。


子供の頃は平気だったオタマジャクシやドジョウなんか今では触れません。


本当はアオイソメも触りたくないんです。


大きいミミズなんて絶対に無理!


食べ物ではオクラやとろろ芋、グミなんかが苦手ですね。



前回ナマコをジグでキャッチした時は、ナマコに触れないようにプライヤーでジグを逆さにしてフックを外しました。



201705041806023e1.jpg 




そんなぐにょぐにょ嫌いのおじさんが、何故ナマコを持ち帰ったのか?


理由は「あるブログ」を読んでしまったからです。






このブログ、凄いんです。


おじさんがこのブログの存在を知ったのは、




という記事に偶然出会ったからでした。


世の中には凄い人がいるなぁ、と思って記事を読んでみると、以外としっかりとした内容でとても感心させられました。


面白いブログだと思い、改めてブログ内を回遊して他の記事を読んでみたのですが・・・



凄すぎでした・・・


アニサキスなんて可愛い方でした。



著者の茸本さんが食べたのは



・ミシシッピアカミミカメ(ミドリガメ)

・ワニガメ

・ウシガエルのオタマジャクシ

・エイのレバー


これくらいまでは何とか理解出来るのですが



・鹿のキン○マと棒

・ヒトデ

・クリオネ

・ヤマビル

・アオイソメ


ここまでくると付いて行くのが厳しくなり、



・ミミズのハンバーグ


の記事ではぶっ飛んでしまいました。


しかも食べた結果が、ミミズ臭くて不味かったとか・・・。



興味ある方は読んでみて下さい。

基本的にまじめなブログですので勉強になりますよ。




話が凄う方向にそれてしまいました。


おじさんは「野食ハンマープライス」を読んで考えが変わりました。


世の中、こんな凄いものを食べている人がいるのに、


大の男がナマコなんかでビビってどうする!


ナマコなんてクックパッドに調理法が乗っているくらい当たり前の食材だぞ!


よーし! 次に釣れたら絶対に食べてやる!



そう思っていたら・・・


すぐに釣れちゃいました。



20170528104021b6f.jpg 



い、いきなり・・ 


次は食べるって言っても心の準備っちゅうものが・・・


なんて最初はちょっと焦りましたがww


針掛かりしたナマコを今度はちゃんと手で外しましたよ。




直接触ると想像していたよりぶにゅぶにゅしていませんでした。

ヌルヌルはしていましたが。



まな板のマナマコです。早口言葉みたいですねww



2017052810404506b.jpg 





裏側です。


20170528104056edb.jpg 



ライティングしてないので黒くてよくわかりませんね。

お腹の方は平べったいんですよ。



口と肛門の部分を切り離します。

どっちがどっちだか分かりませんが。

ナマコは筒状になっているので、内臓を押し出し易いようにするためなんでしょうね。



201705281041090b9.jpg 



茶色い汁がジワーっと。




本体をギュッと握り、内臓を押し出します。



201705281041373ab.jpg 



このあたりまでくると、もう気持ち悪さとかはないですね。

ぶにゅーって押し出すのを楽しんじゃってますww



内臓が出ました。


201705281041480ac.jpg 



内臓といってもほとんどが腸などの消化器官のようです。

心臓や肝臓のようなものは見当たりません。


ナマコの腸は塩辛にすると(このわた)とても美味しいそうですが、今回は量が少ないので断念しました。




キッチンバサミで腹の部分を切り裂きます。



20170528104201419.jpg 




口と肛門部分のそばにブツブツがあったので包丁でそぎ落としました。



20170528104212491.jpg 




塩をまぶした後、もみ洗いして汚れとヌメリを取り除きます。



2017052810422586c.jpg 




しかしヌメリはなかなか取れてくれません。



2017052810424733c.jpg 



ま、いっか、汚れてなければ。

生臭くもないし。



ひと口サイズに切り分けます。

幅は1cmくらいでしたかね。



201705281042578d8.jpg 




器に入れて1時間ほど冷蔵庫で冷やしておきました。



2017052810430867c.jpg 





1時間後。


食卓の上でポン酢をかけ、「なまこポン酢」の完成です。



20170528104326c7e.jpg 




かみさんから「早く食べてみて!」と毒見役をせかされます。


「お、おう!」


もっとよく洗っておけばよかったかな?と後悔しつつ、ひとくち目。




コリッコリッ!


食感はいいですね。


舌触りも良し。


身に染み付いた塩味と、ポン酢の甘味が良くマッチしています。


これはいんでいないかい?


採点は


★★★★


くらいかな。


ご飯のおかずよりお酒のおつまみに向いてますな。


これは一人で全部食べちゃいけないな、と思い、


3,4口程食べた後は残して置いたのですが、


1時間位してから食べてみたら身の塩味がきつくなっていました。


何故なんでしょうね?


時間の経過とともにナマコの内部成分とポン酢が化学反応したのかな?


それとも部位によって塩の染み込み具合が違うのかな?



まあ、それはそれとして、基本的にナマコが美味しいことは良く分かりました。


調理も簡単ですしね。



間違いなく



ミミズハンバーグより美味しいと思いますよww



20170528104236ed0.jpg 

久々に穴撃ちを堪能! の巻



今日の同行メンバーはテル船長とSさん


Sさんはテル船長のご近所さんで完全な陸っぱりアングラー


ボートどころか船での釣りも初めてだそうです


ちょっと、というか、かなり不安そう


初めての釣りに対する期待感より


不安や恐れ、といったものが表情に出てしまっているような


もしかしたら、テル船長とご近所ですれ違いざまに


「こんにちは いい天気ですね~」


「ほんと、釣り日和ですね~」


「釣りいいですね、今度いっしょに行きましょう。それじゃ・・


「本気ですかっ!それって社交辞令じゃないですよねっ!?」


「い、いや・・ 社交辞令なんてことは・・・」


それじゃあ今度の週末に一緒に行きましょう! 

約束ですよっ!


「は、はあ・・・」


なーんて会話があったんじゃないかと心配になりました ww


でも


せっかく来てくれたんで


少しでも楽しんでもらって


「木更津ボート教」に入信してもらわないとね



2017052810375043d.jpg 



5月27日 晴れ(大潮) 木更津ボートゲーム


潮位の関係で6時出港15時帰港予定。

釣行プランはアクアラインでジギング、そして穴撃ち。

でも最近はシーバスの釣果がイマイチ。

ということで保険にシロギス釣りもプランに加えました。

Sさんをボウズで返す訳にはいきません!



予定よりやや早めに出港。

南風はやや強め、そして午後には更に強くなる予報です。


201705281038089d2.jpg 




アクアラインの下には先行のボートが2隻。


何らかの反応があるのでしょう、鳥山はいませんでしたが。



20170528103824537.jpg 



大潮で流れが早いので、ちょっと重めの50gのGUN吉からスタート。

しかしジギングでの誘いには反応しません。

25gのスピンシャイナーに変更するものの、流されてばかり。


幸いにもシーバスの活性は悪くないようで、小さいながらもテル船長が次々とキャッチしていきます。


流石はジョイクロハンター! 


このサイズのシーバスを釣らせたら、テル船長の右に出る者はいないでしょう。

一生懸命Sさんに釣り方を伝授していました。


試行錯誤の結果、おじさんもジグパラブレードの35gで何とか1本目をキャッチ。


7:12


2017052810383861b.jpg 



ジグパラのサイズが10cmですからシーバスのサイズは・・・


1時間半くらい粘って釣れたのはこの1本だけ。

バラシは2、3本くらいでしたかね。

Sさんはバラシのみでした。



7:47

穴釣りポイントに向けて出発。アクアラインを離れます。


2017052810385138c.jpg 




30分後、穴撃ちポイントに到着。



最初は苦労しました。


シーバスのチェイスはあるのですがバイトしてきません。

いるのに釣れないヤバいパターンです。



しかし、何かでスイッチが入ったのでしょう、徐々に口を使うようになってきました。

何回かバラシた後に


9:30


2017052810390337d.jpg 



サイズは50cmくらい。

やっとまともなシーバスが釣れました。



その後もポイントを変えながら穴撃ちを続けます。


入れ食いポイントもありました。



20170528103916a54.jpg 



ストラクチャーの奥までミノーが届けば高確率でヒットします。


「Sさん! この柱と柱の間がチャンスですよーっ!!」


「よし!ナイスキャッチ!!」


なーんてことをテル船長と言いながら、みんなで楽しんでました。

いや、煩くてSさんにはかえって迷惑だったかな? ww



全体的に「奇跡のショット」までいかなくても、ナイスショットくらいでヒットするポイントが多かったですかね。

アホみたいに釣れるより、こんな「ちょっと難しい」くらいの釣れ方のほうがおじさんは楽しいです。



11:32


20170528103931ddd.jpg 



結局穴撃ちでは6本キャッチ。バラシも同じくらい。

今のシーズン、おじさんにとっては上出来の釣果です。

久々に楽しめましたね。

Sさんも4,5本キャッチしてました。



12時ごろに穴撃ち終了。

木更津港沖に戻ります。


南風はかなり強くなってきました。

逆風になるのでボートの進みが遅い上、波を被りまくりました。



20170528103944a36.jpg 



強い風の影響でボートが流されまくったからか、キス釣りはイマイチ。


おじさんがキャッチできたのは2本のみ。

20cmくらいの良型で良く引いてはくれましたが・・・



20170528104010de1.jpg 
※キスはSさんにプレゼントしました。



アタリがなく苦労したキス釣り。


ハゼやイシモチなどの外道も掛かりません。


それどころか、


重いっ、なにか掛かったな、と思ったら


外道中の外道のコヤツが



20170528104021b6f.jpg 



貴様~


一度ならず二度までも、おじさんの前に姿を現しやがって


今度は許さんっ!


覚悟しろよっ!




14:50に納竿。帰途に着きます。


201705281040342e9.jpg 




帰りながらSさんに穴撃ちの印象を聞きました。


デーゲームでもストラクチャーをタイトに攻めればヒットする


そこがとても楽しかった、とおっしゃっていました


ライントラブルが多く、苦しまれていたので、


そう言って頂いて救われた気分になりました


社交辞令じゃないと思います www



と言うことで


木更津ボート教信者を

 一人ゲットしたぜいっ!!




お前は首を洗って待ってろよ。

20170528104021b6f.jpg 

首なんてないか ww


あくまで本命だあーっ!! の巻


本命以外のお魚が爆釣している時


あなたならどうしますか?


もちろんクサフグやエソなどの外道なら即移動でしょう


でも、


青物狙いの時のサバ


とか、


大物狙いの時の小物


とかの場合だったらどうします?


やっぱ移動しますよねぇ?


本命を釣りたいですもんねぇ?


うんうん、そうでしょうそうでしょう!


安心しました


おじさんたちは間違ってなかった!



2017052206513571c.jpg 



5月20日 晴れ(長潮) 木更津ボートゲーム


5時出港14時帰港予定。

メンバーはテル船長にYZさん、Nさん。


「チームヒフティ」の再結成です。


20170522065207289.jpg 



釣行プランとしては


第二海堡辺りまで南下し、


浅場で釣れ出し始めたタチウオ


その後はタイラバ


最後にのっこみシーズンに入ったマゴチを狙う、


と言う


 「かあちゃん待ってろよー!

    お土産たくさん釣って帰るからなー!」


バラ色五目釣り計画でした。



狭い船内はクーラーボックスでいっぱい!

20170522065336f50.jpg 
※手前のデカイのがおじさんので、奥がYZさんのww




不安要素としては長潮で潮の流れが悪いのと、晴天で気温が上がること。


なので目的地の第二海堡に行く前に、いつもの駆け上がり海域で魚の反応を見ることにしました。



5:14

20170522065235f3c.jpg 



残念ながら鳥山はいません、魚探の反応もイマイチ。


とりあえずビックバッカー80からサーベイ開始。


すると1投目からシーバスのバイトが!

でも上手く乗りません。


2投目か3投目でやっとフッキングし、何とか1本目をキャッチ。


5:20

2017052206525407f.jpg 



ほぼワンキャストワンヒット状態!

シーバスの活性は高いみたいです。

エビったビックバッカーにすらバイトしてきます。


これなら何でもありだろう、ということで色んなルアーを投げてみました。

表層狙いのミノー系はダメでしたが、

ヘルティック、スライトエッジ、レンジバイブなどを少し潜らせて巻いてみると高確率でバイトがありました。


ここしばらく魚の引きから遠ざかっていたおじさんにとってはパラダイス!

1時間くらいの間に7本のシーバスをキャッチしました。



しかし船内には「こんなところでいつまでも遊んでても」という雰囲気が漂い始めます。


何故なら釣れたのは全部ジョイクロセイゴだったので。

ワンキャストワンヒットの割にツ抜けしなかったのは、小さすぎてヒットしてもすぐにバレるから。


移動はしょうがないですね。




6:43

第二海堡到着

201705220653510e6.jpg 



魚探にタチウオの反応ありっ!!


よしっ!早速50gのジグを落とし、1ピッチでシャクリます。


すると数投目で



グイッ!



っしゃーっ!


グイグイと強く引きながら横に走るタチウオ!


???


横に??



・・・サバでしたね。


でもサイズは40cmオーバー、良型です。

※サバは船上で暴れて周りを血だらけにしてしまうので、写真を撮ってる余裕はありません。


こんなのがいい感じでヒットしてくれます。

2、3本バラシましたが、おじさんは2本キャッチ。

引きを楽しめるし、いい感じだったんですけどね。


しかし船内にはまた「サバで遊んでてもしょうがないでしょ」的な雰囲気が漂い始めます。


やっぱそうだよね、タチウオが釣れないんじゃ移動だよね。

ということで第二本命のタイラバへエリア移動。




7:23

20170522065411234.jpg 




ダメでしたね。

外道のホウボウも来ないどころか全員ノーバイト。

写真を見て下さい、ベタ凪でしょ。



やっぱタイラバは厳しいかぁ

そんじゃ、もう一回タチウオ狙いで観音崎沖まで行くか!




8:29

観音崎沖着

20170522065429547.jpg 




水深は?


魚探が壊れて不明!!!


80mくらいかな?


でも100gのジグがなかなか底を取れない!


不安いっぱいの中での釣りは長続きしません。



20170522065441696.jpg 
※手漕ぎボートでのんびり釣りもいいですね。



やっぱタチウオはまだ無理かぁ


ここは本日の大本命「マゴチ」に行くっきゃないな!


東京湾を横断し再び千葉県側へ




9:21

そこにはもの凄い数のカタクチイワシの群れが!

20170522065459c3a.jpg 



これは期待できそうです。


・・・・


・・・・


よしっ! マゴチヒットぉーっ!!


・・・・


・・・Nさんがヒットさせたのは良型の「エソ」でした。


いや~、茶色かったからさー


・・・・


・・・・



っしゃー! おじさんにもヒットぉー!!


でも引き方が・・・


いつもの・・・


・・・・


・・・・



ごめんなさい、シーバスでした・・・


9:41

201705220655129c8.jpg 
でも48cmだよ、ジョイクロぢゃないよ!



だめだこりゃ


マゴチいない・・・


と言うことで


第一海堡付近の浅瀬へ移動



10:35

20170522065558b30.jpg 




しかしマゴチはいません。



東京湾をさ迷うボート


船上は徐々に「何でもいいから魚を釣りたい!」の雰囲気が漂い始めます。




2017052206554702f.jpg 




第二海堡でもう一回サバで遊ばしてもらおうかね


 ⇒ もうサバ達はいませんでした・・・




駆け上がりでジョイクロに癒してもらおう!


 ⇒ もうジョイクロ達はいませんでした・・・




も、もう、木更津に戻って穴撃ちしかない・・・



最近は渋い状況が続いている木更津港へ移動



20170522065612b8b.jpg 



どうせダメだろうなぁと、ダイソージグを適当にバースの奥に放り込んでいると



ぐいっ!



っし、しゃー!



でもなんか変・・・



と思ったら



ジグがチヌの背びれにスレ掛かってましたww



12:38

20170522065625ea9.jpg 




サイズは30cmないくらい。


人生初チヌがこんなダイソージグのスレ掛かりとは・・・


でもちょっと嬉しかったかな ww




13:16

気力が続かず撤収とあいなりました。



20170522065643457.jpg 




結果的に6時台のサバの爆釣以降は厳しい釣りでした


本命のタチウオや真鯛、マゴチにはかすりもしませんでした


移動を繰り返しながらも釣果につなげることは出来ませんでした


本命が1本でも釣れてれば、っていうのもあります



でもね


おじさんは楽しかったですよ


ジョイクロとサバが釣れたんだもの



ということで



次こそ!



タチウオと真鯛とマゴチをゲットだぜいっ!!




こんな感じでキス釣りもマッタリしてていいですけどね ww

20170522065441696.jpg 

GW明けても完敗! の巻


※この記事も「しょーもなっ記事」なのでプロローグ、エピローグはありません。


20170514184633d31.jpg 



5月14日 曇り時々晴れ(中潮) 市原市海釣り施設


4時現着。順位は15番。

今日も整理券の配布はありませんでした。

あれはいったい何だったのか?

おそらく二度と見られないであろう整理券

捨てないでとっておけばよかったなww



201705141847099b8.jpg 



開場とともにTKKラインに入ります。


ヘルティックを数投して上層の反応がないことを確認した後はブレードにチェンジ、中層~下層を探ります。


なぜ上層を早々に切り上げたかと言うと、海水の濁りがきつかったから。


201705141848015c3.jpg



前日の大雨の影響で、近接する養老川から大量の濁り水が流れ込み、市原市沿岸を茶色く変色させていたのです。



2017051418472526a.jpg 



濁っているのは上層、下層は濁りが少ないと考えて、重さのあるブレードでボトム付近を攻めることにしました。


しかし北風がやや強い上に北から南への潮の流れが速く、ブレードが着低するまでに10mくらい南に流されてしまいます。


ブレードをTKKラインに流すためは、ラインよりかなり北側へキャストする必要があります。


ブレードが大きく流される上に着低も分かりづらい。


なのでルアーをパイロットのスピンシャイナー25gから湾ベイト29gへチェンジ。


根掛かりに注意しながらボトム付近を丹念に攻めまくります・・・

・・・・・

・・・・・

・・・・・


という様な、まともなルアーマンっぽいことをやっていたのは開場から30分くらい。

あまりの反応の無さにすぐに飽きてしまいました。

後はお決まりのダベリングタイム。



20170514184736c75.jpg 



YZさんが100均でルアーストッパーに続くNewアイテムを発見した話


常連ヘチ釣り師さんが持っていた竹製タモ網が渋くてカッコよかった話


ターキーがヘチ釣りタックルを揃えたのに殆ど使っていない話


大原で奮闘中のNさんの出撃後の音沙汰がない話


大原用タックルと200gのジグ大量買い付けの話


館山のアオリイカやシイラの話


シイラ用のルアーはヘルティックでもいけるんじゃないか話


これ以上、釣り物を増やしたら、お金がいくらあっても足りない話


etc・・・



今日の釣りとは全く関係のない話ばかりw


5分釣りしたら20分ダベる、を繰り返しww


途中からスタッフさんも入ってきたりしてwww



20170514184751117.jpg 



こんな堕落した釣り人達を、海釣り公園はけっして許してくれません。


お前らに食わせるメシはねえっ! 


じゃない、


お前らに釣らせる魚はねえっ!


と怒ってしまったのでしょう。


この後12時納竿までの間、おじさんはバラシが一回あっただけで、ノーキャッチでした。



ウェーディングもダメだったろうなぁ

20170514184813beb.jpg 
※10人くらいいましたかね。



海釣り公園のすぐそばで操業していた漁師さんも厳しかったでしょうね。


201705141848220fe.jpg 
※いつもいつも御苦労様です。他に行った方がいいですよ。



ちゅうことで



GWに引き続き



相変わらず渋い釣行となりましたとさ



この状況を打開する方法は!





わかりませんっ!



おしまい



20170514184650e5c.jpg 

切ない・・・ の巻


20170512172746034.jpg 



村上春樹の短編集



【女のいない男たち】



福岡出張の飛行機の中で読み終わりました



題名通り、女性に去られてしまった男たちの物語なのですが



おじさんが特にぐっときたのは


「イエスタデイ」


という短編小説でした



幼なじみで可愛くて相思相愛だった女の子を


うまく愛すことが出来ない関西弁の不器用な男


そうこうしている内に女の子は・・・



切ないというか


身につまされるというか


この気持ち


女の人には分からないだろうなあ


男はね、不器用なんですよ、女と違って




この切なさを、あえて表現するとしたら



【釣りができない男たち】



明日は雨で釣りにいけないんだよなぁ


うっかりしゃがんだ時に


レインウェアのズボンの股が裂けちゃったんですよね



切ないなあ~ (T_T)



新しいウェアを新調しました

最近出費がかさむなぁ


Page top